武田愛斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛斗(武田 愛斗)
埼玉西武ライオンズ #53
Saitama Seibu Lions Aito Takeda 20220417.jpg
2022年4月17日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市堺区[1]
生年月日 (1997-04-06) 1997年4月6日(25歳)
身長
体重
177 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2017年6月16日
年俸 2000万円(2022年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

武田 愛斗(たけだ あいと、旧姓:大瀧(おおたき)、1997年4月6日 - )は、大阪府堺市堺区出身[1]プロ野球選手外野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

2016年7月15日より登録名を「愛斗」としている[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生の時に浜寺ボーイズで野球を始め、投手遊撃手中堅手としてプレーし[4]、中学生時代は同ボーイズの中学部に所属。2年後輩には後に花咲徳栄高校・西武でチームメイトとなる西川愛也がいる[5]

花咲徳栄高校では1年生時の秋にベンチ入りし、2年生時の春に4番・中堅手を務める[5]。3年生の夏の甲子園では3試合に4番・中堅手として出場、初戦でのランニング本塁打など[6]、計14打数7安打、1本塁打、4打点、打率.500[7]

2015年10月12日のプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから4位指名を受け[8]、契約金4000万円、年俸600万円(金額は推定)で入団[9]。背番号は、浜寺ボーイズでの監督の誕生日5月3日にちなみ、53[10]

西武時代[編集]

2016年はシーズン途中の7月15日に登録名を本名の「大瀧 愛斗」から「愛斗」に変更することが発表された[3]。ルーキーイヤーでは一軍出場は無かったものの、二軍では74試合に出場し打率.201・5本塁打を記録した[11]

2017年は6月15日に一軍初昇格を果たすと[12]翌16日の対中日ドラゴンズ戦で代打でプロ初出場初打席となった(結果は丸山泰資から死球)。7月7日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9番右翼でプロ初のスタメン出場も経験した。7月23日に登録を抹消されるも、8月は二軍で打率.327・4本塁打という成績で8月度の「ファーム月間MVP」を受賞した。ただ、その後右肘の怪我もあって[13]再び一軍に昇格することなくシーズンを終えた。一軍では9試合に出場し5打数0安打に終わったが、二軍では43試合の出場で規定打席未到達ながら打率.358・8本塁打・OPS1.010という好成績を残した[14]

2018年は8月14日にシーズン初昇格となったが[15]、2試合の出場で3打数0安打と結果を残せず、8月17日に登録抹消[16]。以降の一軍昇格は無く、二軍でも99試合の出場でチーム最多の13本塁打を放ったものの打率.250・OPS.681と不本意な成績であった[17]。オフにアジアウィンターリーグへ参加したがインフルエンザに罹って途中帰国となった[18]

2019年は初めて春季キャンプをA班でスタートすると[19]そのまま初の開幕一軍入りを勝ち取った。4月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦では8回から代走で出場すると、延長10回にプロ初安打となる二塁打を放ち決勝点を挙げた[20]。前年より出場機会を大幅に増やし42試合に出場した[21]

2020年新型コロナウイルスの影響で120試合制となる。右足首の捻挫もあって[22]シーズン初昇格が10月30日と遅くなったものの、途中出場で結果を残すと[23]チームのCS進出が懸かった11月8日の対ロッテ戦では8番右翼でスタメン起用された[24]。この年の一軍出場は7試合に留まった。

2021年松井稼頭央二軍監督から春季キャンプB班のキャプテンに指名された[25]。そのまま二軍で開幕を迎えるも4月8日に一軍登録。昇格即スタメンでシーズン初安打を放つと、翌9日の対ロッテ戦でもスタメン出場。2回にプロ初ホームランを放つと[26]、8回にはこの日2本目となる逆転3ランホームランを放った[27]。勝負強いバッティングと高い守備力でスタメンに定着すると8月14日の対楽天戦では好捕でトリプルプレーを成立させた[28]。ただ、後半戦は打撃の調子を大きく落として出場機会が減少し、10月1日に登録を抹消されると[29]、その後はフェニックスリーグへ参加し[30]、再び一軍へ昇格できずにシーズンを終えた。この年は97試合の出場で打率.219・8本塁打・39打点を記録し、外野手としてはチーム最多の96試合に出場した[31]。オフに1260万円増となる推定年俸2000万円で契約を更改した[32]

