甘部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康熙字典 214 部首
瓦部 甘部 生部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

甘部(かんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では99番目に置かれる(5画の5番目、午集の5番目)。

「甘」字は味がよい、美味いと感じること、また味があまいことを表す。口の中にものがある様子に象る。偏旁としてはもっぱら声符として使われる。そのため「甘」を構成要素にもつ漢字は偏や冠に従って他の部に分類される。甘部では他の部に分類しきれなかったものを収めており、収録字数は多くない。

部首の通称[編集]

  • 日本:あまい、かん
  • 韓国:달감부(dal gam bu、あまい甘部)
  • 英米:Radical sweet

部首字[編集]

例字[編集]

  • 4:甚・6:甜