舌部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
臼部 舌部 舛部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

舌部(ぜつぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では135番目に置かれる(6画の18番目、未集の18番目)。

Tongue.agr.jpg

「舌」字は人や動物の口の中にある器官であるを意味する。『説文解字』は、声符意符の「干」と「口」からなる形声文字とするが、口の中から舌が出ている象形と考えられる。舌先が分かれていることから、蛇の舌に象っているともいわれる。

偏旁の意符としては舌の動作や味覚に関することを示す。「舌」は「辭(辞)」や「亂(乱)」の異体字として使われ、日本の新字体や中国の簡体字では正字に採用されている。

舌部はこのような意符を構成要素とする漢字を収める。「舌」の字形と似た「舍」(「舎」の旧字、字音はシャ、旅宿の意)を構成要素とする漢字も収めている。

字体差[編集]

印刷書体(明朝体)において康熙字典は「舌」の1画目を「舍」の3画目と同様、横画としている。日本の新字体・中国の新字形では「舌」については1画目を払いとし、「舍」を横画としている。「舍」については中国では康熙字典に従っているが、日本の新字体では「干」を「土」とした「舎」を採用したため、収録する部首もに変えられている。ただし、この適用は常用漢字表内のみであり、表外字については康熙字典に従っている。

一方、台湾の国字標準字体・香港の常用字字形表は「」の1画目も横棒とし、「舍」と統合させている。コンピュータ上でWindowsが装備するフォント細明體・新細明體 (PMingLiU・MingLiU) は5.03版以降でないとこれに対応していない。「話」字の旁の「舌」はここでいう「」ではなく「氏+口」の省略形なので、払いである。

部首の通称[編集]

  • 日本:した
  • 中国:舌字旁
  • 韓国:혀설부(hyeo seol bu、したの舌部)
  • 英米:Radical tongue

部首字[編集]

例字[編集]

    • 2:舍(舎→人部)、4:舐、6:舒・舖(舗→人部