聿部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212CJK統合漢字拡張A・B)が含まれています詳細
𦘒
康熙字典 214 部首
耳部 聿部 肉部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

聿部(いつぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では129番目に置かれる(6画の12番目、未集の12番目)。

SunXindeCalligraphy.jpg

「聿」字は、を意味する。『説文解字』は「𦘒」と音を表す「一」の形声文字とするが、筆を手でもつ形そのままに象っていると考えられる。 後に意味を分かりやすく竹冠をつけたのが「筆」である。

偏旁の意符としては筆や書くことに関することを示す。しかしながら、この意符をもつ字は聿部にはあまり収められておらず、「書」は曰部、「畫(画)」は田部というように他の部に収められている。

聿部が収めるのは「聿」の形やそれに似た「𦘒」や「」の形を筆画にもつ漢字を収める。雑多なものを含むが、共通点は手指に関するということであり、「」という字形が手の指(「」、ここでは「ヨ」)で何かを操る様子に象るためである。なお、これと共通する要素を持つ「隶」については別に隶部を立てている。

部首の通称[編集]

  • 日本:ふでづくり
  • 韓国:붓율부(but yul bu、ふでの聿部)
  • 英米:Radical brush

部首字[編集]

例字[編集]