打順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リードオフヒッターから転送)
移動: 案内検索

打順(だじゅん)、バッティングオーダーとは、野球ソフトボールゲートボールクリケットにおいて選手が打撃・攻撃を行う順番のことである。

野球[編集]

概要[編集]

野球やソフトボールでは、試合を始める前に、両チームでそれぞれ、9人の攻撃時の打順と、守備時の守備位置を決定しておく。投手の代わりに指名された選手が打撃を行う指名打者(DH)ルールを使用する場合には、投手の打順の代わりに指名打者とその打順を決定しておく。試合開始時における9人の選手及び指名打者はスターティングメンバー(スタメン)と呼ばれる。また、選手は、チーム内で打順が早いほうから順に、一番打者、二番打者というように呼ばれる。

打順表[編集]

野球の場合、試合開始前に両チームの監督が打順表と呼ばれるものを作成し、打順表に記載されている順番で打撃が行われる。打順表は、以下の手順で審判員に渡され、両チーム間で交換される。[1]

  1. 試合開始5分前に審判員が競技場に入り両チームの監督に迎えられ、両監督は2通の打順表を球審に手渡す。
  2. 球審は、受け取った打順表を確認し、2通が同じであること、打順表に明らかな誤記が無いことを確認する。
# 球審は、1通を正本として手元に残し、もう1通を副本としてそれぞれ相手チームの監督に手渡す。この時点で打順表が確定する

なおNPBでは、試合開始の約40分前に打順表の交換が行われることが慣例となっている。[2]

打順を誤った場合の規定[編集]

打者が打順表の通りに打撃を行わなかった場合、誤った打順で打席に入った打者(不正位打者)が打撃を完了する(走者として一塁に達するかアウトになるか)以前であれば、正規の打順の打者(正位打者)と交替し、ストライクボールのカウントをそのまま受け継いで打撃を継続することができる。

誤った打順の打者が打撃を完了した場合、相手側がこの誤りを発見してアピールすれば、正規の打順にあたる打者がアウトとなる。このとき、誤った打順の打者の打撃によって起こったプレイは全て無効になる。ただし、不正位打者の打席中に起こった盗塁暴投ボーク捕逸による走者の進塁・得点は、打撃とは関係ないので無効にならない。そして、正規の打順にあたる打者の次の打順の打者が正しい次打者となる。

打順の間違いを指摘するアピールは、次の打席に立った打者に対して投球したり、走者に対して牽制球を投げたりするプレイ(ただし、これ以外にアピールプレイがある場合、アピールプレイのための送球などはここでいうプレイには含まない)の前までに行わなければならない。1つでもプレイが行われると、打順を誤った打者の打撃は正当化されてプレイが続行され、アピールしても認められない。アピールがなく打順を誤った打者の打撃が正当化された場合、その正当化された打者が位置している打順の次の打順の打者が正しい次打者となる。


打順に対する考え方[編集]

日本のプロ野球における考え方[編集]

日本においては、各打順について理想の選手像があり、それにチーム内の選手を当てはめるという起用が好まれる。一般的には、一・二番でチャンスを作り、三・四・五番で返すという日本で理想とされる攻撃パターンを実現することを目的として、それに求められる能力を有した選手が当てはめられる(最も、これには例外もあり、特に外国人監督の場合には、こういった日本独特の起用法を用いないことが多々ある)。他のアジア諸国でもこのような考え方が好まれるようである。以下では、一般的な各打順の選手像を述べるが、監督ごとに異なった考えがある上に、必ずしも理想に合致した選手がチーム内に在籍しているとは限らないため、一概にこのとおりの起用になるとは限らない。

一・二番打者[編集]

一番打者はトップバッター[3](和製英語)、あるいはリードオフ・マン、リードオフ


・ヒッターleadoff man, leadoff hitter)とも呼ばれる[4]出塁して、盗塁を決め、そして本塁に生還することが最重要視される[4][5][6]。そのため、高い走力と打撃技術、四球を選ぶ選球眼が求められる[5][6]。その役割から「切り込み隊長」「核弾頭」といった比喩がメディアで使用される。二番打者も同様の傾向があるが、近年の日本のプロ野球ではバントが多用される傾向にあるため、長打はないがバントが上手い技巧派の打者が多く用いられる。

一番打者の役割[編集]

まずランナーとして出ることが最大の役割。イメージとしては打率・出塁率が高く盗塁やゲッツーを崩せる足の速さが求められるが1、2、3、番にアベレージを置き4、5番にホームランバッターを置くより1、4、6にホームランバッター