選手としての特徴[編集]

高校時代の50メートル走のタイムは6秒0[5]、遠投は120メートル[5]

打撃はプロ入り当初からフルスイングを持ち味としていたが、入団から5年間は一軍で結果を残せずにいた[33]。自身のプレースタイルに対して常に自分の考えをしっかりと持ち、信念を持って練習してきただけに大きくフォームを変える選択をすることは難しかったが[34]、一軍で結果を残せない日々から変革の必要性を痛感しており[33]2021年シーズンから二軍打撃コーチに就任した高山久の助言を素直に受け入れた[34]。本人の意識では「バットを振らない[33]」という新たな打撃フォームに取り組んだことで余計な力みが無くなり、飛距離は落ちることなく確実性が向上し、飛躍を遂げた[34]

守備では積極的にチャージをかける場面が多く[35]、肩も強い[36]。その高い守備力で2021年は12球団の右翼手でトップとなるDRS14を記録した[37]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 西武 9 6 5 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 0 .000 .167 .000 .167
2018 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2019 42 57 53 7 8 1 0 0 9 3 0 0 1 0 3 2 0 11 2 .151 .196 .170 .366
2020 7 14 13 0 2 0 0 0 2 3 0 0 0 1 0 0 0 5 2 .154 .143 .154 .297
2021 97 316 292 24 64 18 2 8 110 39 1 2 3 2 13 2 6 60 5 .219 .265 .377 .642
NPB:5年 157 396 366 33 74 19 2 8 121 45 1 2 4 3 16 4 7 80 9 .202 .247 .331 .578
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2017 西武 6 2 0 0 0 1.000
2018 2 0 0 0 0 ----
2019 35 44 1 1 0 .978
2020 6 5 0 1 0 .833
2021 96 154 5 2 3 .968
通算 140 205 6 4 3 .981
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 53(2016年 - )

登録名[編集]

