歹部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
止部 歹部 殳部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17
Mummy Louvre.jpg

歹部(がつぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では78番目に置かれる(4画の18番目)。

歹の字は肉を削り取った後に残った骨を意味する。偏旁の意符としては傷害に関することを表す。

歹部は上記の意符を構成要素にもつ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:かばねへん・がつ・がつへん・しにがまえ・いちたへん
  • 中国:歹字旁
  • 韓国:죽을사변부(jugeul sa byeon bu、しぬ死の偏の部)
  • 英米:Radical death

部首字[編集]

例字[編集]

  • ・歿・殆・残・殊・殉・殖・殲