鼎部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
黽部 鼎部 鼓部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

鼎部(ていぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では206番目に置かれる(13画の2番目、亥集の20番目)。

Liu Ding.jpg

「鼎」字は中国古代における器物の一種であるを意味する。三足両耳を備え、食物を煮炊きする食器として、また功績を銘に刻んだりする礼器として用いられた。伝説によると夏王朝九州を象徴する九鼎を鋳造したとされ、歴代王朝に王権の象徴として受け継がれた。これにより「鼎」で政権・王権の比喩として使われた。引伸して勢力が盛大で、時めいているさまを表し、今まさにという副詞としても使われる。また「鼎」字は三足あることから三つどもえの戦いの比喩として「三国鼎立」などと使われた。その他、六十四卦の一つとしても用いられる。

その字形は鼎を側面からみた三足両耳の形に象っている。

偏旁の意符としては鼎に関することを示す。

鼎部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:てい・かなえ
  • 韓国:솥정부(sot jeong bu、釜の鼎部)
  • 英米:Radical tripod

部首字[編集]