儿部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
人部 儿部 入部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

儿部(じんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では10番目に置かれる(2画の4番目)。

「儿」は『説文解字』によると「人」の古文奇字であり、その屈曲した姿は人の下にある仁愛の人を象るという。また『通志』六書略では「人」はヒトの立っている姿、「儿」はヒトの歩いている姿に象るという。偏旁では「人」同様、人間に関わることを表す。また儿部はこれらの字形を筆画の一部としてもつ漢字も分類している。

なお儿部には「兒」(ér 日本の新字では「児」)があるが、その簡化字には「儿」字が当てられている。

Radical legs.png


部首の通称[編集]

  • 日本:にんにょう、ひとあし
  • 中国:兒字底
  • 韓国:어진사람인발부(eojin saram in bal bu、愛あるヒトの儿が脚の部)
  • 英米:Radical Legs

部首字[編集]

儿 - 「人」字に同じ。その古文とされる。

例字[編集]