大部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
康熙字典 214 部首
夕部 大部 女部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

大部(だいぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では37番目に置かれる(3画の8番目)。

大の字はヒトの形に象る。「」字が側面から見たヒトであるのに対し、大字は正面から見たヒトに象る。後に「大きい」ことを意味するようになった。偏旁の意符においてヒトや大小に関することを示す。

大部は以上のような意符を構成要素とする漢字と「大」の形を筆画としてもつ漢字を分類している。

部首の通称[編集]

  • 日本:だい・だいがしら・だいかんむり
  • 韓国:큰대부(keun dae bu、おおきな大部)
  • 英米:Radical big

部首字[編集]

例字[編集]

  • 大・・太・天・夫・夭・央・失・
  • 奇・奈・奔・奉・奏・套・奢・奪・奮
  • 奕・契・奥・奨
  • 𡚥