バタン諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バタン諸島
ルソン島と台湾の間の諸島

バタン諸島(Batanes Islands)はフィリピン最北部の諸島。ルソン島の北にあり、バタネス州を構成する。南のバリンタン海峡をはさんでバブヤン諸島カガヤン州の一部)が、北のバシー海峡をはさんで台湾がある。

概要[編集]

大きな島はイトバヤット島バタン島サブタン島の三つで、人が住んでいるのもこの三つの島だけである。バタン島北部のバスコが一番大きな町で、マニラからの航空便もあるバタネス州の州都。北から南へ主な島の名を列挙すると以下となる。

  • マヴディス島(Mavudis)・・・同州最北端にしてフィリピン最北端の島。別名ヤミ島(Y'Ami)。バシー海峡をはさんで約110km北には中華民国(台湾)に所属する蘭嶼がある。
  • ノース島(North)
  • マビューディス島(Mabudis)
  • ミサンガ島(Maysanga)
  • シアヤン島(Siayan)・・・別名ディタレム島(Ditarem)。
  • イトバヤット島(Itbayat)・・・人が常駐する島としてはフィリピン最北地である。南北に長く、北部に標高約270mの最高地点がある。南部に小規模な飛行場がある。周囲は崖地となっている。
  • ディオゴ島(Diogo)・・・別名ディネム島(Dinem)。
  • バタン島(Batan)・・・南北に長く、平面は亜鈴形である。北西部に、バスコという町があり、滑走路長約1,200mの飛行場が隣接している。
  • サブタン島(Sabtang)
  • イヴホス島(Ivuhos)・・・別名ボハス島(Vuhus)。
  • デケイ島(Dequey)・・・別名ディアデケイ島(Diadekey)

島々の名前は、グーグルマップグーグルアースから引用した。

関連項目[編集]