パンサー (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンサー
メンバー 向井慧
尾形貴弘
菅良太郎
結成年 2008年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2008年6月16日 -
出身 東京NSC11期生(向井)
同8期生(尾形)
同9期生(菅)
出会い 事務所
旧コンビ名 ブルースタンダード(向井)
グレートホーン(尾形)
ハイアンドロー(菅)
現在の活動状況 ライブなど
芸種 コント
ネタ作成者 菅良太郎
現在の代表番組 333 トリオさんそれゆけ!ゲームパンサー!
過去の代表番組 パワー☆プリン
同期 エド・はるみタカダ・コーポレーションなど(向井)
スリムクラブなど(尾形)
しずるハリセンボンなど(菅)
テンプレートを表示

パンサーは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いトリオ2008年6月16日結成。

メンバー[編集]

向井 慧[編集]

むかい さとし(1985年12月16日 - ) ツッコミ担当 立ち位置:真ん中

  • パンサーにおける役割は「まとめ役」といわれる。トリオ内最年少且つ東京NSCでは一番の後輩。東京NSC11期生。
  • 愛知県名古屋市熱田区出身、愛知県立瑞陵高等学校明治大学経営学部卒業。
  • 姉が一人いる。
  • 身長169cm、体重62kg(AGEAGE10ミニッツで、ジャングルポケット太田博久の特技・駅弁で体重測定により判明)。血液型はB型。
  • よしもと男前ランキング・2010年第32位、2011年第21位、2012年第9位、2013年第3位、2014年第2位。
  • 名前の「慧」の由来は、生まれ年の85年にハレー彗星が世間をにぎわせていたため、次のハレー彗星が近づく2061年まで長生きできるようにという意味から名付けられた。
  • 小学生の時に名古屋市の優良児童に選ばれた。
  • 父親は農学者名古屋市立大学教授名古屋大学博士)の向井清史。
  • 母親が押しに弱く、訪問販売で味噌二年分と150cmくらいのガンダムを買ったことがある。
  • 母親が菅のことは大好きだが、尾形のことは好きになれないと述べている。(尾形のことは声の大きい人と呼んでいる)
  • ネタ以外のときには眼鏡をかけることがある。
  • 街中を歩いていて、ゲイのお店の人にスカウトされたことがある。
  • 又吉直樹ピース)、児玉智洋(ジューシーズ)と三人で「バッハ(仮)」というユニットを組んでおり、2013年8月ごろからは三人で同居をしている。ちなみに福井俊太郎(GAG少年楽団)がこのユニットに入りたいと又吉に直訴した。
  • 福田恵悟(LLR)に事あるごとに「性格が悪い。俺は騙されない」などと言われている。相方の伊藤智博にも「付き合う先輩を選んでいる」と言われるなど、腹黒キャラ。シャッフルトークでは竹内(ミルククラウン)からも「裏がある」と疑われ「もう嫌だよ!」と絶叫していた。
  • 小学校時代の友人に、ヒカルの碁の作者であるほったゆみの息子がいる。
  • 生もの(魚介類など)が苦手である。
  • 酒にとても弱く、酔うとたびたび事件を起こす。シチサンLIVEでキス魔、333で号泣など。
  • 安達健太郎(カナリア)がプロデュースするアイドルグループ、Adachildsに所属している。
  • 好きな女性のタイプはぽっちゃり系や不思議ちゃん系。
  • ギャンブルが好きだが、小野照崎神社にお参りに行った際に、仕事が増えるようにと祈願してギャンブルをやめた(その一週間後にヘキサゴンの出演が決まったらしい)。しかし我慢できずにギャンブルを始めてしまい、向井自身ではなく周りの芸人たちに罰が当たって被害が出たという(菅がノロウイルスに罹る、尾形が犬に噛まれる、又吉が体調を崩す、児玉の奥歯が割れる等)。
  • かなりのゲラらしい。「周りに面白い人が多いから」とのこと。引き笑いすることも多い。
  • ラジオを聞くのが好き。中学生の頃からほぼ毎日ラジオを聞いている。
  • ゆずのファンで、学生時代にはファンクラブにも入っていた。好きなゆずの曲はからっぽ

また名古屋芸人であるマニッシュガ-リ-の広田陽をものすごく好んでいる。

尾形 貴弘[編集]