  • 大瀧 愛斗(おおたき あいと、2016年 - 同年7月14日)
  • 愛斗(あいと、2016年7月15日 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 2016プロ野球12球団全選手カラー百科名鑑 廣済堂出版発行(ISBN 978-4-331-80325-7) 87頁
  2. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月6日閲覧。
  3. ^ a b 選手登録名の変更について”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2016年7月15日). 2021年5月8日閲覧。
  4. ^ 西武ドラ4大滝 ビッグマウス始動 オコエ意識「負けている気しない」”. スポニチ Sponichi Annex (2016年1月8日). 2021年5月8日閲覧。
  5. ^ a b c d オリックスが「谷2世」花咲徳栄・大滝リストアップ”. 日刊スポーツ (2015年10月7日). 2021年5月8日閲覧。
  6. ^ 花咲徳栄ランニング弾大滝に監督「前半ガチガチ」”. 日刊スポーツ (2015年8月11日). 2021年5月8日閲覧。
  7. ^ 第97回高校野球選手権 8月11日第4試合結果”. スポーツニッポン (2015年8月11日). 2015年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
    第97回高校野球選手権 8月15日第2試合結果”. スポーツニッポン (2015年8月15日). 2015年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
    第97回高校野球選手権 8月17日第2試合結果”. スポーツニッポン (2015年8月17日). 2015年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
  8. ^ 2015年ドラフト会議 全指名選手”. 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト (2015年10月22日). 2021年5月8日閲覧。
  9. ^ 西武 3位野田、4位大滝、6位本田の入団決定”. スポニチ Sponichi Annex (2015年11月19日). 2021年5月8日閲覧。
  10. ^ 埼玉西武、ドラ4・大滝と仮契約 背番号は53「自分にもチャンス」”. 埼玉新聞 (2015年11月20日). 2021年5月8日閲覧。
  11. ^ 2016年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年12月10日閲覧。
  12. ^ 巨人内海、ロッテ福浦ら登録/15日公示”. 日刊スポーツ (2017年6月15日). 2021年12月10日閲覧。
  13. ^ 西武愛斗ファーム月間MVP「1軍の方で打ちたい」”. 日刊スポーツ (2017年9月11日). 2021年9月17日閲覧。
  14. ^ 2017年度 埼玉西武ライオンズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年12月10日閲覧。
  15. ^ 中日浅尾ら登録、オリックス金子ら抹消/14日公示”. 日刊スポーツ (2018年8月14日). 2021年12月10日閲覧。
  16. ^ オリックスT-岡田ら登録、松坂ら抹消/17日公示”. 日刊スポーツ (2018年8月17日). 2021年12月10日閲覧。
  17. ^ 西武愛斗30万円減、渡辺SDは100倍返しを期待”. 日刊スポーツ (2018年11月18日). 2021年9月17日閲覧。
  18. ^ 埼玉西武が愛斗の帰国を発表 アジアWL参戦も、インフルエンザで離脱”. パ・リーグ.com (2018年12月10日). 2021年9月17日閲覧。
  19. ^ 西武、キャンプ組分けを発表 ドラ1松本航らルーキー5人がA班”. 西日本スポーツ (2019年1月22日). 2021年9月17日閲覧。
  20. ^ a b 西武愛斗プロ初安打がV打、辻監督からは愛のむち”. 日刊スポーツ (2019年4月25日). 2021年5月8日閲覧。
  21. ^ 【西武】220万円アップの愛斗 プロ初安打も「やってきことを出せなかった」 楽天・浅村らと自主トレ”. 日刊スポーツ (2019年12月2日). 2021年9月17日閲覧。
  22. ^ 西武・愛斗 どんな状況でも絶対に“周りに流されない”男/CAR3219フィールドで躍動する若獅子たちVol.11”. 週刊ベースボールONLINE (2020年10月5日). 2021年12月10日閲覧。
  23. ^ 【今季初安打】ライオンズ・愛斗が代打でチャンス掴む”. パ・リーグ.com (2020年11月2日). 2021年9月17日閲覧。
  24. ^ パCS進出へ大一番! ロッテ-西武のスタメン発表”. ベースボールキング (2020年11月8日). 2021年9月17日閲覧。
  25. ^ 西武松井2軍監督、愛斗と佐藤をキャプテン副キャプテンに指名「率先してチームを」”. Full-Count (2021年2月1日). 2021年2月1日閲覧。
  26. ^ a b 西武6年目の愛斗がプロ初本塁打 プロ1号は12試合目で早くも5人目”. Sponichi Annex (2021年4月9日). 2021年4月9日閲覧。
  27. ^ 西武・愛斗、プロ初本塁打含む2発 値千金の逆転決勝3ラン”. Sponichi Annex (2021年4月10日). 2021年4月10日閲覧。
  28. ^ 西武が初回に3年ぶりトリプルプレー完成 浅村の右直を愛斗が好捕、一塁、二塁走者戻れず”. Sponichi Annex (2021年8月14日). 2021年8月14日閲覧。
  29. ^ 西武、愛斗の出場選手登録抹消 7年目の戸川が今季初昇格”. 西日本スポーツ (2021年10月1日). 2021年11月2日閲覧。
  30. ^ 内海、渡部ら26人 西武がフェニックスリーグ派遣メンバー発表”. 日刊スポーツ (2021年10月9日). 2021年11月2日閲覧。
  31. ^ 2021年度 埼玉西武ライオンズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年11月2日閲覧。
  32. ^ 【西武】愛斗は1260万円アップの2000万円でサイン「来年はゴールデングラブ賞を取る」”. スポーツ報知 (2021年12月5日). 2021年12月10日閲覧。
  33. ^ a b c 「バットを振らない」新境地の西武・愛斗が1軍定着へ”. 朝日新聞DIGITAL (2021年5月19日). 2021年12月10日閲覧。
  34. ^ a b c 西武・呉念庭、愛斗“覚醒”の秘密。上本二軍コーチの選手を正しい道へ導く指導法とは?【前編】”. 週刊ベースボールONLINE (2021年8月16日). 2021年12月10日閲覧。
  35. ^ <埼玉西武だより>ライトに打球飛ぶとワクワク 右翼手に定着しつつある愛斗、連日の好守で沸かせる”. 埼玉新聞 (2021年8月29日). 2021年12月10日閲覧。
  36. ^ 「怠慢プレーじゃない…」打者全力も鬼肩チャージ、わずか4秒の高速ライトゴロ”. Full-Count (2021年8月19日). 2021年12月10日閲覧。
  37. ^ 米国データ会社が選ぶ「真のプロ野球ゴールデン・グラブ」受賞者は? “あの”中田翔や西武期待のホープなど驚きの人選に”. THE DIGEST (2021年12月9日). 2021年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]