鬼畜 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鬼畜 (映画)から転送)
移動: 案内検索

鬼畜』(きちく)は、松本清張短編小説。『別册文藝春秋』1957年4月号に掲載され、1957年12月に短編集『詐者の舟板』収録の1作として、筑摩書房から刊行された。

1978年松竹映画化、2002年テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

東京から急行列車で3時間を要するある地方で、32歳の竹中宗吉は、ようやく、印刷屋の主になるところまで漕ぎつけた。のようなをした妻・お梅との間に、子供はなかった。商売の順調な宗吉は、ある時、料理屋の女中・菊代に惹かれる。何とか菊代を養えそうな気がした宗吉は、彼女と関係を持った。好きな女を囲う身分になれたという充足は出世感に近かった。菊代との間には、3人の子供ができた。しかしその後、近代的な印刷会社の進出や火事により、宗吉の商売は零落する。宗吉から生活費の貰えなくなった菊代が、3人の子を連れて、宗吉の家に乗り込んだため、お梅にも事態が露見する。お梅の仕打ちと女房の前に竦んだ宗吉の腑抜けぶりに、菊代は怒り、出て行ってしまう。

3人の子供が残された。女房の睨む中、子供は、一人ずつ「処分」されていく。

エピソード[編集]

  • 本作は著者が検事の河井信太郎から聞いた話がベースになっており、著者による話のメモが残されている。メモによれば、実際の事件は、骨董屋の男が、妾に3人の子を産ませていたが、商売不振で仕送りができず、妾が子を連れて男の家に来るところから始まり、本妻に子を片付けろと責められる中、殺害・殺害未遂を経て、松崎町で逮捕された男は、在獄中に発狂死し、本妻は、話を聞いた当時ではなお在監中であったという[1]

映画[編集]

鬼畜
The Demon
監督 野村芳太郎
脚本 井手雅人
原作 松本清張
製作 野村芳太郎
野村芳樹
出演者 岩下志麻
緒形拳
音楽 芥川也寸志
撮影 川又昂
編集 太田和夫
配給 松竹
公開 日本の旗 1978年10月7日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1978年10月7日公開。製作・配給は松竹。監督は野村芳太郎。主演は岩下志麻緒形拳。英語題名『The Demon』。現在はDVD化されている。

ストーリー[編集]

舞台は埼玉県川越市。印刷屋を営む宗吉(緒形拳)は、妻・お梅(岩下志麻)に隠れ、料理屋の女中・菊代(小川真由美)を妾として囲い、7年の間に3人の子供を産ませていた。しかし宗吉の印刷屋は火事で設備の大半を失い、再建しようにも得意先の大半を大手の印刷会社に奪われ、融資の都合もつかず火の車。菊代に月々の生活費も渡せなくなっていた。生活に窮し業を煮やした菊代は3人の子を連れ、印刷屋に乗り込んできた。

愛人と隠し子の存在を知ったお梅は激怒し、子供たちの前で菊代と宗吉を攻め立てる。そして翌朝、菊代は印刷屋に子供たちを置き去りにして姿を消した。父として、なんとか子供たちを家に置いてやりたいと思う宗吉だったが、はなから「他人様の子供」など育てる気の無いお梅は、子供たちに鬼のようにつらく当たるのだった。まさに虐待そのものだったが、気弱な宗吉は子供たちに「おばちゃんの傍に行ったらだめだぞ」といい含めるのみだった。

ついに末子である次男・庄二が、お梅による育児放棄の末、衰弱死する。お梅は残りの子供も処分することを宗吉にせまり、宗吉は長女・良子を東京タワーに連れて行き、置き去りにする。さらに長男・利一をも毒殺しようとするものの果たせず、2人で涙に暮れる。

それでもお梅は譲らず、宗吉は息子を連れ、東海道新幹線に乗った。それは利一の死に場所を探すための、あてのない旅だった。やがて能登半島にたどり着き、日本海を臨む岸壁で、宗吉は利一を海に落す。利一は、漁師に助けられ命をとり止めたが、刑事達に事情を聞かれても、黙秘を貫くのだった。しかし利一の持ち物(石版印刷に使用する石材のかけら。利一はこれを石蹴り遊びに使っていた)から足が付き、川越の印刷所に能登の警察が来訪。宗吉は殺人未遂の容疑で警察に拘束される。

刑事に付き添われ、宗吉は北陸の警察を訪れる。自身を崖から突き落とした父を目のあたりにしても、利一は刑事たちに宗吉のことを「知らないおじさんだよ!」と否定する。そんな利一にすがりつき、宗吉は後悔と罪悪感で号泣するのだった。

  • ラストは原作にない映画オリジナルの結末となっている。

キャッチコピー[編集]

  • 弟はきっと星になったんだ
  • 妹はきっとお金持ちにひろわれたんだ
  • 父ちゃんはきっとぼくを殺せないよ

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

  • 野村芳太郎が当初主演に考えたのは渥美清だった。野村によると「平凡で気が弱く、優しくてお人好し。そういう人間が追い込まれて、最後は鬼畜になると言うのがこの作品の主眼。そう考えたときに最初に頭に浮かんだのは渥美清だった」と語っている。しかし、このオファーは寅さんのイメージとの兼ね合いも有り、結局、通らなかったという(映画会社の意向か渥美自身が断ったのかは不明)[2]
  • 緒形拳は最初、宗吉役を相当渋っていたが、仲の良かった車掌役の三谷昇が、シナリオを読み、「こんないい役をやらない役者はないだろう」と言ったことで、決心をつけたという[3]

テレビドラマ[編集]

松本清張スペシャル
鬼畜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:03 - 23:24
放送期間 2002年10月15日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 酒井浩至
監督 田中登
原作 松本清張『鬼畜』
脚本 佐伯俊道
プロデューサー 増田一穂(日本テレビ)ほか
出演者 ビートたけし
黒木瞳
エンディング 安全地帯「出逢い」
(2004年の再放送時は、矢野真紀「夜曲」)

特記事項:
平成14年度文化庁芸術祭参加作品
火曜サスペンス劇場」1000回突破記念作品
2004年3月24日に再放送
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・鬼畜』。2002年10月15日21:03 - 23:24(JST)に日本テレビ系の「火曜サスペンス劇場」枠で放送。舞台は埼玉県川口市に設定。火曜サスペンス劇場1000回突破記念作品。平成14年度文化庁芸術祭参加作品。

のちの2004年3月24日21:00 - 23:24(JST)に、日本テレビ開局50周年記念番組として、『松本清張ドラマスペシャル・鬼畜』のタイトルで再放送されている。現在はDVD化されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
取調室18
(2002.10.8)
松本清張スペシャル
鬼畜
(2002.10.15)
下町・銭湯騒動記
(2002.10.22)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 著者のエッセイ「創作ノート(一)」(江戸川乱歩・松本清張編『推理小説作法』(1959年、光文社)、エッセイ集『随筆 黒い手帖』(1961年、中央公論社)、『松本清張全集 第34巻』(1974年、文藝春秋)などに収録)参照。
  2. ^ 白井佳夫川又昂「松本清張の小説映画化の秘密」(『松本清張研究』第1号(1996年、砂書房)収録)参照。
  3. ^ 「松本清張の小説映画化の秘密」参照。

外部リンク[編集]