おがた たかひろ(1977年4月27日 - )小ボケ担当 立ち位置:右

  • パンサーにおける役割は「キャプテン」、自称:パンサーの元気を担当。東京NSC8期生。身長181cm、体重74kg、血液型B型、姉が一人いる。
  • 宮城県桃生郡鳴瀬町野蒜(現・東松島市)出身。松島町立松島中学校[1]仙台育英学園高等学校中央大学文学部卒業。大学卒業後はリコーに就職した。
  • 祖父が昔、鳴瀬町の町長をしており、選挙活動を家族で手伝っていた。
  • スポーツ推薦による進学(#サッカー関連参照)のため勉強が不得意。漢字が読めない、簡単な計算ができないなど一般常識に欠けている。そのためクイズ番組では醜態をさらし、『ロンドンハーツ』では複数回ドッキリにはめられている。
  • 「サンキュー!!」「フィジカル!!」「メンタル!!」などが口癖であり、様々な場面ですべり芸扱いされることも多いが、本人は「あくまで口癖でギャグではない」と言っている。また液体のことを「ポカリ!!」といったり、お客さんの着ている服の色で「○○ファン!!」などとサッカー関連のことをよく言う。
  • ネタを後輩である二人が作っているため、自分が役に立っていないのではと不安に感じている。
  • 教師を目指していた時期があり、教育職員免許状(公民)を取得している。ただし、シチサンLIVEでは真面目に講義を受けていたわけではなく担当教授と仲良くなり伝で単位を取得したと語っている。また教員採用試験は受けていない。自称「サンキュー先生」という熱血先生であるが、向井曰く「こんな先生は苦手」。
  • バレンタインデーの時にはチョコレートを渡すために長蛇の列ができ、それだけのための的屋が出た」と語っているが、同級生の話では「そんな事実はない」と言われ、疑われている。
  • 2009年12月2日のシチサンLIVEにて、好きな女性芸能人は「小泉今日子」、好きなおふくろの味は「ロールキャベツ」、好きなスパイクは「プーマ・パラメヒコ」であると述べている。
  • 実際の芸歴は東京NSC8期生であるが、吉本のルールとしてコンビやトリオで芸歴が異なる場合は、先輩は一番下の期にあわせるため、パンサーとしては11期である。しかし自分の都合に合わせて勝手に芸歴を変えている。
  • 遅刻癖があるため、ジャングルポケットの武山の遅刻癖を改善した方法を取り入れ、一回遅刻する度に相方2人に1万円を払うことになっている。
  • 相方の菅と元相方の畑中しんじろうが仲が良いのを不安に思い、向井にたびたび相談をしている。
  • 単独ライブで「サンキューさん」というコントを行ったときに肋骨を骨折した。その骨が肺に刺さり長期の入院を強いられたが、「お金がない」という理由で無理矢理退院した。その為しばらく左の肺だけが小さかった(myzoロングインタビューより)。
  • 実は足が短い。
  • 弄られた後によく泣きそうな顔をしたり、「涙出てきた」などの発言をするが、向井曰く実際に涙を出しているのは見たことがない。お客さんからもアンケートで「嘘泣きをやめて欲しい」と言われた。
  • 自称おしゃれ。自分のファッションに自信を持っており、度々ブランド名を出して自分のおしゃれアピールをするため逆にダサイと周りから弄られている。
  • 向井と共に、Adachildsに所属している。
  • 向井と同じく、ふくよかな女性が好み。エハラマサヒロ渡辺直美のよしログにて、渡辺の彼氏を一般男性から募集する企画に応募したことがある。
  • ダンスの経験がある。
  • Twitterで菅からブロックされている。
  • 女性の局部や汗など一般に汚いといわれるものを舐めるのが好き。ロンドンハーツMAGIC MAILネットムービー版にて自らの性癖として語られている。また、体毛の濃い女性が好み。
  • 来るべきときに備え、菅の女関係を探るため、ときどき菅を尾行している。
  • ジャングルポケットの太田に「背の高いチンパンジー」「パンくん」などと呼ばれている。

サッカー関連[編集]

