八部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
康熙字典 214 部首
入部 八部 冂部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17
「八」の一般的な書き順

八部(はちぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では12番目に置かれる(2画の6番目)。

「八」は人が別れて背き合う姿に象るといわれ、「分かれる」の意味を表す。数字の8の意味は後に仮借によって生じた。偏旁として使われるとき多くの位置に置かれる。その場合、「兼」のように上が広く下が狭い形に変化することもある。

八部は「八」を構成要素とする漢字を収めるとともに、「八」の字形を筆画としてもつ漢字も収める。そのうちで多いものに「共」や「兵」のようにの位置で「一」の筆画の下に「八」があるものがあるが、これは「」(キョウ)の変形であり、「両手でささげる」意味を表す。

書体によっては右側の払いの上部に横棒(屋根または筆押さえとも呼ばれる)が付くことがある。これは通常デザイン差とされるが、辞書によってはこれがあるものが旧字体、無いものが新字体としているものもある。

数字では二以外の四、六、八の偶数で使われており、2等分できる数字として使われている。

部首の通称[編集]

  • 日本:はち、はちがしら
  • 中国:八字頭八字底
  • 韓国:여덟팔부(yeodeol pal bu、やっつの八部)
  • 英米:Radical Eight

部首字[編集]

例字[編集]

最大画数[編集]

𠔻