夂部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
士部 夂部 夊部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

夂部(ちぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では34番目に置かれる(3画の5番目)。

夂字は『説文解字』によると「後から行く」の意味であり、人の両脚「ク」に「」を入れることで後に送りとどけるものがあることを表した指事文字であるという。甲骨文字を見ると「」同様、足跡あるいは足の裏の象形で、その足先が下向きになっている。このため「降る」ことを意味するとされる。偏旁の意符としても下降や停止・後退に関わることを示していると考えられる。その多くはなど上部に置かれる。

夂部はこのような意符を構成要素とする漢字を収める。

なお夂部の漢字ではないが、康熙字典において「致」のは「夂」に作り、9画である。日本の新字体、中国の新字形ではこれを「攵」に改め、10画としている。

部首の通称[編集]

  • 日本:
    • ふゆがしら(「冬」の頭の形から。ただし、冬字の夂形は楷書では同じであるが、篆書では異なる字形であり、『康熙字典』では冬を夂部には収めていない)
    • ちかんむり
    • のまたかんむり(片仮名の「ノ」と漢字の「又」から)
  • 中国:折文
  • 台湾:锛部錛部
  • 韓国:뒤져올치부(dwijeool chi bu、後から来る夂部)
  • 英米:Radical go

部首字[編集]

例字[編集]

  • (『康熙字典』では冫部であるが、現在の日本の漢和辞典ではここに収めるものが多い。意符としては氷を意味する冫部に属する。)