彳部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
彡部 彳部 心部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

彳部(てきぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では60番目に置かれる(3画の31番目)。

彳の字は少しずつ歩くの意味であり、『説文解字』では人の脚の3つの部分が連なる様子に象るという。しかし、甲骨文から見れば、十字路の象形である「」が使われており、よって彳はその左半分だけを用いたものである。偏旁の意符としては歩行の動作などに関わることを示す。

彳部はこの偏旁を構成要素とする漢字を収める。

部首の通称[編集]

  • 日本:ぎょうにんべん
  • 中国:双人旁
  • 韓国:두인변부(tu in byeon bu、2つの人偏の部)
  • 英米:Radical step

部首字[編集]

例字[編集]

  • ・往・征・・待・・徐・・徑()・得・從(従)・御・復・(微)・徹・)・徴・徽・彷・徨・徘・徊