石門区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華民国 新北市 石門区
別称: -
Wongwt 富貴角燈塔 (17227480422).jpg
富貴角灯台
地理
Taipei-sekimonkyou.svg
位置 北緯25°03"
東経121°06"
面積: 51.2645 km²
各種表記
繁体字: 石門區
日本語読み: せきもん、せきぼん
漢語: Shímén
注音符号: ㄕˊ ㄇㄣˊ
片仮名転写: シーメン
台湾語: Chio̍h-mn̂g
客家語: Sa̍k-mùn
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 新北市
下位行政区画: 9里124鄰
政府所在地: -
石門区長: 呉嘉榮
公式サイト: 石門区公所
情報
総人口: 12,645 人(2016年1月)
世帯数: 4,312 戸(2016年1月)
郵便番号: 253
市外局番: 02
石門区の木: -
石門区の花: -
石門区の鳥: -

石門区(シーメン/せきもん-く)は台湾新北市市轄区

地理[編集]

石門区は新北市北端に位置し、東は金山区と、西は三芝区と、南は台北市士林区竹子湖とそれぞれ接し、北側は海に面している。

歴史[編集]

石門の名称は清初1694年鄭開極により著された『福建通志』巻5 山川誌の「石門山、旗干石西、一石中空如円門、故名」の記述が初見である。道同石門迅荘と改称され滬尾水師営に帰属した。1871年には『淡水庁誌』の中で「海岸石門」が「淡水外八景」に数えられている。日本統治時代の1920年、台湾に「街庄制」が施行され、石門地区は「石門庄」と命名された。1934年、海蝕作用で形成された石門洞が天然記念物に指定されている。戦後に「石門郷」と改編された。2010年12月25日には台北県が新北市に改編されたことに伴い石門区と改編され現在に至っている。

行政区[編集]

山渓里、石門里、老梅里、尖鹿里、茂林里、草里里、乾華里、富基里、徳茂里

歴代区長[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台2線

教育[編集]

区分 名称
大学 - -
高中 - -
高職 - -
国中 1 新北市立石門国民中学
国小 3 新北市立石門国民小学
新北市立老梅国民小学
新北市立乾華国民小学

観光地[編集]

  • 石門洞風景区
  • 富貴角
  • 白沙湾海水浴場
  • 麟山鼻歩道
  • 青山瀑布
  • 阿里磅瀑布
  • 尖山湖紀念碑
  • 聖明宮千年雀榕
  • 十八王公廟
  • 石門金鋼宮(四面佛)文物館
  • 北海ゴルフ球場

姉妹都市[編集]

日本の旗 日本美浜町
台湾最初の原子力発電所を有す石門郷は、同じく日本最初の商業用原子力発電所を有す美浜町と1988年8月に姉妹都市関係を締結している。