色部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
怒りの表情
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK部首補助)が含まれています詳細
康熙字典 214 部首
艮部 色部 艸部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

色部(しょくぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では139番目に置かれる(6画の22番目、未集の最後、22番目)。

「色」字は顔の表情を意味する。また女性の美貌、、景色、女性への欲情などを意味する。後起義として仏教用語に使われ、「心」に対して人に感覚をもたらす存在を意味する(色 (仏教)を参照)。その字形は「ク」が「」字の変形で立った人の象形、「巴」は「卩・」の変形で跪いた人の象形であり、これを組みあわせた会意文字である。これにより跪いた人が立っている人の顔色を窺う姿であるとか、男女が抱き合う姿であるとか、後背位で性交する姿であるといった説がある。

偏旁の意符としては顔の表情に関することを示す。このとき「色」は右側の旁の位置に置かれる。なお日本の新字体・中国の新字形で「絶」字に「色」が使われているが、もともとは「刀」+「巴」の「」で別字である。

色部はこのような意符を構成要素に持つ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:いろ
  • 韓国:빛색부(bit saek bu、いろの色部)
  • 英米:Radical color

部首字[編集]

例字[編集]

    • 18:艷(艶13)