飛部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
風部 飛部 食部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

飛部(ひぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では183番目に置かれる(9画の8番目、戌集の17番目)。

Musvåge cropped.jpg

「飛」字は鳥や昆虫などが空中で活動する飛翔を意味する。小篆の字形は鳥が翼を広げて飛翔する様子に象る。「蜚」字は「飛」と同音であり、意味もほぼ同義であるが、「蜚」は空飛ぶ昆虫類が本義であり、仮借によって「飛」と同様の意味で使われる。また「飛」字は形容詞として非常に早いさま、声が高いさま、屋根などが高い空中で飛び出したさま、根拠のないさま、思いがけないさまなどを意味する。 偏旁の意符としては飛翔に関することを示す。

飛部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:とぶ
  • 韓国:날비부(nal bi bu、とぶ飛部)
  • 英米:Radical fly

部首字[編集]

例字[編集]