チャンピオンズカップ (中央競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンピオンズカップ
The Japan Cup Dirt 2013 IMG 1924 20131201.JPG
第14回ジャパンカップダート
主催者 日本中央競馬会
開催地 日本の旗中京競馬場
施行時期 12月上旬
(原則4回中京2日目)
格付け GI
1着賞金 9400万円
賞金総額 1億7940万円
距離 ダート1800m
出走条件 サラブレッド系3歳以上(国際)(指定)
出走資格も参照
負担重量 定量
3歳56kg(12月1日以前の場合は55kg)
4歳以上57kg
牝馬2kg減
第1回施行日 2000年11月25日
テンプレートを表示

チャンピオンズカップChampions Cup)とは日本中央競馬会(JRA)中京競馬場ダート1800mで施行する中央競馬重賞GI競走である。2013年までの名称はジャパンカップダート(Japan Cup Dirt)であった。

正賞は日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。

概要[編集]

日本では1970年代後半より『世界に通用する強い馬作り』が提唱され、1981年に芝2400mの国際招待競走『ジャパンカップ』が誕生した[1]。その後1995年に中央競馬地方競馬の交流が飛躍的に拡大されるようになると、ダートグレード競走で活躍した馬がドバイやアメリカのダート競走に挑戦するようになった[1]。このような状況の中、日本のダート競走においても『ジャパンカップ』と並ぶダートの国際競走を開催しようという気運が高まり、2000年に日本初となるダートの国際招待競走「ジャパンカップダート」が東京競馬場のダート2100mで創設された[1]

ジャパンカップダートは2007年までジャパンカップの前日(2004年は同日)に施行されていたが、2008年から施行時期を繰り下げ、施行場も阪神競馬場のダート1800mに変更された[1][3]

2014年は施行場を中京競馬場のダート1800mに、名称も「チャンピオンズカップ」に変更[4]。国際招待制も廃止し、他の競走と同様の国際競走となる予定[4]。なお、回次は2014年が第15回とされており[5][6]、ジャパンカップダートから引き継いで通算される。

外国招待馬の出走枠は創設当初6頭までだったが、2001年から8頭までとなった[1]2008年からジャパン・オータムインターナショナルに指定されている。また、一定の実績を持って参戦した外国招待馬が3着以内に入着した場合に褒賞金が支給される制度がある[7]

2013年度現在の賞金総額は2億4800万円で1着賞金:1億3000万円、2着賞金:5200万円、3着賞金:3300万円、4着賞金:2000万円、5着賞金:1300万円と定められており、これは国内の全ダート競走において最高賞金額となっている。

出走資格[編集]

  • サラ系3歳(旧4歳)以上の馬
    • JRA所属馬
    • 外国調教馬(最大8頭まで)
    • 地方所属馬
    • 出走制限頭数は最大16頭。

日本馬の出走権[編集]

  • レーティング上位5頭に優先出走権が与えられる。
  • その他は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる[註 1]

国際招待[編集]

国際招待競走であった2013年までは、招待決定は例年10月下旬から11月上旬に行われていた。なおジャパンカップと異なり指定レースの優勝馬(レースによっては2着馬も)に対しての優先出走権の付与は2010年現在行われていない。

負担重量[編集]

  • 定量
    • 3歳:56kg(開催日が12月1日以前の場合は55kg[註 2]
    • 4歳以上:57kg
    • いずれも牝馬は2kg減

賞金[編集]

回(施行年) 総額賞金 1着 2着 3着 4着 5着
第1回(2000年) 2億4,800万円 1億3,000万円 5,200万円 3,300万円 2,000万円 1,300万円
第2回(2001年)
第3回(2002年)
第4回(2003年)
第5回(2004年)
第6回(2005年)
第7回(2006年)
第8回(2007年)
第9回(2008年)
第10回(2009年)
第11回(2010年)
第12回(2011年)
第13回(2012年)
第14回(2013年)

褒賞金制度[編集]

ジャパン・オータムインターナショナルシリーズとなった2008年より、指定の海外レースに優勝もしくは2着になった競走馬がその年の当競走に出走し優勝した場合には優勝賞金に加え褒賞金を交付している。また2009年5月の改定で範囲が拡大され、3着までに入着した場合にも褒賞金が交付されることとなった。しかし、2011年に減額されてしまった。なおケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークストラヴァーズステークスの4レースは3歳馬によるレースでそれ以外は古馬混合レースである。今なお、2010年現在で制度導入後に褒賞金を獲得した事例はない。

現在の指定競走・金額は以下の通り[8]

