平成25年台風第27号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台風第27号(Francisco、フランシスコ)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
NASAによる衛星画像(10月19日)
NASAによる衛星画像(10月19日)
発生期間 2013年10月16日21:00
- 10月26日15:00(JST
寿命 9日18時間
最低気圧 920hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55m/s(105kt)
最大風速
米海軍解析)
140kt
死傷者数 1名
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示
進路図

平成25年台風第27号(へいせい25ねんたいふうだい27ごう、〔FRANCISCO、命名国:アメリカ合衆国、意味:男性の名前〕)は、2013年10月16日に発生した台風である。

概要[編集]

10月16日12時[1](日本時間16日21時)、マリアナ諸島の北緯11度30分、東経143度5分で熱帯低気圧から台風になり[2]、当初は南西へ進んだが18日頃から北西に進路を変えた。発生当初は中心気圧1000ヘクトパスカルであったが[2]、18日頃から勢力を強めて19日には920ヘクトパスカルまで成長[1]

台風26号と似た進路をとり、24日沖縄県南大東島西の海上に接近して北北東に進路を変えて[3]日本列島の南の海上を進み、26日6時(日本時間26日15時)に日本の東の北緯34度東経144度付近で温帯低気圧になった[1][4]

進路、状態の経過[編集]


気象状況[編集]

大雨[編集]

この台風と本州の南岸に停滞する前線により、南西諸島と西日本から東日本にかけての太平洋側を中心に広い範囲で大雨、暴風となった[5]

1時間雨量
宮崎県諸塚村(諸塚):57.0ミリ(24日15時48分まで)[5]
24時間雨量
高知県仁淀川町(鳥形山):452.5ミリ(25日6時40分まで)[5]

暴風[編集]

最大瞬間風速
沖縄県南大東村南大東:38.9m/s(24日20時50分)[5]
沖縄県大東村北大東:36.0m/s(24日20時50分)[5]
最大風速
沖縄県南大東村南大東:28.4m/s(24日20時58分)[5]


影響[編集]

北上した台風27号と西日本に停滞していた活発な前線の影響で、大分県佐伯市では23日昼からの24時間降水量が300ミリを超えた。また、津久見市には24日朝に土砂災害警戒情報が出された[6]。沖縄地方などで24日までに船舶174便、航空機22便が欠航[7]、北海道と本州を結ぶフェリーでも商船三井フェリー(苫小牧-大洗)や太平洋フェリー(苫小牧-名古屋)が欠航した[8]

被害[編集]

  • 台風が接近した10月23日以降の大雨と強風などにより静岡県・広島県・香川県・愛媛県・高知県・香川県で住宅の全半壊1棟、一部破損は4棟で、床上・床下浸水は25棟の被害があった。[9]
  • 25日未明には広島県尾道市因島で土砂崩れが発生[10]。付近の住宅に土砂が流れ込んだが、けが人はいなかった[10]。また、東広島市の宮領川では護岸が約10メートルにわたって崩れた[11]
  • 25日15時20分頃、兵庫県香美町山陰本線竹野駅 - 佐津駅間で、幅約1.4m、重さ約3.9tの石が線路上に落下し、特急はまかぜが通る際、接触した[12]。乗客にけがはなかった[12]。台風の影響による土砂崩れとみられている[12]
  • 愛媛県西予市では土砂崩れが発生した[11]
  • 高知県では仁淀川の水位が氾濫注意水域に達し、一部住民が避難した。
  • 25日夜、静岡県磐田市で市街地が浸水し、地元消防員が住民をボートで救助した[13]
  • 25日夜遅く、千葉県成田市で、屋根の雨漏りを修理するため屋根に上っていた男性が雨により足を滑らせ転落し、肋骨を折る重傷を負った[14]
  • 26日6時頃、京都府福知山市由良川にかかる有路下橋の中央部分が流されているのが発見された[15]
  • 26日7時頃、静岡県浜松市中区馬込川で、一人の男性がうつぶせで浮いているのが発見され、死亡が確認された[16]。馬込川は一時氾濫危険水位を超えていた[16]
  • その他、岩手県では1棟が大雨で一部損壊し、北海道登別市ではガードレールが崩落した[17]。日本各地で停電の被害も相次いだ。
  • 台風26号によって土砂災害が発生した東京都大島町では台風27号接近に伴い、25日17時20分、692世帯・1,273人に対して避難指示を出した[18]

脚注[編集]

  1. ^ a b c デジタル台風:台風201327号(FRANCISCO) - 総合情報(気圧・経路図)”. デジタル台風. 2013年10月25日閲覧。
  2. ^ a b 平成25年 台風第27号に関する情報”. 気象庁 (2013年10月16日). 2013年10月25日閲覧。
  3. ^ 平成25年 台風第27号に関する情報 第52号 (位置)”. 気象庁 (2013年10月24日). 2013年10月25日閲覧。
  4. ^ 台風情報 台風経路図 - 台風第27号”. 気象庁 (2013年10月26日). 2013年10月26日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 平成25年台風第27号及び前線による被害状況等について(第5報)”. 内閣府 (2015年11月7日). 2016年9月18日閲覧。
  6. ^ 台風27号、日本列島の広範囲で大雨に警戒:社会:スポーツ報知
  7. ^ 台風27号:大東島、25日朝まで暴風”. 沖縄タイムス (2013年10月24日). 2013年10月25日閲覧。
  8. ^ 台風27号北上フェリー欠航も”. NHK北海道 NEWS WEB (2013年10月24日). 2013年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月25日閲覧。
  9. ^ 平成25年台風第27号及び前線による被害状況等について (PDF)”. 内閣府 (2013年11月7日). 2014年9月21日閲覧。
  10. ^ a b 東日本、今夜から雨が強まる恐れ…台風27号”. YOMIURI ONLINE (2013年10月25日). 2013年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月4日閲覧。
  11. ^ a b 台風27号、土砂災害相次ぐ 兵庫・香美で線路に落石”. 朝日新聞デジタル (2013年10月26日). 2013年11月4日閲覧。
  12. ^ a b c 台風27号:西日本でも被害相次ぐ…特急が落石と衝突”. 毎日jp (2013年10月25日). 2013年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月4日閲覧。
  13. ^ 台風27号:静岡・磐田で浸水被害”. 毎日jp (2013年10月26日). 2013年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月4日閲覧。
  14. ^ 台風27号 成田で男性が重傷 我孫子など380人一時避難”. 東京新聞 (2013年10月27日). 2013年11月4日閲覧。
  15. ^ 台風27号 温帯低気圧に、橋が崩落・冠水被害も”. TBS NEWSi (2013年10月26日). 2013年10月26日閲覧。
  16. ^ a b 氾濫危険水位に…浜松市の馬込川に男性遺体”. 日テレNEWS24 (2013年10月26日). 2013年11月4日閲覧。
  17. ^ 道南、道央で大雨 登別で一時130人避難”. 北海道新聞 (2013年10月26日). 2013年11月4日閲覧。
  18. ^ 平成25年台風第26号による被害状況等について(第32報) (PDF) (消防庁)