出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地球年代学と層序学
地質年代区分 年代層序区分
累代 eon 累界 eonothem
era erathem
period system
epoch series
age stage
時代と層の対比
後期 late 上部 upper
中期 middle 中部 middle
前期 early 下部 lower

(き、: period)は、地質時代においてを細分する単位である。この範囲において地層の境界を定めた接尾語は「」(: system)である。例えばデボン紀の岩石はデボン系と呼ばれる。この表現は古生物学者達からは地質の年代というよりも古生物相の段階を指して発表の際に使われる場合がある。そのような描写は小説映画ジュラシックパーク』などでも見られる。

紀の多くは: epoch)(岩石を表す場合は統)というより細かな時代単位に分かれる。2004年国際地質科学連合(IUGS)は新原生代エディアカラ紀を定義した。紀の新設は130年振りであった。

紀の一覧[編集]

原生代より前に紀は定義されていない。

累代eon era 紀(period Ma
顕生代
Phanerozoic
新生代
Cenozoic
第四紀Quarternary 2
新第三紀Neogene 23
古第三紀Paleogene 66
中生代
Mesozoic
白亜紀Cretaceous 146
ジュラ紀Jurassic 200
三畳紀Triassic 251
古生代
Paleozoic
ペルム紀(Permian) 300
石炭紀Carboniferous 359
デボン紀Devonian 416
シルル紀Silurian 444
オルドビス紀Ordovician 488
カンブリア紀Cambrian 542
原生代
Proterozoic
新原生代
Neoproterozoic
エディアカラ紀Ediacaran 630
クリオジェニアンCryogenian 850
トニアンTonian 1000
中原生代
Mesoproterozoic
ステニアンStenian 1200
エクタシアンEctasian 1400
カリミアンCalymmian 1600
古原生代
Paleoproterozoic
スタテリアンStatherian 1800
オロシリアンOrosirian 2050
リアキアンRhyacian 2300
シデリアンSiderian 2500

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]