丶部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字ハングルおよびCJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
康熙字典 214 部首
丶部 丿部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

丶部(ちゅぶ)は、漢字部首によって分類したグループの一つ。康熙字典214部首では3番目に置かれる(1画3番目)。

「丶」は文章の区切りにおいて止まることを示す記号(指事)または灯火の意(象形で主の原型に当たる)とされるが、丶部は「丶」を筆画としてもつ漢字を分類するために設けられている。「丶」の筆画の「点」(テン)であり、永字八法の「側」である。

「ヽ」は数量が多く付加されている物によく使われる。(「太」「丸」「主」など)

部首の通称[編集]

  • 日本:てん
  • 中国:点 (diǎn)
  • 韓国:점주부 (点の丶部)
  • 英米:Radical Dot

部首字[編集]

例字[編集]

𠁼・主・之・𠂂𠂄𠂅