奈良小1女児殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奈良小1女児殺害事件(ならしょういちじょじさつがいじけん)は、奈良県奈良市2004年11月17日、帰宅途中の小学校1年生の女子児童が誘拐の後に殺害・遺棄された、誘拐殺人事件である。

状況

11月17日夜、犯人被害者携帯電話を使って「娘はもらった」と母親にメール。そのメールには被害者画像添付されていた。この携帯電話はGPS機能付のものだったが、犯人は使用後、携帯電話の電源を切っているか、その機能をオフに設定している。

司法解剖の結果、水死と判明。肺にたまっていた水は汚れていなかった。水道水を張った風呂場か洗面器に顔を押し付けて、水死させたと判断された。また、殺害時に被害者を裸にして殺害後に服を着せたと見られている。手足にはすり傷があり、この擦り傷は殺害後に意図的につけたものと判明した。も殺害後に数本抜かれていた。被害者の衣服には毛が付着していたが、鑑定の結果B型とAB型の血液型のものだった。

12月14日未明、犯人と思われる人物から両親や親族の携帯に、「次は妹を狙う」と被害者の女児が持っていた携帯電話からメールが送られた。このメールにも被害者の画像が添付(1枚は11月17日のものと同じ)されていた。

12月30日奈良県警察本部は、毎日新聞販売店店員だった小林薫(男性・当時36歳)の自宅を家宅捜索し、女児の携帯電話とランドセルジャンパーなどを発見し、誘拐を認めたため逮捕した。その後2005年1月19日に殺人死体遺棄容疑で再逮捕された。

逮捕のきっかけは、女児の携帯電話から容疑者の携帯電話にメール発信がされていたことで、その通信記録から容疑者が割り出された。容疑者は行きつけのスナックで被害者の画像を店員や客に見せていた。容疑者の自宅からは幼児ポルノのビデオ80〜100本や雑誌それに盗んだものと見られる女児の下着や衣類が約80枚、およびダッチワイフが押収されており、小児性愛者であった。

女児が容疑者の車に自分から乗るところを目撃されており、顔見知りによる犯行も取り沙汰されたが、実際には行きずりの犯行で、容疑者は女児とは面識がなく女の子なら誰でも良かったと自供している。

容疑者には過去に幼児への強制わいせつ前科があり、性犯罪者を登録、監視する米国ミーガン法(性犯罪者の情報をインターネットで公開している)などにならった前歴者への監視を強めることの必要が議論された。

事件を受けて毎日新聞は、同容疑者が勤務していた北葛城郡河合町と以前勤務していた大阪市東住吉区の販売店との契約を2005年1月31日にて解除した。東住吉区の販売店が契約解除となった理由は、新聞購読料など23万円を同容疑者に持ち逃げされた件で警察被害届を出した後に河合町の販売店で働いているのを把握したにもかかわらず、毎月3万円の返済をさせることを条件に警察には通報していなかったことが発覚したためである。

弁護士アダルトアニメ高校生のときに見たことが性格を歪ませた原因だと逮捕直後に語ったが、強制わいせつを初めてしたのは14歳のときであり、時期的に合わない。また、一部でフィギュアおたくではないかとデマが流れたが、彼はフィギュアを全く保有していない(これについての詳細はフィギュア萌え族を参照のこと)。アダルト系同人誌も保有していなかった。

裁判

初公判の内容

2005年4月18日に初公判が開かれる。「反省の気持ちも更生する自信もない。早く死刑判決を受け、第二の宮﨑勤吉岡守として世間に名を残したい」という被告人の述べた供述を検察官は朗読した。吉岡守は既に死刑執行されていたが、宮﨑勤は当時上告中であり、月刊『創』2006年1月号で、「精神鑑定も受けずに、『第二の宮﨑勤』は名乗らせません」と批判した。なお、その精神鑑定では反社会性人格障害及びペドフィリアと診断(宮﨑はペドフィリアとは診断されていない)され、2006年2月14日に鑑定書は奈良地裁に提出された。この事件の被告は月刊『創』2006年2月号から12月号まで獄中手記を連載していた[1]

