貢寮区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新北市 貢寮区
別称: 仔寮
地理
Taipei-kouryoukyou.svg
位置 北緯25°--"
東経121°--"
面積: 99.9734 km²
各種表記
繁体字: 貢寮區
日本語読み: こうりょう
漢語: Gòngliáo
通用: -
注音符号: ㄍㄨㄥˋ ㄌㄧㄠˊ
片仮名転写: ゴンリャオ
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 新北市
下位行政区画: 11里202鄰
政府所在地: -
貢寮区長: 朱思戎
公式サイト: 貢寮区公所
情報
総人口: 13,293 人(2014年1月)
戸数: 4,451 戸(2014年1月)
郵便番号: 228
市外局番: 02
貢寮区の木: -
貢寮区の花: -
貢寮区の鳥: -

貢寮区(こうりょう-く)は台湾新北市市轄区台湾電力による龍門原子力発電所、いわゆる「第4原発」が建設されていることで知られる。

地理[編集]

歴史[編集]

スペイン人がこの地を「サンチアゴ」と呼んだことから、個々で生活していた平埔族もこれにちなみ、この地を「三貂社」と呼んだ。このほかに、「kivanowan」(基瓦諾灣)との呼ばれることもあた。漢民族の流入は18世紀後半以降である。漢民族により「摃仔寮」と呼ばれるようになった。これは平埔族の一部族であるケタガラン族の言葉で、「獣を捕らえるための罠」を指す「KONA」の漢語訳である。その後、日本統治時代に「貢寮庄」、中華民国の統治下で「貢寮郷」に改称された[1]。さらに、2010年12月15日に上位の地方行政区画である台北県が直轄市に移行し、新北市となったのに伴い、「貢寮区」となった。

行政区[編集]

交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 宜蘭線 貢寮駅 福隆駅
省道 台2線 北部浜海公路
県道 102号線 102甲線 双渓 - 澳底

教育[編集]

区分 名称
大学 - -
高中 - -
高職 - -
国中 1 新北市立貢寮国民中学
国小 5 新北市立貢寮国民小学
新北市立和美国民小学
新北市立福隆国民小学
新北市立福連国民小学
新北市立澳底国民小学

歴代区長[編集]

観光地[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 關於貢寮”. 貢寮区公所. 2011年4月4日閲覧。