鼓部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
鼎部 鼓部 鼠部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

鼓部(こぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では207番目に置かれる(13画の3番目、亥集の21番目)。

P1080684.JPG

」字は皮革で外郭を覆った打楽器の一種を意味する。また動詞として鼓を打つこと、ひいては広く打楽器を打つことを意味した。古代中国の都市では鐘と鼓によって人々に時刻を知らせており、明清時代、「晨鐘暮鼓」といい、城池の東に鐘楼、西に鼓楼を設け、毎日、寅時と戌時に鐘を鳴らし、戌時から2時間ごとに鼓を打った。このため「一鼓・二鼓…」というように「鼓」時で夜の時間を表した。その他、振動させること、奮い立たせること、突出するさまなどを意味する。

その字形は鼓の形に象った左部(上部の飾り、下部の鼓本体とそれを支えるスタンドから成る)に手に棒を持って鼓を打つ形を表す「支」からなる。このためおそらく本義は鼓を打つという動詞であり、後に鼓自体を表す名詞となったものと考えられる。

偏旁の意符としては鼓に関することを示す。

鼓部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

字体のデザイン差[編集]

香港の常用字字形表においては他地域で「士」となっている部分を「土」とする。

部首の通称[編集]

  • 日本:つづみ
  • 韓国:북고부(buk go bu、太鼓の鼓部)
  • 英米:Radical drum

部首字[編集]

例字[編集]