を置き上位打線・下位打線問わずホームラン・長打が出るように目論む作戦もあるので強打者かそれともアベレージヒッターを入れるかどうかはチーム・監督次第である。

二番打者の役割[編集]

おおよそ一番とほぼ同じようなイメージが強いがバントが求められ状況に応じてバントエンドランやバスター、あるいはなりふりかまわずピッチャーとキャッチャーの間を転がすだけなどチームプレイに長けた人物が重宝される。一番が出なかったときはアベレージが求められるのである意味一番より負担・苦労が多いと言う意見もある。

三番打者の役割[編集]

大抵のチームではホームランバッターを置く事が多いポジション。チームによっては四番を凌ぐ実力の持ち主がこの打順に入るほど期待が高い。絶対とは言えないが足は基本的に必要無く左右に長打が打てホームランもプレッシャーに負けず放てる文字どおりの強打者がいたら心強い。

四番打者の役割[編集]

日本の野球では最強のバッターを置くイメージが強くチームの花形で打撃の獲得タイトルは大抵は四番であることが多いから強打者として野球に興味が無い者でも誰でも知っているような選手なら年棒を3~4億を越す事も珍しく無い。おおよそは前述の通り三番と役割が被りがちではあるものの期待と知名度を背負って打席に立つ事になるだろう。

五番打者の役割[編集]

チームによっては守備型の選手が選ばれる時もあり1~4番比べると若干地味。しかし重要では無いとはいいきれず4番が失敗した時の備えとしての役割を担う。イメージとしてはやや役割に縛られる事が無く足が早く下位に繋げる選手も良いし3番、4番に次ぐ強打者を置くのもいいだろう。

六・七・八・九番打者[編集]

基本的に一番打者から五番打者のように明確な選手像はないが、九番打者は第二の一番打者であり、六番打者は第二の五番打者であるというように、上位打線のある打順の能力を若干弱めたものを求めるということも多いようである。優秀な打者の多いチームではこの限りではないが、投手・捕手・遊撃手など、打撃よりも守備が優先されるポジションの選手が入ることが多い打順である。そのため、一般的に下位打線と呼ばれる。中でも八番は草野球ライトを守り八番に入る選手がライパチと呼ばれるように長い間もっとも打撃力のない選手が打つ打順とされ、プロ野球でも1リーグ時代には主に投手の打順であった。しかし、近年ではDHを入れない場合、打撃力に関わらず投手が九番を打つようになったため、九番打者がもっとも打撃力のない選手とされている。野球で下位打線でランナーが溜まった時は悩ましい時の一つ。678番には時には球界を代表する程の守備能力の備わった中堅手・二塁手・遊撃手・捕手がいるときもあり代打を送るかは大変悩ましい。しかし二人以上ランナーがいるなら代打ホームランが出たら相手に与えるダメージは計り知れない。当然代打を出した後は守備要員と入れ換える事になる。下位打線と言えども2割2分程度は打てるためこの問題は3~4試合に一回は最低でも起こる為プロ野球の監督でも判断が分かれ采配の腕の見せ所である。逆に不調の場合は下位打線に降格されるケースもある。


六番打者は、筑波大学の研究データによれば[要文献特定詳細情報]四番の次にチャンスで打順が回る確率が高く、打ち損じの少ない打者を入れるのが最適と考え実践する方法もある。もっとも、これは日本プロ野球における統計データを分析したものであり、五番打者に強打者を置くという日本独自の慣習があるからこそ六番打者にチャンスで回るだけであり、六番打者に強打者を配すれば六番打者にチャンスで回る確率は減るという指摘もある[7]

投手の打順[編集]

草創期のプロ野球では、投打に秀でた投手が五番などを任されることもあったが、通常は下位打線、とりわけ打撃力のない投手の場合は八番に入っていた。しかし、投手は守備で最も体力を使うため、打席数を減らして負担を軽くしようという意図から、徐々に九番で起用されることが増えた。近年では、投手が九番以外を打つことはほとんどなく、その理由としては、打撃力のない投手の打席数が増えるのは不利であるからとされることが多い。一方で、八番に投手を置き九番に野手を入れることで、一番打者とのつながりを重視する戦法も存在し、川上哲治監督がしばしば導入していた。現在でもたまに見られる戦法である。なお、メジャーリーグにおいて打順を統計的に解析した結果では、最強打者からもっとも遠い打順に投手を置くのが効率的であると言われており、例えば二番打者に最強打者を置くならば投手は七番打者、三番打者に最強打者を置くならば投手は八番打者にすべきであると指摘されている。

