狂つた一頁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
狂つた一頁
A Page of Madness
監督 衣笠貞之助
脚本 川端康成
衣笠貞之助
犬塚稔
沢田晩紅
原作 川端康成
製作 新感覚派映画連盟
ナショナルフィルムアート
衣笠映画連盟
製作総指揮 衣笠貞之助
出演者 井上正夫
中川芳江
撮影 杉山公平
配給 日本の旗 自主配給
アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
公開 日本の旗 1926年9月24日
アメリカ合衆国の旗 1975年1月
イタリアの旗 2001年
ポルデノーネ無声映画祭
上映時間 70分(現存59分)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

狂つた一頁』(くるったいっページ)は、1926年(大正15年)に製作・公開された日本映画である。衣笠貞之助監督、井上正夫主演。

衣笠が横光利一川端康成新感覚派の作家と結成した新感覚派映画聯盟と、衣笠映画聯盟で製作した作品で、無字幕のサイレント映画として公開された[注釈 1]。激しいフラッシュバックや多重露光などの技法を駆使して斬新な映像表現を試み、日本初のアヴァンギャルド映画といわれた。

あらすじ[編集]

元船員の男は、自分の虐待のせいで精神に異常をきたした妻を見守るために、妻が入院している精神病院に小間使いとして働いている。ある日、男の娘が結婚の報告を母にするために病院を訪れ、父親が小間使いをしていることを知る。娘の結婚を知った男は、縁日の福引きで一等賞の箪笥を引き当てる幻想を見る。男は妻を病院から逃がさせようとするが、錯乱した男は病院の医師や狂人を殺す幻想を見る。今度は男は狂人の顔に次々と能面を被せていく幻想を見る。

製作・公開[編集]

1925年(大正14年)、マキノ省三の元で映画製作を行っていた衣笠貞之助は、マキノプロ傘下の聯合映画芸術家協会で『月形半平太』を製作して大ヒットさせた。次に衣笠は同協会で横光利一原作の『日輪』を製作したが、完成後に右翼団体が衣笠と内務省検閲担当者らを不敬罪で告訴するという騒動が起き、上映も中止されてしまった[注釈 2][4][5]

1926年(大正15年)、満30歳を迎えた衣笠は、誰からも掣肘を受けず、自由に思いのままの映画を作ろうと決意し[6][7]、『日輪』の製作で知り合った横光利一に映画製作の相談をするべく、葉山森戸海岸の横光邸を訪ねた。4月2日、「営利を度外視して良き芸術映画を製作したい」という衣笠の相談に応じた横光は、『文藝時代』の同人である新感覚派川端康成片岡鉄兵岸田国士池谷信三郎に声をかけ、ここに新感覚派映画聯盟が結成された[注釈 3]

衣笠が始め構想していたストーリーは、老人とサーカス一座の話で、ファーストシーンは「雨風のはげしい夜、一人の老人がサーカス小屋にたどりつく、天幕が、嵐ではためいて音をたてる。はげしい雨音がする。そして、老人は、人影のない小屋の中へ入ってゆく…」というものだった[6]。衣笠は自宅の地下室に現像場を作り、近所の茶畑を借りて、そこに1ヶ月間借り切りにした巡業のサーカス一座の天幕を張って、それをステージ代わりにして撮影をしようと計画していたが[6]、川端、片岡の2人と烏森の旅館で話し合う内[8]松沢病院を実際に見学してきた衣笠の見聞を基に、精神病院を舞台としたプロットが構想された。

また衣笠は独立プロダクションの衣笠映画聯盟を設立して本作の製作を行い、犬塚稔の紹介で会った松竹キネマ白井信太郎から、松竹下加茂撮影所の使用許可と資金援助をとりつけ、同年5月5日から同撮影所で撮影を開始した[9]。シナリオは撮影開始当日までに完成せず、撮影と同時進行で、川端、衣笠、犬塚、沢田晩紅の4人がメモ書きでアイデアを出し合いながら撮影された。シナリオは5月末の撮影終了後に4人がメモを持ち寄って川端がこれを脚本としてまとめ、6月15日の締切日ぎりぎりに入稿させ、翌月創刊の『映画時代』にシナリオが掲載された。

主演の井上正夫は衣笠の映画製作に共鳴して、本郷座での公演を断って無償で出演した[7]。また、老け役を演じるために自ら額の毛を抜いて演じたという[10]。ほかに中川芳江高勢実関操高松恭助らが出演し、以上の4人は後の衣笠映画聯盟の時代劇映画で活躍することとなる。スタッフには、助監督に小石栄一が就き、後に特撮監督として名を馳せる円谷英二(当時:円谷英一)が助手(チーフキャメラマン)として参加している。