  • 中学1年のとき、鳴瀬町に隣接する宮城郡松島町のサッカーが盛んな松島中学校に転校した[1](両町はJR仙石線沿い)。
  • 仙台育英(キャンパスがJR仙石線沿いにある)ではサッカーのエースナンバー10番を背負いキャプテンを務めた。同級生に元プロサッカー選手の中島浩司がいる。また、他校にファンクラブがあった。
  • スポーツ推薦で中央大学へ進学しサッカー部に所属。大学時代の後輩に中村憲剛川崎フロンターレ)がいる。
  • 現在もサッカーは得意であり、吉本芸人フットサルリーグ「hype(ハイプ)」では、又吉直樹ピース)がキャプテンを務めるチーム「鴉」に所属している。 シチサンLIVEではサッカーボールの代わりにグレープフルーツでリフティングをし、普通のボール並のリフティングを見せた。

栄誉[編集]

  • 松島町観光親善大使(2014年1月20日 - )[1]
  • よしもと男前ランキング : 2010年第41位、2011年第29位、2012年第21位、2013年第20位。

菅 良太郎[編集]

かん りょうたろう(1982年4月7日 - ) 大ボケ・ネタ作り担当 立ち位置:左

結成まで[編集]

  • 3人全員が、過去にユニットを組んで解散した経験がある。なお、向井のみ前ユニットもトリオだった。同様のパターンを経験しているトリオに、同事務所所属のソーセージ(元金時・秋山賢太、元河井山名・山名文和、元ビンチョウタン・藤本聖)とかつて同事務所にいたにのうらご(元蛇腹・西森洋一、元みかんとんがらし・大林健二(以上、現・モンスターエンジン)、元バースデイ・荒牧周平)、そして人力舎所属の鬼ヶ島(元チャップメン・野田祐介、元アメデオ・大川原篤史、元CUBE・和田貴志)がいる。なお、ソーセージとは「全員の芸歴が異なる」という点でも共通する上、尾形と秋山、菅と山名は(東京NSCと大阪NSCという違いはあれど)それぞれ同期にあたる(向井と藤本では藤本の方が1年先輩)。
    • 向井はかつて、「ブルースタンダード」というトリオで近藤裕希(バース)、小浜隆次(トンファー)と3人で活動していた。また、近藤とは幼馴染であり、ブルースタンダード結成以前には「あじさい公園」というコンビで活動しており、高校時代には「ダブルボランチ」としてスピードワゴンの冠番組「おそらくてぃ〜んずワゴン たかぎまぢる」に出演。現在はほぼ100%菅にネタ作りを任せているが、ブルースタンダード時代は向井がネタを書いていた(myzoロングインタビューより)。また、ブルースタンダード時代には、氣志團の『SECRET LOVE STORY』のPVと氣志團万博2006のオープニング映像の冒頭に出演していた。
    • 尾形はかつて、チョッパーMASAと共に、「グレートホーン」というコンビを組んでいた。解散後からパンサー加入に至るまでは、「サンキュー尾形」としてピンで活動。しかし、ピンがうまくいかず、辞めて地元でラーメン二郎をやろうとまで思っていた。「新宿で菅に偶然会わなければ、今の自分はなかった」と話している。
    • 菅はかつて、同期の畑中しんじろうと共に、「ハイアンドロー」として活動していた。解散後は、同期のジューシーズの単独ライブ程度にしか出演しなかった。
  • 尾形と向井は、それぞれ解散後、菅と組もうと考えていた。最初は菅と尾形が組むことになったが、向井が「僕も入れてください」と言いパンサーが誕生した。尾形は、「向井を入れなかったら自分がツッコミをやらなければいけなくなっていたのでよかった」と述べている。

エピソード[編集]

