行部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
血部 行部 衣部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

行部(こうぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では144番目に置かれる(6画の27番目、申集の5番目)。

Minikreisverkehr.jpg

「行」字は複数の字音をもつ、いわゆる多音字であり、『康熙字典』など伝統的な字書では「道を歩く・行く」の意味を最初に掲載している。しかしながら、甲骨文字など古文字を見ると、「行」字は十字路の形に象っており、「道路」の意味が本義で「歩く・行く」の意味は引伸義と考えられる。その他、「ゆく」系統の字義では、おこなう・従事する、めぐる・運行する、年月が経過するといた意味があり、「道路」系統の字義では行列・交易の場所といった意味がある。

偏旁の意符としては道路や道を歩くことに関することを示す。

行部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

なお古文字から見て「」は「行」の省略形であり、偏旁の役割としてはほとんど同じであるが、『説文解字』以来、彳部と行部は別々の部首とされている。現代中国の『新華字典』『漢語大字典』などでは両者を彳部に統一している。

部首の通称[編集]

  • 日本:ぎょうがまえ・ゆきがまえ
  • 韓国:다닐행부(danil bu、ゆく行部)
  • 英米:Radical walk enclosure

部首字[編集]

  1.  
  2.  
    • 中古音
      • 広韻 - 下更、映韻、去声
      • 詩韻 - 敬韻、去声
      • 三十六字母 - 匣母
    • 現代音
      • 普通話 - ピンインxíng(旧xìng注音ㄒㄧㄥˊ(旧ㄒㄧㄥˋ) ウェード式:hsing2(旧hsing4)
      • 広東語 - Jyutping:hang6 イェール式:hang6
    • 日本語 - :コウ(カウ)(漢音)・ギョウ(ギャウ)(呉音) :おこない
    • 朝鮮語 - (haeng) 행실(haengsil、おこない)
  3.  
    • 中古音
      • 広韻 - 胡郎切、唐韻、平声
      • 詩韻 - 陽韻、平声
      • 三十六字母 - 匣母
    • 現代音
      • 普通話 - ピンインháng 注音ㄏㄤˊ ウェード式:hang2
      • 広東語 - Jyutping:hong4 イェール式:hong4
    • 日本語 - :コウ(カウ)(漢音)・ゴウ(ガウ)(呉音)・ギョウ(ギャウ)(慣用音
    • 朝鮮語 - (haeng) 행렬(haengnyeol、行列)・(gil、道)・가게(gage、みせ)
  4.  
    • 中古音
      • 広韻 - 下浪切、宕韻、去声
      • 詩韻 - 漾韻、去声
      • 三十六字母 - 匣母
    • 現代音
      • 普通話 - ピンインhàng 注音ㄏㄤˋ ウェード式:hang4
      • 広東語 - Jyutping:hong4 イェール式:hong4
    • 日本語 - :コウ(カウ)(漢音)・ゴウ(ガウ)(呉音)
    • 朝鮮語 - (hang) 항렬(hangnyeol、行列・輩行 - 一族内での世代・長幼の序のこと。中国・朝鮮では同世代であれば名前に同じ字を1字つけるといった習俗があった)

例字[編集]

最大画数[編集]