火部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
康熙字典 214 部首
水部 火部 爪部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

火部(かぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では86番目に置かれる(4画の26番目、巳集の2番目)。

Et baal.jpg

火の字はの燃えあがる様子に象る。『説文解字』では五行説南方を司る元素とする。偏旁の意符としては火に関する事物、動作、性質などを示す。にあるときは、「」の形に変わる。

火部は上記のような意符を構成要素にもつ漢字を収め、また「無」」「營」といった火と関わらず、その字形を筆画の一部にもつ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:ひ・ひへん・れんが・れっか
  • 中国:火字旁
  • 韓国:불화부(bul hwa bu、ほのおの火部)
  • 英米:Radical fire

部首字[編集]

例字[編集]

  • 2:)・灼・・災、4:・炒・炊・炙、5:炯・炸・)、6:烈、7:烽、8:焙・(焔7:拡張新字体)・焚、9:8:拡張新字体)・・煤・煩、10:9)、11:熨、12:燒(焼8)・燈(2)・燃、13:燥・營(営→口部9)、15:爆、16:爐(炉4)、17:爛、25:爨

  • 6:烈・蒸・、7:焉・烹、8:・然・焦、9:煎・(煮)・照、10:・熏、11:・熟・熙・、12:・24:𤓬

常用漢字

最大画数[編集]

29:𤓮