2012年現在
開催国・競走名 格付 施行競馬場 施行距離 指定年
1 アラブ首長国連邦の旗ドバイワールドカップ G1 メイダン競馬場 オールウェザー2000m 2008年 -
アメリカ合衆国の旗ブリーダーズカップ・クラシック G1 持ち回り ダート10f
アメリカ合衆国の旗ケンタッキーダービー G1 チャーチルダウンズ競馬場 ダート10f
2 アメリカ合衆国の旗サンタアニタハンデキャップ G1 サンタアニタパーク競馬場 ダート10f
アメリカ合衆国の旗メトロポリタンハンデキャップ G1 ベルモントパーク競馬場 ダート8f
アメリカ合衆国の旗スティーブンフォスターハンデキャップ G1 チャーチルダウンズ競馬場 ダート9f
アメリカ合衆国の旗ゴールドカップ G1 サンタアニタパーク競馬場 ダート10f
アメリカ合衆国の旗ホイットニーハンデキャップ G1 サラトガ競馬場 ダート9f
アメリカ合衆国の旗パシフィッククラシックステークス G1 デルマー競馬場 エコトラック10f
アメリカ合衆国の旗ジョッキークラブゴールドカップステークス G1 ベルモントパーク競馬場 ダート10f
アメリカ合衆国の旗ウッドワードステークス G1 サラトガ競馬場 ダート9f
アメリカ合衆国の旗プリークネスステークス G1 ピムリコ競馬場 ダート9f
アメリカ合衆国の旗ベルモントステークス G1 ベルモントパーク競馬場 ダート12f
アメリカ合衆国の旗トラヴァーズステークス G1 サラトガ競馬場 ダート10f
褒賞金条件
1の競走に当年優勝した競走馬
本競走1着馬 本競走2着馬 本競走3着馬
2008年 1億3000万円 - -
2009年 5200万円 3250万円
2010年
2011年 1億円 4000万円 2500万円
2012年 5000万円 2000万円 1300万円
1の競走で当年2着の競走馬(2012年以降廃止)[註 3]
本競走1着馬 本競走2着馬 本競走3着馬
2008年 5000万円 - -
2009年 2000万円 1250万円
2010年
2011年 4000万円 1600万円 1000万円
2の競走に当年優勝した競走馬(2012年以降は1と同額)
本競走1着馬 本競走2着馬 本競走3着馬
2008年 1億円 - -
2009年 4000万円 2500万円
2010年
2011年 7000万円 2800万円 1800万円
過去
開催国・競走名 格付 施行競馬場 施行距離 指定年 褒賞金条件
日本の旗ジャパンカップダート GI 阪神競馬場 ダート1800m 2008年 - 2009年 日本調教馬を除く前年優勝馬の場合
1着:1億円、2着:4000万円、3着:2500万円

問題点[編集]

ジャパンカップダート創設時のコース(東京競馬場2100m)は世界のダート競走の主流である2000m[要出典]からみると半端な距離(当時はJRAの競馬場にダート2000mのコースは存在しなかったため)で、スタートから第1コーナーまでが短く競走馬の能力以外の有利不利があった。またダートが主流のアメリカでは赤土のようなスピードの出やすいダートが主流だが、日本のダートはスピードが出にくい。2007年に来日したスチューデントカウンシルは時計のかかる馬場向きと見てブリーダーズカップ・クラシックを回避して、このレースに出走した経緯がある[9]

世界各国の一流馬が登録することこそあるものの開催時期が北米勢(およびクールモアグループなど一部の欧州勢)にとっての最大目標であるブリーダーズカップ・クラシックの後ということだけあって、実際に出走することは稀である。ただし近年、アメリカのダートコースにも変化が見られるようになりオールウェザーの競馬場も増えたことからスピードの必要なアメリカ特有のダートに適性がない馬がこのレースを選ぶこともある。また阪神競馬場移転後は1800mという距離で施行されており、中距離馬とマイル馬の両方が出走し易くなっている。

ただし日本馬のレベルの向上とアメリカ勢の惨敗が続いているためアメリカの競馬関係者の中にはジャパンカップダートに出走すること自体が無謀という考えも多くあった[9]。また、根本的な問題として、アメリカの競馬場は全て左回りであることから、右回りの阪神競馬場での開催に疑問の声もあった[11]

実際、2010年(第11回)から2012年(第13回)までは外国馬の出走がない状況が続いていた。このことは競馬新聞「競馬ブック」の週刊雑誌でも度々読者投稿「ファンのページ」でも取り上げられている。

歴史[編集]

第11回ジャパンカップダート
  • 2000年 - 4歳(現3歳)以上の馬による国際招待競走「ジャパンカップダート」を創設、東京競馬場のダート2100mで施行。創設当初の外国調教馬招待枠は6頭まで。
  • 2001年
    • 馬齢表記を国際基準へ変更したことに伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
    • 外国調教馬の招待枠が8頭に拡大。
  • 2002年 - 中山競馬場のダート1800mで施行。
  • 2008年
  • 2014年
    • 「チャンピオンズカップ」に改称するとともに、施行場を中京競馬場ダート1800mに移す。
    • 国際招待競走から国際競走へ変更。

歴代優勝馬[編集]

距離はすべてダートコース。

ジャパンカップダート[編集]

