角部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
見部 角部 言部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

角部(かくぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では148番目に置かれる(7画の2番目、酉集の2番目)。

Corne à boire 3.jpg

「角」字は獣の頭に生える硬質の突起であるを意味する。その他、名詞としては角の酒杯、軍隊の角笛、物体の二辺が接する場所、二十八宿の一つである角宿五声の一つといった意味を表す。また動詞としては競う、競べるといった意味があり、日本の「すもう」の当て字ともなっている「角力」は力を競うという意味である。

偏旁の意符としては角や酒杯に関することを示す。

角部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

字体のデザイン差[編集]

中国の新字形においては真ん中の縦画が横画を貫く「用」形を採用しており、「」となる。なお、伝統的な楷書では、縦画が貫くこちらの字形の方が一般的である。

康熙字典
日本・台湾・韓国
新字形
中華人民共和国

部首の通称[編集]

  • 日本:つの・つのへん
  • 韓国:뿔각부(ppul gak bu、つのの角部)
  • 英米:Radical horn

部首字[編集]

例字[編集]

    • 5:觚・觝、6:解・觜、11:觴、13:觸(触6)、15: