凵部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
几部 凵部 刀部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

凵部(かんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では17番目に置かれる(2画の11番目)。

凵の字は『説文解字』によると口をおおきく開いた様子に象るという。一説に「坎」の本字で陥没した地面に象るとも言われる。凵部は「凵」を筆画としてもつ漢字を分類している。

部首の通称[編集]

  • 日本:かんにょう、うけばこ、したばこ
  • 韓国:위튼입구부(witeun ip gu bu、上が開いたの部)
  • 英米:Radical Open box

部首字[編集]

例字[編集]