支部 (部首)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
手部 支部 攴部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

支部(しぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では65番目に置かれる(4画の5番目)。

支の字は枝・支える・枝分かれしたもの・計算する・十二支を意味する。また後起義として支払うなどの意味がある。偏旁で意符として枝分かれしたものに関することがあるが、「シ」や「キ」といった音を表す音符として使われることが多い。

:十分な」+「:手で」=「支」と言う二つの源字よりこの文字が形成された。

支部ではいくらかの意符を構成要素とする漢字を収めるが、もっぱら「支」の形を筆画にもつ漢字を分類している。

部首の通称[編集]

  • 日本:しにょう、えだにょう、じゅうまた(「十と又」から)
  • 韓国:지탱할지부(jitaenghal ji bu、ささえる支部)
  • 英米:Radical branch

部首字[編集]

例字[編集]

  • 支部に「支」以外の常用字はない。(疲れる)・(傾く)・(長い)といった漢字がある。