鹿部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 および CJK統合漢字拡張A で規定されている文字、簡体字ハングルが含まれています詳細
鹿
康熙字典 214 部首
鹵部 鹿部 麦部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

鹿部(ろくぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では198番目に置かれる(11画の4番目、亥集の12番目)。

White-tailed deer.jpg

「鹿」字はシカ科の動物の総称として用いられる。鹿はよく帝位の比喩として用いられ、群雄割拠の時代、帝位を追い求めて競い合うことを「逐鹿」という。また「鹿」字には粗悪なさま、穀物倉庫、山麓といった意味がある。

その字形は頭に4本の足をもち、長い角を生やした頭をもった牡鹿に象っている。

偏旁の意符としては鹿や鹿に似た動物に関することを示す。

鹿部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。なお「麓」字に関しては声符であるが、木部にではなくこの部に収められている。

字体のデザイン差[編集]

」同様、「鹿」字の1画目には地域による差異があり、『康熙字典』および日本ではこれを短い縦棒とし、中国の新字形・台湾の国字標準字体・香港の常用字字形表ではこれを点画とする。

部首の通称[編集]

  • 日本:しか
  • 韓国:사슴록부(saseum rok bu、シカの鹿部)
  • 英米:Radical deer

部首字[編集]

鹿

例字[編集]

  • 鹿
    • 麀・麁・麂・・麃・麄・・麅・麆・麇・麈・䴤・䴥・麉・麊・麋・麌・麍・麎・麐・・麑・麔・麕・麖・・麘・麙・麚・麛・麜・麒・麗・麓・・䴫・麟・麠・麡・麢・麣・麤