  • 向井は他の2人に、菅は尾形に敬語を使っている。しかし1番先輩である尾形が他の2人にいじられることが多い。2011年辺りから菅が、2012年に入ると向井までが尾形に対し呼び捨てで呼ぶことが多くなっている。
  • 吉本のルールとして期がばらばらのコンビの場合は一番後輩の期まで先輩が降りてくることになっているため、パンサー自体は11期扱いとなっている。そのためアンダー11などの芸歴が関係したライブなどにも、全員パンサーとして出演している。
  • 最初、トリオ名は「スーパーカブ珍道中」だった。それを向井が先輩である又吉直樹ピース)に話したところ、「本当にそれでええんか」と止められ、パンサーというトリオ名になった。また3人とも又吉と仲が良いと述べている。
  • トリオ名の由来は、尾形の好きな動物がヒョウ、菅が飼いたい動物が黒猫、その時向井が着ていた服がPUMAだったため。
  • 最初の顔合わせの際に、向井が「若者のすべて」を知らないということがわかり、最高のテレビドラマと賞賛している尾形と菅は「若者のすべてを知らないやつとは一緒にできない」と最初の解散話が出た。向井は帰り道レンタルビデオ屋に寄り、その日すべて鑑賞した。
  • ネタ作りはまず菅が基本的な設定や方向性などを決定し、その後向井と微調整を行い、完成してから最後に尾形に見せている。
  • 菅と向井のネタ作りは、ケンタッキーフライドチキンで行っている。
  • 他事務所ライブに参加したときは、尾形の提案によりギャラはじゃんけんで勝った1人がもらっている。しかし提案した尾形が勝ったことがないらしい。
  • 2010年10月13日イシバシハザマのシチサンLIVEにて向井は「パンサーで一番熱い男は菅」と述べている。一緒に行ったツアーの最中2700が喧嘩になった時、泣いて喧嘩を止めたこともあるという。
  • 三人ともビジュアル面に定評があり「三者三様の男前」と称されており向井はマンスリーよしもとPLUSで「無限大ホールモテモテ番長」に輝いた。
  • 「100歳になったら何がしたい?」という質問に尾形は「すもう」、菅は「安楽死」、向井は「まだパンサーでいたい」と答えた。(あした!こうなるテレビより)
  • トリオにキャッチコピーをつける企画の際、決まったのが「尾形がいるから大変だ」だった。
  • トリオ内で誕生日プレゼントをあげ合う習慣がある。向井はこれまでにPSP、ビール券、財布、ポータブルDVDプレーヤー、菅はPSP、カーディガン、尾形はパッキーカード、ボーダーのTシャツなどをもらったと語っており、実際に使用、着用している姿がたびたび垣間みられる。

芸風[編集]

  • 主にコント。頻度は少ないが漫才も行っている。
  • ネタの中では尾形がツッコミをするもの、尺のおよそ半分を二人で進めるものもある。
  • 漫才の立ち位置は向かって左から菅、向井、尾形となる。フリートークの立ち位置も同様である。
  • 3人全員に解散経験があり、3人とも芸歴が違うという共通点から東のソーセージと呼ばれることもある。事務所からは「東のGAG少年楽団になれ」と言われたこともあるという。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

  • ZIP!(日本テレビ) -「笑いの単語チョウ」コーナーに不定期出演

過去の出演番組[編集]