アメリカにおける考え方[編集]

メジャーリーグなどでは、打順ごとの特定の印象は薄く、チームの選手構成に応じて最適と考えられる打順を組むことが多い。そのため、チームによって強打の長距離打者が三番であったり四番や二番であったりする。もっとも、日本に比べれば弱いながらも、やはり打順ごとのイメージは存在するようであり、一番や二番には出塁率の高い選手やときには足の速い選手が起用され[4][5][6]、三番に最強打者が置かれることが多い。実際に、メジャーリーグでの通算本塁打上位5人は3番打者としての出場がもっとも多いという数字が残っている。ただ、アメリカでは統計的に最適な打順を研究する学者も数多くいるため、最強の打者の最適な配置は選手構成によって異なり、通常は三番打者、偏った選手構成の場合には二番や四番になることもあるという結論が得られている。また、攻撃力を集中することが効率よく得点するためには最重要とされ、最強打者の前後に強打者を固め(すなわち、三番打者を最強打者とした場合には、二番打者や四番打者に準最強打者を置く)、最弱の打者はなるべく最強打者から遠い打順に置くのが良いとされる。すべての監督がこの結論を信用しているわけではないが、こういった統計的な結果を采配に反映させるチームは増えているため、打順に対するこだわりはなくなりつつあるとする意見もある。

アウトカウントによる攻め方の例。 ここに書かれてある考え方はプロ野球であるかそれともアマチュアのどのレベルや時代に大きく左右され絶対的な物では無いと言える。しかし結論は出ないもののおおよそどこのチームでも一つの指針なっている定石について解説する。 ノーアウト 一番好条件のときである。ランナーが出ていないときは長打やホームランを狙うよりまずランナーを出すことが大事と言われる。何故ならばホームランを打つにしてもランナーがノーアウトで出ている場合最大3回チャンスがあり、ツーアウトの場合は三振に終わった場合後続の打者が居ない為である。そのためプロ野球ではノーアウトでフォアボールをよく起こせる選手はどの打順でも評価される。 どのアウトカウントでも言えるがランナーがいる状態の時はランナーが居ない時より長打やホームランの価値が高い為監督にもよるが長打狙いを指示するケースが多い。 盗塁も悩み所でありアウトカウントが少ないときの盗塁成功は攻めの理想と言われ接戦であればバッテリーはウエストを打撃側は代走や牽制を考える時である。 ワンアウト ノーアウトより条件が当然ながら下がる。しかし守備側はアウトを一つ取っているため気分が楽である。そのためノーアウトよりバントのメリットが少なくかえって成功率を上げる事が出来ノーアウトの時に無いメリットもある。その上ピッチャーにもよるがどちらかと言えばノーアウトの時の方がアウトカウントが少ない時よりピッチャーはピッチングに力を入れる突破口はそこからである。 ツーアウト 次のアウトカウントで終わってしまうじょうたいである。 ランナーが一塁にいる状態は盗塁の絶好の機会であり、ランナーが居ないときでもクリンナップであればランナーを出すメリットが薄い為ホームラン狙いのバッティングをさせおもいっきり打たせるのも良い。下位打線で打力が無く守備型の遊撃手や二塁手で打順が回ってる場合セーフティバントやセーフティスクイズ指示される事もある。



脚注[編集]

  1. ^ 公認野球規則4.01
  2. ^ 試合の基本ルール/野球のルール.com
  3. ^ トップバッターは、転じて、物事を最初に始める人に使用されることもある。日本放送協会の『紅白歌合戦』では、紅組・白組の最初に歌を披露する歌手を「トップバッター」と表現することがある。
  4. ^ a b c lead-off batter” (英語). Baseball Dictionary and Research Guide. 2009年1月4日閲覧。
  5. ^ a b c 谷口輝世子 「First Impact ― リードオフマンのお仕事」 『月刊スラッガー No.22 , 2000年2月号』 日本スポーツ企画出版社、6-13頁。
  6. ^ a b c スラッガー編集部 「Top of the World ― 1番打者タイプ別徹底分析」 『月刊スラッガー No.62 , 2003年6月号』 日本スポーツ企画出版社、36-39頁。
  7. ^ 落合博満 週刊ベースボール2013年12月30日号

ゲートボール[編集]

ゲートボール#戦術を参照。

関連項目[編集]