ハンス・リヒター (画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・リヒターHans Richter1888年4月6日 - 1976年2月1日)はドイツ画家映画監督

来歴[編集]

ベルリンで生まれ、建築美術などを修学後、1912年に開催された表現派の「嵐展」などに参加。第一次世界大戦にて負傷後はチューリヒ・ダダ運動に参加、肖像画抽象芸術の作品を制作した。

1918年イタリア作曲家フェルッチョ・ブゾーニスウェーデンの画家イエィリング: Viking Eggeling)らと共に色彩形態の構造研究に取り組み、実験映画を制作している。

1940年アメリカ合衆国亡命後、第二次世界大戦末期に新聞記事をコラージュした作品『東方の勝利』を発表した。1942年ニューヨーク市立大学映画研究所所長に就任。『金で買える夢』や『8×8』などの作品を制作した。1960年代以後はスイスへ渡り、エコー絵画の連作他、作品制作に打ち込んだ。

作品[編集]

  • Dadascope (1961)
  • 8 x 8: A Chess Sonata in 8 Movements (1957)
  • Dreams That Money Can Buy (1947)
  • Vom Blitz zum Fernsenhbild (1936)
  • Keine Zeit für Tränen (1934)
  • Hallo Everybody (1933)
  • Europa Radio (1931)
  • Neues Leben (1930)
  • Alles dreht sich, alles bewegt sich (1929)
  • Everyday (1929)
  • Rennsymphonie (1929)
  • The Storming of La Sarraz (1929)
  • Zweigroschenzauber (1929)
  • Vormittagsspuk (1928)
  • Inflation (1927)
  • Filmstudie (1926)
  • Rhythmus 25 (1925)
  • Rhythmus 23 (1923)
  • Rhythmus 21 (1921)