完成後、衣笠は封切り交渉のため単身上京するが、料金の点で引き受ける映画館が現れず、完成から4ヶ月後にようやく1週間1500円の料金で洋画専門の武蔵野館(現在の新宿武蔵野館)が引き受け、9月24日に同館の主任弁士である徳川夢声の解説で封切られた[9][11]。評価は様々だが、岩崎昶は「日本で生まれた最初の素晴らしい映画だ、と私は確信を持って断言する。そしてまた、日本で作られた、最初の世界的映画だ」と絶賛し[12]、同年度のキネマ旬報ベストテンでも第4位にランクインされている。しかし、興行的には惨敗し、衣笠は多額の借金を返済するため松竹で時代劇映画を製作することとなった[13]

川端は本作の撮影を題材に掌編『笑わぬ男』執筆しており、1971年(昭和46年)にそれらを収録した掌編小説集『掌の小説』が新潮文庫から刊行された。

フィルムの発見と復元[編集]

1950年(昭和25年)、松竹下加茂撮影所のフィルム倉庫で発生した火災で多くの貴重なフィルムが焼失、『狂つた一頁』のフィルムもその犠牲となり、プリント・ネガフィルムともに現存しない作品とされていた。しかし、それから21年後の1971年(昭和46年)、衣笠の自宅の蔵にしまってあった米櫃の中から偶然ネガフィルムが発見され[14][15]、衣笠自ら再編集したニュー・サウンド版(59分に短縮)を作り、1975年(昭和50年)1月にアメリカニュー・ライン・シネマの配給で公開された。同年には日本の岩波ホールで49年ぶりに再公開された。

2001年(平成13年)、ポルデノーネ無声映画祭の日本映画特集で上映された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

[編集]

注釈
  1. ^ 映像の純粋性を保つため、横光が無字幕で公開するように主張した[1]。また、題名も当初は『狂へる一頁』だったが、横光の意見で『狂った一頁』と変更された[2]
  2. ^ この作品は公開から2年後の1927年(昭和2年)に、再編集(ズタズタにカットされた)され、題名も『女性の輝き』と改題させられて公開された[3]
  3. ^ 衣笠の自伝『わが映画の青春 日本映画史の一側面』では、新感覚派映画聯盟の名は「報知新聞がこの映画製作をスクープした時に、新感覚派にちなんで勝手に命名したものであり、これがそのまま正式なプロダクション名となった」と、書かれている。
出典
  1. ^ 横光利一における大正・昭和期メディアと文学の研究十重田裕一 早稲田大学
  2. ^ 衣笠貞之助著『わが映画の青春 日本映画史の一側面』p.78
  3. ^ 今村昌平著『無声映画の完成』p.29
  4. ^ 『演劇學 第18-21号』p.73
  5. ^ 鈴木晰也著『人生仕方ばなし 衣笠貞之助とその時代』p.75
  6. ^ a b c 衣笠貞之助著『わが映画の青春 日本映画史の一側面』p.59-61
  7. ^ a b 今村昌平著『無声映画の完成』p.97-98
  8. ^ 『キネマ旬報 第343-346号』p.50
  9. ^ a b 田中純一郎著『日本映画発達史Ⅱ 無声からトーキーへ』p.66
  10. ^ 衣笠貞之助著『わが映画の青春 日本映画史の一側面』p.69
  11. ^ 狂つた一頁、日本映画データベース、2010年2月18日閲覧。
  12. ^ 『キネマ旬報 第215-216号』p.13
  13. ^ 『日本現代史大系 第3巻』p.82
  14. ^ 大島渚著『日本映画を読む パイオニアたちの遺産』p.113
  15. ^ 鈴木晰也著『人生仕方ばなし 衣笠貞之助とその時代』p.159

参考文献[編集]

  • 衣笠貞之助『わが映画の青春』(中央公論社、1977年)
  • Gerow, Aaron (2008). A Page of Madness: Cinema and Modernity in 1920s Japan. Center for Japanese Studies, University of Michigan. ISBN 9781929280513. (英語)
  • Lewinsky, Mariann (1997). Eine Verrückte Seite: Stummfilm und filmische Avantgarde in Japan. Chronos. ISBN 390531228X. (ドイツ語)

外部リンク[編集]