臣部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213 および CJK統合漢字拡張A・B で規定されている文字、簡体字ハングルが含まれています詳細
康熙字典 214 部首
肉部 臣部 自部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

臣部(しんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では131番目に置かれる(6画の14番目、未集の14番目)。

「臣」字は奴隷を意味する。奴隸が主人の前で体を屈して服する様子に象るとされ、古字を見ると人の目の形であり、人が伏せている時に目が縦になる様子であるという(郭沫若『甲骨文字研究』)。引伸して広く被支配階層である庶民を意味するようになり、また官吏をも意味した。動詞として従えるといった意味をもつ。また君主に対するときの一人称としても使われた。

偏旁の意符としては奴隷や低頭屈身といった人の動作に関することを示す。

臣部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

なお日本の常用漢字では「臣」の外側の縦・折れを1画とせずに2画に分け、画数を7画と数えている。その筆順も縦を1画目とし、縦・横・縦・横折れ・横・縦・横である。ちなみに中国・韓国などでは横・縦・横折れ・横・縦・縦折れの順である。

部首の通称[編集]

  • 日本:しん
  • 韓国:신하신부(sinha sin bu、臣下の臣部)
  • 英米:Radical minister

部首字[編集]

例字[編集]

  • 2:臥・、6:、8:臧、10:𦣪(鹽⇒鹵部)、11:臨・、13: