ニーベルンゲンの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーベルンゲンの歌写本Cの1ページ目

ニーベルンゲンの歌』(ニーベルンゲンのうた、: Das Nibelungenlied)は、ドイツの国民的英雄叙事詩。英雄ジークフリートの悲劇的な死と、その妻クリームヒルトの復讐劇を描く。 当時書かれた物語は、多くがキリスト信仰や道徳などを説く型どおりの筋書きのものだったが、『ニーベルンゲンの歌』はそのダイナミックなストーリーと登場人物の感情描写の力強さとによって同時代の水準をはるかに超えており、普遍的価値を持つ芸術作品である。

あらすじ[編集]

前編[編集]

ヨハン・ハインリヒ・フュースリー作。殺されたジークフリートと悲しむクリームヒルト

剛力無双の勇者であるネーデルラントのジークフリート王子は、ブルグント王国国王の妹である名高い美女・クリームヒルト姫の噂を聞き、ブルグント国を訪れてクリエムヒルトに求婚した。兄であるブルグント国王・グンテルは凡庸な人物だったが、大力の女傑であるイースラント(アイスランド)の女王プリュンヒルトに求婚していた。プリュンヒルトはグンテルの求婚に「私と武術の試合をし、勝てたなら妻になりましょう」と返答する。

プリュンヒルトはそれまで数多の求婚者と勝負し、相手をことごとく打ち殺していた。本来なら彼女はグンテルが勝てる相手ではなかったが、ジークフリートとグンテルは一計を案じ、ジークフリートは秘宝の「隠れ蓑(着る者の姿を隠すマント)」を身につけて勝負でグンテルに力添えし、プリュンヒルトを打ち負かした。グンテルごときに負けるはずがないと思っていたプリュンヒルトは不本意であったが、約束どおりグンテルと結婚し、グンテルの信頼を得たジークフリートはクリエムヒルトと結婚する。婚礼の夜、プリュンヒルトは寝室でグンテルを押さえつけて縛り上げ、天井からぶら下げてしまった。話を聞いたジークフリートは次の晩、グンテルに化けて寝室にはいり、逆にプリュンヒルトを腕ずくで組み敷く。それ以来、プリュンヒルトはおとなしくグンテルに従うようになった。

吊られたグンテル王。ヨハン・ハインリヒ・フュースリー作 (1807)

数年後、ネーデルラントから里帰りしたクリエムヒルトはプリュンヒルトと互いの夫の上下で言い争いになり、感情的になったクリエムヒルトは、婚礼の次の夜、寝室でプリュンヒルトを押さえつけたのはジークフリートであったことを公の場で暴露してしまう。恥をかかされたプリュンヒルトは自室に逃げ帰り、屈辱の涙を流した。

王妃プリュンヒルトとブルグント王室に加えられた恥辱に、ブルグント国の騎士団は憤激する。重臣ハゲネは、ブルグントの不名誉をそそぐため、ネーデルラントへの報復を計画する。ハゲネは狩猟大会にジークフリートをおびき出し、森の中で不意討ちして謀殺した。さらに、ジークフリートがかつて小人のニーベルンゲン一族を征服して得た莫大な財宝を、クリエムヒルトの手に渡さぬようライン川の底に沈める。

後編[編集]

寡婦となったクリームヒルトに、フン族の国の王エッツェルから求婚の申し出がくる。ジークフリートを忘れられないクリームヒルトは乗り気ではなかったが、ある計画のためにエッツェルとの再婚を承諾する。計画とは、ジークフリートの仇討ちにフン族の武力を利用してブルグント国を滅亡させることであった。

数年後、クリームヒルトは現夫エッツェル王に、友好を装ってグンテル王はじめブルグント国の人々を招待させた。ハゲネはクリームヒルトの意図を疑い反対するが、結局グンテル王とブルグント騎士団は千人の使節団を編成し、フン族の国を訪れる。一行がライン河を渡河するとき、ハゲネはローレライから一行の運命について「1人を除き、全員が死ぬだろう」との不吉な予言を聞く。また東ゴート族の王で当時フン族の客分だった勇者ベルンのディートリッヒは、クリームヒルトが復讐を企てていることをグンテルたちに警告する。しかし、クリームヒルトはディートリッヒにも、自分の復讐計画に助力するように依頼する。

クリームヒルトはエッツェル王の弟ブレーデリンを買収し、宮殿を訪れ歓迎の宴に出席したブルグント一行を襲撃させる。騙し討ちに気づいたハゲネは刀を抜き、宴席にいたクリームヒルトとエッツェル王の間にできた幼い王子を一刀のもと斬り殺す。かくてブルグントとフン族は完全に決裂し、フン族の同盟軍だったデンマークや東ゴート族をも巻き込む凄惨な殺し合いが始まった。クリームヒルトは宮殿広間の扉を閉じてブルグント一行を閉じ込め、フン族の戦士たちを次々に突入させるが、死に物狂いの反撃の前に家臣団のほとんどを失う。ブルグント側も死闘の中で次々と討ち死にし、広間に立てこもる生き残りはグンテル王とその重臣ハゲネの二人だけとなった。結局、いったん加勢を断ったものの、部下を皆殺しにされたディートリッヒが広間に入り、ハゲネとグンテルを生け捕りにする。

クリームヒルトは地下牢に拘束された、グンテル王の重臣ハゲネに対し、ジークフリートの遺産であるニーベルンゲンの財宝を渡すなら命を助けると言う。しかしハゲネは「グンテル王が生きている限り、財宝のありかは話せない」と拒絶した。そこでクリームヒルトは「二人の命は助ける」というディートリッヒとの約束を破り、自分の兄のグンテル王の首を刎ねさせ、生首をハゲネに見せつけた。ハゲネがそれでも財宝の所在を明かすのを拒んだため、激昂したクリームヒルトはハゲネの持っていた剣を取り、自らハゲネを斬殺した。その剣はジークフリートの形見の剣・バルムンクだった。東ゴート族の騎士ヒルデブラントは、敵ながらも縛られて無抵抗の勇士の斬殺に憤激し、クリームヒルトを斬り殺す。残されたエッツェル王とディートリッヒは、死んでいった多くの勇士たちを思い悲嘆にくれる。

構成[編集]

全39歌章からなる。元々は前編後編と分けられてはいないが、その内容の性質上、プリュンヒルト伝説を元にしている部分(1 - 19歌章)を前編、ブルグント伝説を元にしている部分(20 - 39歌章)を後編と分けるのが一般的になっている。詩節数は写本によって差異があるが、現在もっとも原本に近いとされる写本Bは2379節である。もっとも矛盾・齟齬が多い写本Aは2316節、また写本Cは2440節からなっている。

韻文であり、長い2行詩を2つ合わせた構造で書かれている。1行目と2行目、3行目と4行目で脚韻を踏む形となっているほか、強拍・次強拍の並びにも規則性があり、歌全般でそれら規則が守られている。この構造はニーベルンゲン詩節と呼ばれる独特なものである。そのためリズム感に富むと評されるが、現代語、および他言語への翻訳版では当然ながらこの構造は再現不可能である。

舞台[編集]

ニーベルンゲンの歌は、他の叙事詩と比べて地理的にスケールの大きい作品である。その舞台はライン河畔で、特にヴォルムスを中心としている。クリームヒルトに求婚するジークフリートの故郷はネーデルラント、グンテル王が赴くのはアイスランドエッツェルの治める国はハンガリーとされており、中世文学に類のない広がりを見せている。

また物語の結末がブルグント国の騎士達とクリームヒルトの死によって終わるという徹底した悲劇であるところも同時代の基準から外れている。この点でも古くからある雑多な物語の集成といった作業を通じて成立したことを予想させる。

表題[編集]

中高ドイツ語による原題は、写本によって Der Nibelunge lietDer Nibelunge Nôt の2通りの表記がある。『ニーベルンゲンの歌』とは前者を訳したものであり、後者の場合『ニーベルンゲンの災い』と訳されるべきである。

なお、ニーベルンゲン (Nibelungen) とは本来「ニーベルングドイツ語版英語版」の属格形である。このため『ニーベルンゲンの歌』は、「ニーベルングの」という意味が既にある言葉にさらに格助詞「の」を付けた重言で、誤りであるという意見もある。この考え方から『ニーベルングの歌』あるいは『ニーベルングの災い』と訳されることもある。

表題の由来についてはいくつかの説がある。ニーベルングが、ジークフリートによって滅ぼされた小人のニーベルング族を指すとするならば、物語全体の前史に過ぎない部分(劇中においては過去形で語られるのみである)が題名になっていることになることもあり、論点となっている。

  • 滅ぼされた小人族のことを意味するのではなく、その財宝を持つものをニーベルングと呼ぶのだとする解釈がある。財宝をジークフリートから奪ったブルグント族が後編に入るとニーベルング族と呼ばれるようになっていることなどが根拠として挙げられる。
  • ドイツ語の霧 (Nebel) と関連付けて、ニーベルングを「霧の子」、つまり霧のようにはかなく滅びていくものという意味にとる説もある。

成立と再発見[編集]

叙事詩の成立[編集]

元になったジークフリートの物語は、北欧神話シグルズの物語と起源を同じくし、後半のクリームヒルトの物語は、12世紀ドナウ川流域で作られたとされるブルグント族の滅亡をうたった叙事詩に由来する。

『ニーベルンゲンの歌』は、他の詩篇などとの関わりから1200年から1205年頃に成立したと考えられているが、作者については高い教養をもっていただろうということしか分からない。ミンネゼンガーなのか、騎士なのか、僧侶なのか、今なお判然としない。ただし出身地については、作中におけるドイツ南東部のパッサウからオーストリアウィーン近郊の描写が他の部分に比べ非常に正確であり、またドナウ川などの記述が体験的なものであることから、この一帯出身であるとほぼ確定されている。

現在に伝わっている写本の数から、成立以降この作品はかなりの好評を博していたと予想される。しかし16世紀頃を最後に急速に忘れ去られていった。

再発見と研究[編集]

16世紀頃から、急速に忘れられていた『ニーベルンゲンの歌』は、1755年リンダウの医師ヤーコプ・ヘルマン・オーペライトにより、オーストリア西部フォアアールベルクのホーエン・エムス伯爵の図書館でその写本が再発見された(13世紀末、写本A)。これを皮切りに現在までに完本・断片合わせて30以上の種類が発見されているが、主なものは「ホーエン・エムス・ミュンヘン本」と呼ばれる写本Aを含む3種類である。そのひとつが、1768年ザンクト・ガレンにある修道院図書館から発見された別系統の写本であり(13世紀半ば、写本B)、もうひとつは19世紀半ばに発見された「ホーエン・エムス・ラスベルク本」と呼ばれる、3つの中では一番詩節数が多い写本である(13世紀前半、写本C)。これら3種の写本はABCの順で詩節数が少なく (Aがもっとも少ない)、また同様にAが最も矛盾や齟齬が多い。

『ニーベルンゲンの歌』は一人の作者によって作り上げられたものなのか、複数の人物が作り上げたものが集った結果なのかという問題は、この物語における論点のひとつであった。19世紀はじめ頃カール・ラッハマンは、この作品は複数の人物によって作り上げられたものが集って完成したものだとする「歌謡集積説」を唱えた。一方、アドルフ・ホルツマンやフリードリヒ・ツァルンケはラッハマンとは逆の考えを唱え、この叙事詩は一人の人物によって作り上げられたものであると主張した。

20世紀に入りアンドレアス・ホイスラーはラッハマンの歌謡集積説を否定、「発展段階説」と呼ばれる説を唱えた。これは、物語は主に2つの流れ(プリュンヒルト伝説とブルグント伝説)が別々に段階的に発展した後、ある時期に纏め上げられたものであり、『ニーベルンゲンの歌』自体は一人の作者によって作られたものであるという主張である。この説も推測の域をでていないこともあり、ホイスラーの説が発表された後も、それとは別の成立方法を主張する人物はいるが、現在に至るまでホイスラー以上の説得力を持ちえた説はなく、現在では彼の主張が一般的に受け入れられている。

どの写本が原本にもっとも近いのかという論点については、まずカール・ラッハマンは自身の「歌謡集積説」を理由に、このような成立をしたものは矛盾、齟齬が多いはずであるという考えから写本Aが原本にもっとも近いと主張した。一方、アドルフ・ホルツマンやフリードリヒ・ツァルンケも自身の主張を根拠に、一人で作られたからには最も問題点の少ない写本Cこそが原本にもっとも近いと主張した。その後カール・バルチュ、続いてヴィルヘルム・ブラウネの研究により写本Bがもっとも原本に近いものであるということが明かされ、現在ではこの説が一般的に受け入れられている。日本語訳も写本Bが元となっている。

受容[編集]

成立以後好評を博し、写本が重ねられていた『ニーベルンゲンの歌』は、15世紀初期には断片的にではあるが変容や加筆もあったことがわかっている。写本mに書かれていたと考えられているクリームヒルト救出と竜退治など、ニーベルンゲンの歌以前の伝説においても存在しなかった話が加えられているためである。16世紀頃になると急速に廃れていった『ニーベルンゲンの歌』であるが、ニーベルンゲン伝説としては変容されつつも残っており、16世紀には『不死身のザイフリート』が刊行されている他、多数の作品を作ったマイスタージンガーハンス・ザックスも『不死身のゾイフリート』を作成している。さらに17、18世紀にはより民衆化された『不死身のジークフリート』が刊行されている。このように一般化していく中で韻文から散文になり、神話的な色は薄れ、より現実的、日常的な解釈が目立つようになった。

『ニーベルンゲンの歌』は発見以降しばらくは日陰者的扱いであった。これはドイツが文化的に外国へ追随していた時代であったためだ。1757年にはヨハン・ヤーコプ・ボードマーが、1782年にはクリストフ・ハインリヒ・ミュラーがそれぞれテクストを刊行しているが、大きな反響はなく、それどころかミュラーはそのテクストをフリードリヒ大王に献呈したものの、まったく価値がないと酷評されている。18世紀の終わりからドイツ・ロマン主義運動が起こるとヨハン・ゴッドフリート・フォン・ヘルダーグリム兄弟の活躍により徐々に国内文化を見つめ直す下地が完成していき、またナポレオンのドイツ侵攻によりナショナリズムが興隆していくと「ドイツのイーリアス」と称されるほどの高評価をうけるようになった。20世紀初頭ドイツの作家・文学史家アドルフ・バルテルスde:Adolf Bartels)は、『ドイツ文学史』第1巻で、本作をドイツ人気質を最も完全かつ明瞭に体現した作品と評し、さらに仮にもし歴史からドイツ民族が消え去って、その文学的遺産が僅かだけ残されるとしたら、本作とゲーテの『ファウスト』のただ二書に局限することができる、と賛辞を送っている[1]

ニーベルンゲンの歌にちなむもの[編集]

楽劇[編集]

19世紀ドイツの作曲家リヒャルト・ヴァーグナーはこの物語に取材して、4夜からなる楽劇ニーベルングの指環』を書いた。

なお、ワーグナーの『指環』は、アイスランド・サガの中の、『ヴォルスンガ・サガ』や、『エッダ』の内容も取り入れている。

映画[編集]

1924年、フリッツ・ラング監督、テア・フォン・ハルボウ脚本で『ニーベルンゲン』の題で映画化された。第一部『ジークフリート』、第二部『クリームヒルトの復讐』の二部からなり、総上映時間が5時間近くにもなる一大叙事詩で、ドイツ・サイレント映画の黄金時代を代表する傑作と呼ばれている。

観光街道[編集]

ヴォルムスからオーデンヴァルトにかけては、『ニーベルンゲンの歌』にちなんだ名所が点在しており、これらを結んでヴェルトハイムに至る観光街道が2本あり、一方が「ニーベルンゲン街道」、他方が「ジークフリート街道」と名付けられている。両者を併せて「ニーベルンゲン=ジークフリート街道」と総称する。

これら2つの街道は、2002年に『ニーベルンゲンの歌』800年記念行事として、共通デザインによる『ニーベルンゲンの歌』の様々な場面を象ったモニュメントを街道沿いの街に設置するなどの活動を行い、『ニーベルンゲンの歌』の普及に務めている。

日本語訳[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 相良、1975年。後編 p. 345。

関連項目[編集]