テレビ東京
日本テレビ
中京テレビ
  • フットンダ(日本テレビ系列、2010年12月1日、2013年3月13日)
読売テレビ
  • もうすぐテイクオフ! 鳥人間コンテスト2013(日本テレビ系列、2013年9月1日)
  • iwataniスペシャル鳥人間コンテスト(日本テレビ系列、2013年9月4日)
TOKYO MX
  • U・LA・LA@7(2009年6月9日) - 『よしもとうららちゃん』コーナー
NHK総合
  • オンバト+(2010年5月15日、2010年10月9日) - 戦績1勝1敗 最高441KB(ただし、オフエアだったネタは2010年10月16日に+1枠でオンエア)
NHK教育テレビ
  • 大!天才てれびくん(2012年5月28日、2013年1月7日、1月14日、1月21日、1月28日、2月11日、2月18日、2月19日) - 尾形のみ
  • Rの法則(2012年11月8日、12月5日、2013年3月20日) - 向井のみ
フジテレビ
テレビ朝日
  • One month show(2011年4月24日)
  • さきっちょ☆(2011年7月27日)
  • 潜入パイロット(2011年9月25日)
  • ロンドンハーツ
    • 2011年12月27日、2012年1月24日、5月15日、6月19日、6月26日、12月25日、2013年3月26日 - 尾形のみ
    • 2011年12月27日、2012年6月26日 - 向井VTR出演
  • ロンドンハーツ『3時間半SP~ウラでこんなことやってました2012~』(2012年12月25日) - 尾形のみ
  • ロンドンハーツ『3時間SP~パンサー尾形密着32日間ミュージカルドッキリSP~』(2013年3月26日)
  • ロンドンハーツ『2時間SP~見た目ビューティーカップ』(2013年5月28日) - 向井のみ
  • ロンドンハーツ『パンサー尾形のマル恋愛緊急追試PS』(2013年6月18日)
  • ロンドンハーツ『自惚れ注意!芸人リスペクト番付』(2013年7月23日) - 尾形のみ
  • お笑い芸人と東日本大震災~よしもとあおぞら花月(2012年1月22日) - 尾形のみ
  • ソフトくりぃむ(2012年2月21日) - 向井のみ
  • 『ぷっ』すま(2012年3月24日)
  • 雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!
    • 2012年5月31日「サッカー日本代表応援芸人」 - 尾形のみ
    • 2012年9月28日、10月5日「勉強しかしてこなかった芸人」 - 向井のみ
  • クイズプレゼンバラエティー Qさま!!
    • 2012年9月3日、12月17日 - 向井のみ
    • 2012年12月3日 - 尾形のみ
  • くりぃむクイズ ミラクル9(2012年9月5日) - 尾形のみ
  • くりぃむクイズ ミラクル9 2時間スペシャル(2013年12月11日) - 向井のみ
TBS
仙台放送
  • 仙台放送まつり2012 50LOVE(2012年9月22日)
  • 仙台放送まつり2013 全開!パワフル魂!!(2013年9月28日)
  • 8Bang! : 「カノ☆パン」は狩野英孝とパンサーの冠番組
    • #02 『みやぎ国際交流グルメツアー』(2013年5月25日)[2]
    • #07 『カノ☆パン ~ 宮城県民のお悩み解決スペシャル』(2013年12月28日)[3]
    • #11 『カノ☆パン ~ 狩野 vs 尾形 炎の5番勝負 仙台春の陣』(2014年4月26日)[4]
    • #12 『カノ☆パン ~ 伊達男で行こう! 仙台初夏の陣』(2014年6月28日)
  • あらあらかしこ
    • 2013年9月28日[5]
    • 2014年1月25日[6] - 尾形のみ

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

Web配信[編集]

レギュラー[編集]

過去の出演番組[編集]

舞台[編集]

単独ライブ[編集]

トークライブ[編集]

芝居[編集]

神保町花月
  • 2009年 2月24日(火)~ 3月 1日(日)『ツノ』
  • 2009年 6月 9日(火)~ 6月14日(日)『ディグ!』
  • 2009年 8月18日(火)~ 8月23日(日)『夕立の忘れ物』※主演
  • 2009年10月14日(水)~ 10月19日(月)『「かつて」の意味』
  • 2009年12月 8日(火)~ 12月14日(月)『かわいた血』※主演
  • 2010年 1月30日(土)~ 2月 3日(水)『水面花』※主演
  • 2010年 3月16日(火)~ 3月21日(日)『本番いきます!』
  • 2010年 6月 8日(火)~ 6月13日(日)『ある家庭教師の憂鬱』※主演
  • 2010年 7月 7日(水)~ 7月13日(日)『罪と蜜』※神保町花月3周年記念公演
  • 2010年 9月28日(月)~ 10月 1日(金)『memory』※向井のみ、東京NSC11期生公演
    • バース近藤演じる主人公の幼馴染役。実際に2人は幼馴染である。
  • 2010年12月21日(火)~ 12月25日(土)『バル・ボラーチョの夜は更けて』
  • 2011年 5月24日(水)~ 5月29日(日)『バル・ボラーチョの夜は続く』
  • 2011年 7月 6日(水)~ 7月12日(火)『4~four~(神保町花月四周年記念公演)』※7月9日は公演なし
  • 2011年11月30日(水)~ 12月 4日(日)『電柱の根元における葉巻の存在証明』
  • 2011年12月20日(火)~ 12月23日(金)、25日(日)『バルボラーチョの夜は萌えて』
  • 2013年 2月 7日(木)~ 2月11日(月)『おはなしストーリー物語』
その他
  • 2010年11月11日(木)~ 11月12日(金)『劇団乙女少年団 第十一回公演「ピンクの指輪ちゃん」』(新宿FACE)
  • 『黄金の郷 ~BENKEI外伝~』
    • 2010年11月16日(火)~ 11月17日(水) 豊島区立南大塚ホール
    • 2010年12月 3日(金)~ 12月 5日(日) ABCホール

広告[編集]

キャンペーン・キャラクター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]