なお、被告人は幼少時から父親暴力を振るわれていた。さらに、暴力を制止していた母親は10歳の時に難産のために亡くなった。またこの時に生まれた弟に障害が残ったため、家族は弟に付きっきりになり、被告人は孤独な状況にあった。左目の視力が低いことなどから、中学時代には不良グループからいじめを受けていた。また、経済的に裕福ではなく小学校の頃から新聞配達のアルバイトで稼ぎ、中学卒業とともに就職していた。弁護側は、こういった環境の事情を考慮してほしいと2006年6月26日に最終弁論で述べた。

判決

2006年9月26日、被告人に求刑通り死刑判決を言い渡された。なお、死刑は永山則夫の事件以降、犠牲者一人では適用されない事が通例であったが、事件自体の悪質性や被害者家族の心情を反映しての判決となった。判決では被告人はガッツポーズも見せ、判決後に弁護人に対し「死刑は覚悟していた」と述べた。弁護側は控訴したが、10月10日に被告人自らが控訴を取り下げ死刑が確定した。

判決後の被告の行動

  • 2006年10月30日、遺族に弁護人を通じ、自分の行為は「人として最低な行為」であったが、「公判中に謝罪の気持ちを表したくてもできなかった」と書かれた文章を手渡そうとしたが、公判の様子からして本心からの謝罪だとは思われずに遺族に拒否された。これについて宮﨑勤や吉岡守とも面会した長谷川博一教授は「ほかの2人と違い、悪いことをしたということはしっかり認識している」と述べている。
  • 2007年6月16日、弁護人の控訴取り下げの無効を求める審理開始の申し立てを大阪高裁に起こしたが、認められなかった。
  • 2008年12月には再審請求もしたが、2009年12月17日最高裁は再審請求を棄却した。
  • 2012年福島瑞穂参院議員の事務所が実施したアンケートには、現在の死刑制度は被害者や世論の感情の影響を受けていると回答して死刑制度に対して反対の意見を記載した。また、絞首刑ではなく薬物投与による刑執行が望ましいとも回答している[2]

被害者の本当の死因

検察側は、女児を自宅に連れ込んだものの、犯行発覚を恐れて、女児が入浴中に頭を押え込んで湯船に沈めて殺害したとした。犯人は逮捕後も検察の主張を否定しなかったが、それは「もう死刑で早く死んでしまおう」という意向によるものだったと後に雑誌に手記を寄せている[3]。犯人によると真実は、「悪戯をするために女児に睡眠剤を大量に飲ませたのちに入浴させたところ、気が付いたら湯船の中で死んでいた」というものであった[3]。弁護人や精神鑑定をする鑑定医にも同様の話をしたが、当時は罪を認めた上での情状酌量を得るために情状鑑定の最中で、全てが振り出しに戻る仰天の新証言は誰もマトモに取り上げてくれなかったとしている[3]。法廷でそのことに言及しなかったのは、「判決で認定された殺人を自分は犯していないのだが、もう死にたいから法廷では一切争わないことにする」という理由によるものであった[3]

死刑執行

2013年2月21日大阪拘置所で死刑が執行された。2度目の再審請求に向け準備中の執行だった[4][5]

ネット関係

この事件に類似した内容の書き込みがmegabbsという掲示板にされており、犯人によるものか、もしくは犯行の参考にしたのではないかとテレビなどのメディアでも取り上げられて騒がれた。[要出典]また、2ちゃんねるの「CCさくら板」でも事件の手口に似た内容のスレッドが立てられており、一部のニュース番組やスポーツ新聞[6]などに取り上げられた。

関連項目

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊『創』(つくる)2006年
  2. ^ 執行前「申し訳ない」小林死刑囚、思いつづる 公判で後悔も 47NEWS 2013年2月22日
  3. ^ a b c d 死刑執行! 小林薫死刑囚と○○○○死刑囚からの手紙(『創』2013年4月号より)1/2 創 4月10日(水)14時13分配信
  4. ^ 3人の死刑を執行 奈良女児殺害の小林死刑囚ら 日本経済新聞 2013年2月21日
  5. ^ 「生」に執着、再審準備中の刑執行…死刑囚
  6. ^ 日刊スポーツ』(2004年11月22日)『FNNスーパーニュース』 - フジテレビジョン(2004年11月22日放送)など

外部リンク