回数 施行日 競馬場 距離 調教国・優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2000年11月25日 東京 2100m 日本の旗ウイングアロー 牡5 2:07.2 岡部幸雄 南井克巳 池田實
第2回 2001年11月24日 東京 2100m 日本の旗クロフネ 牡3 2:05.9 武豊 松田国英 金子真人
第3回 2002年11月23日 中山 1800m 日本の旗イーグルカフェ 牡5 1:52.2 L.デットーリ 小島太 西川清
第4回 2003年11月29日 東京 2100m アメリカ合衆国の旗フリートストリートダンサー 騸5 2:09.2 J.コート D.オニール T.レザーマン
第5回 2004年11月28日 東京 2100m 日本の旗タイムパラドックス 牡6 2:08.7 武豊 松田博資 (有)社台レースホース
第6回 2005年11月26日 東京 2100m 日本の旗カネヒキリ 牡3 2:08.0 武豊 角居勝彦 金子真人ホールディングス(株)
第7回 2006年11月25日 東京 2100m 日本の旗アロンダイト 牡3 2:08.5 後藤浩輝 石坂正 (有)キャロットファーム
第8回 2007年11月24日 東京 2100m 日本の旗ヴァーミリアン 牡5 2:06.7 武豊 石坂正 (有)サンデーレーシング
第9回 2008年12月7日 阪神 1800m 日本の旗カネヒキリ 牡6 1:49.2 C.ルメール 角居勝彦 金子真人ホールディングス(株)
第10回 2009年12月6日 阪神 1800m 日本の旗エスポワールシチー 牡4 1:49.9 佐藤哲三 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第11回 2010年12月5日 阪神 1800m 日本の旗トランセンド 牡4 1:48.9 藤田伸二 安田隆行 前田幸治
第12回 2011年12月4日 阪神 1800m 日本の旗トランセンド 牡5 1:50.6 藤田伸二 安田隆行 前田幸治
第13回 2012年12月2日 阪神 1800m 日本の旗ニホンピロアワーズ 牡5 1:48.8 酒井学 大橋勇樹 小林百太郎
第14回 2013年12月1日 阪神 1800m 日本の旗ベルシャザール 牡5 1:50.4 C.ルメール 松田国英 (有)社台レースホース

記録[編集]

  • レースレコード:1:48.8(第13回優勝馬 ニホンピロアワーズ) - 阪神 ダート1800m[1]

注釈・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この方式の結果、2008年に出走したカジノドライヴは収得賞金が登録した日本馬中最下位であったため本来ならば除外の対象となっていたがピーターパンステークスアメリカ・G2)優勝などの戦績からレーティングで登録馬全体の4位にランクされ出走が可能になった一方、同年ではエスポワールシチーが前哨戦となるトパーズステークス(当時オープン特別・現在のみやこステークス)を制したにも関わらず、賞金面で除外されたという事例がある(同馬は翌年の競走で優勝)。
  2. ^ 1,600m超2,200m未満の競走のアローワンス(アローワンスおよび南半球産馬の負担重量の減量についての項目 (PDF) )が11月は2kg、12月は1kgとなっている。開催日(天災地変その他やむを得ない事由により開催日の日取りを変更した場合における変更後の開催日を除く)が2日以上連続する場合において、それらの開催日の最初の日とその他の日におけるアローワンスおよび南半球産馬の負担重量の減量が当該表に定めるところにより変更されることとなる場合については当該最初の日現在における当該表による重量をもってそれらの開催日におけるアローワンスおよび南半球産馬の負担重量の減量とする。よって、開催日が12月1日2013年はこれに該当する)の場合でも前日の土曜日11月30日と11月なのでアローワンスは2kg。
  3. ^ 2009年までは前年優勝馬には1着:1億円、2着:4000万円、3着:2500万円が交付されていたが、2010年の改定で対象から除外された。
[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 今週の注目レース(第14回ジャパンカップダート) - 日本中央競馬会、2014年6月21日閲覧
  2. ^ 08年JRA重賞日程発表…JCダートは阪神競馬場”. SANSPO.COM (2007年11月20日). 2007年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧。
  3. ^ サンケイスポーツの記事によると、阪神競馬場にはダート2000mの距離設定もあるが1800mにした理由として「ダート2000mの場合はスタート地点が芝コース上になることを理由としている模様」とされている[2]
  4. ^ a b 2014年度競馬番組等について”. 日本中央競馬会 (2013年11月20日). 2014年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧。
  5. ^ 2014年ダートグレード競走の格付けについて”. 地方競馬情報サイト. 地方競馬全国協会 (2013年12月2日). 2014年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧。
  6. ^ JRA60周年記念競走メモリアルホースファン投票を行います”. 日本中央競馬会 (2014年2月10日). 2014年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧。
  7. ^ 「ジャパン・オータムインターナショナル」の勧誘策を強化”. 日本中央競馬会 (2009年5月18日). 2009年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧。
  8. ^ 交付対象競走、指定外国競走、交付対象馬及び褒賞金の額 (PDF) - JRA公式サイト 2011年7月1日現在
  9. ^ a b 週刊Gallop 2007年11月25日号。
  10. ^ 日記・コラム - 武豊公式サイト”. 2014年6月12日閲覧。
  11. ^ 例えば武豊中京競馬場開催が発表される以前の2012年に「そういう(左回りの中京競馬場で開催という)選択肢も考えてほしい」と自身のサイトで記述している[10]
[ヘルプ]

各回競走結果の出典[編集]

netkeiba.comより(最終閲覧日:2014年6月21日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]