ハック・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハック・ウィルソン
Hack Wilson
HankWilsonGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 ペンシルベニア州
生年月日 1900年4月26日
没年月日 1948年11月23日(満48歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 1923年9月29日
最終出場 1934年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1979年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ハック・ウィルソンLewis Robert "Hack" Wilson1900年4月26日 - 1948年11月23日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の野球選手(外野手)。右投げ右打ち。

略歴[編集]

ペンシルベニア州生まれのウィルソンはメジャーデビュー前はボールドウィンの機関車工場で重いハンマーを振るっていた。それによって、彼の逞しい上半身がつくられた。

1923年ニューヨーク・ジャイアンツでメジャーデビューするも、数年間はマイナーとメジャーを往復する生活を送る。初めの守備位置はキャッチャーだったが足を骨折したのがきっかけで外野手となった。

1925年7月1日20世紀ナショナルリーグ初の1イニング2本塁打を放ち、同年オフにカブスに移籍、名監督ジョー・マッカーシーのもと強打者として実力を発揮。移籍1年目は打率.321、21本塁打、109打点で本塁打王を獲得。1928年まで3年連続本塁打王のタイトルを獲得し、『ナショナルリーグルース』と呼ばれた。1929年には打点王を獲得し、チームを12年ぶりのリーグ優勝へ導いた。

1930年、チーム打率が.309(ナショナルリーグ全体でも.303という脅威の打者天国だった)という状況の中、ウィルソンはナ・リーグ新記録(当時)の56本塁打を記録、あわせて1927年ルー・ゲーリッグが記録した175打点の大リーグ記録を更新し、191打点を記録した。

1931年ロジャース・ホーンスビーが兼任監督に就任した頃から成績は下降し、オフに放出。その後ドジャースフィリーズに移籍しても、二度と1930年のような打棒は蘇らなかった。1934年に現役引退。

引退後、1941年からはボルチモアに居住[1][2]。軍需工場勤務を経て市の公園管理部で働き、最後は市営プールの管理人を務めていた[1][2]1948年11月23日、体調を崩して入院していたボルチモアの市立病院で死去。死因は肺炎様症状の合併症による内出血[1][2]。晩年は生活苦で、ナ・リーグが葬儀代を送るほどだったという。

1979年に、ベテランズ委員会によってアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

特筆[編集]

ニックネームの"ハック (Hack) "には諸説あり、小柄ながら筋肉質な体型 (168センチ・86キロ) から、ロシア出身で当時のレスリング世界王者ジョージ・ハッケンシュミットになぞらえて付けられたという説や、1920年代前半にカブスでプレーしていたハック・ミラーから取られたという説などがある。

1931年から成績が急降下したのにはウィルソンの飲酒癖が原因にあったといわれている。
当時の監督ジョー・マッカーシーは、ナショナルリーグの首脳陣が「アメリカンリーグベーブ・ルースの活躍で観客動員数を伸ばしている。ナショナルリーグルースのような本塁打を量産できるバッターが欲しい」と日頃から言っているのを受けて、ウィルソンを『ナショナルリーグルース』にしようと懸命に指導した、指導の甲斐もあり1930年の大活躍に繋がることとなるのだが、その大活躍を果たしたことが、かえって彼のプレッシャーとなっていった。元々小心者だったウィルソンは、アルコールなしでは試合に出られないほど衰弱してしまった。最初はベンチの隅で隠れて飲んでいたが、次第に堂々と試合中にウィスキーをあおるようになり(ウィスキーのボトルを抱えたまま外野の守備に付きその間ずっとウィスキーを飲んでいた、という噂まで立った)、試合進行と共にウィルソンは酔っぱらい、試合が終わる頃には立っているのも精一杯の状態になっていたという。その為、とても試合中とは思えないほど酔っぱらって突っ立っているウィルソンの周りをほかの守備陣が必死に走り回っているという異様な光景が繰り広げられたという。

年度別打撃成績[編集]













































O
P
S
1923 NYG 3 10 10 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 -- .200 .200 .200 .400
1924 107 434 383 62 113 19 12 10 186 57 4 3 6 44 1 46 -- .295 .369 .486 .855
1925 62 206 180 28 43 7 4 6 76 30 5 2 4 21 1 33 -- .239 .322 .422 .744
1926 CHC 142 613 529 97 170 36 8 21 285 109 10 -- 9 69 6 61 -- .321 .406 .539 .944
1927 146 646 551 119 175 30 12 30 319 129 13 -- 18 71 6 70 -- .318 .401 .579 .980
1928 145 623 520 89 163 32 9 31 306 120 4 -- 24 77 2 94 -- .313 .404 .588 .992
1929 150 670 574 135 198 30 5 39 355 159 3 -- 16 78 2 83 -- .345 .425 .618 1.044
1930 155 709 585 146 208 35 6 56 423 191 3 -- 18 105 1 84 -- .356 .454 .723 1.177
1931 112 458 395 66 103 22 4 13 172 61 1 -- 0 63 0 69 -- .261 .362 .435 .798
1932 BRO 135 539 481 77 143 37 5 23 259 123 2 -- 6 51 1 85 -- .297 .366 .538 .904
1933 117 413 360 41 96 13 2 9 140 54 7 -- 1 52 0 50 8 .267 .359 .389 .748
1934 67 212 172 24 45 5 0 6 68 27 0 -- 0 40 0 33 5 .262 .401 .395 .796
PHI 7 23 20 0 2 0 0 0 2 3 0 -- 0 3 0 4 2 .100 .217 .100 .317
'34計 74 235 192 24 47 5 0 6 70 30 0 -- 0 43 0 37 7 .245 .383 .365 .748
通算:12年 1348 5556 4760 884 1461 266 67 244 2593 1063 52 5 102 674 20 713 15 .307 .395 .545 .940
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はMLB歴代最高

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最多本塁打:4回(1926年 - 1928年、1930年)
  • 打点王: 2回(1929年、1930年)
  • シーズン最多打点:191(1930年)
  • 殿堂入り 1979年

脚注[編集]

  1. ^ a b c "HACK WILSON DIES; BASEBALL STAR, 48", The New York Times, November 24th, 1948.
  2. ^ a b c The Obit For Hack Wilson(上記ニューヨーク・タイムズの記事の写真), 2010年4月19日閲覧.

出典・外部リンク[編集]