戈部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 および CJK統合漢字拡張A・B で規定されている文字、簡体字ハングルが含まれています詳細
康熙字典 214 部首
心部 戈部 戸部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

戈部(かぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では62番目に置かれる(4画の2番目)。

China bronze dagger.jpg

戈の字は武器の一つであるを表し、その形に象る。長い柄の矛先にかぎ状の両刃をつけた武器。

偏旁の意符としては武器や戦いに関することを示す。上から右にかけてか、右に置かれる。

戈部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:ほこがまえ、ほこづくり、たすき、かのほこ
  • 中国:戈字旁
  • 韓国:창과부(chang gwa bu、槍の戈部)
  • 英米:Radical Halberd

部首字[編集]

例字[編集]

  • 𢦏𢦒・或・戔・戚・・戮・戰()・𢨋・戲(戯)・戳・戴・𢨣

最大画数[編集]