穴部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
禾部 穴部 立部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

穴部(けつぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では116番目に置かれる(5画の22番目、午集の22番目)。

Eingang der Katafygi-Höhle.jpg

「穴」字は洞穴を意味する。人が入ることのできる空間があり、洞穴に野宿することを「穴居」と言った。引伸して洞穴を利用した住居、動物の巣穴、墓穴、物に開けられた穴などを意味する。また動詞として穴を穿つことをも意味した。『説文解字』は土室であり、家を表す「」と声符の「」で構成される形声文字とするが、甲骨文を見ると、全部で洞穴や土室の象形とも考えられる。

偏旁の意符としては洞穴や空間に関することを示す。

穴部はこのような意符を構成要素とする漢字を収める。

字体差[編集]

1画目[編集]

」同様、印刷書体(明朝体)における「穴」字の1画目には地域による差異がある。『康熙字典』は1画目を短い縦棒とし、日本・韓国はこれに従う。一方、中国の新字形・台湾の国字標準字体・香港の常用字字形表はこれを点画としている。

[編集]

冠の位置にあるときの「八」部分は、『康熙字典』・日本・台湾・香港では右の払いを釣り鉤、すなわち「儿」形に変化させる。一方、中国の新字形ではこれを「ハ」のように長い点画に変化させる。

康熙字典
日本・韓国
台湾・香港
中国

部首の通称[編集]

  • 日本:あな・あなかんむり
  • 中国:穴字頭
  • 韓国:구멍혈(gumeong hyeol bu、あなの穴部)
  • 英米:Radical cave

部首字[編集]

例字[編集]

  • 2究・3穹・・4穽・(突3)・5窄・穿(穿4)・窈・6・窒・8窟・窪・10窮・窯・11窺・13竄・15竇・16(竃12:拡張新字体)・17竊(窃4)