電子たばこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
電子タバコから転送)
移動: 案内検索

電子たばこ(でんしたばこ)とは、の代わりに少量の蒸気を吸引する、たばこに似せた吸引器である。また香りや味を風味に加味させた製品やニコチンを含む液体を使用した製品もある。

概要[編集]

専用カートリッジ内の液体を電熱線の発熱により霧状化し、その微粒子を吸引することでたばこの代替とする製品である。いわゆる一般的なたばことは異なり、火気を用いない上に、燃焼に伴うタール一酸化炭素なども発生しない。また、たばこの先端から副流煙が発生しないため、他人に迷惑をかけず自身の健康を害することもないたばこ代替製品として、2008年頃から日本国内においてもメディアなどで取り上げられている。

形状は葉巻型、パイプ型、紙巻煙草型など様々なものがあるが、構造的にはすべてほぼ同じで、「充電式バッテリー」(蓄電池)と「噴霧器としての本体」、「希釈液を含んだカートリッジ」(風味)から構成されている。電池はほとんどのものがリチウムイオン充電池を使用しており、継ぎ足し充電が可能である。

カートリッジをケースから取り出して充電済みの電池本体と共にカートリッジにセットし、手動タイプではスイッチボタン、自動タイプでは吸い口から吸引すると自動的に気流センサーが反応して、カートリッジ内の液体を霧状化、吸い口から霧状の希釈液を噴出する。これは吸引した程度では霧状のままのため、そのまま吐き出すと実際の煙のようにみえる。これを肺まで深く吸引した後に吐き出しても実際の煙草同様に煙がみえる[1]。これは噴射された霧状の粒子が煙草の煙の粒子とほぼ同じ大きさのため、水分吸収されにくく、長く残るためである。また、色や煙(霧状)の状態や、長く煙(霧状)が空気中に漂ってみえるのも実際の煙と同様であるのはそのためである。また、吸引すると同時に先端の赤色LEDが発光し、本当に火をつけて吸っているようにみえる。

カートリッジあるいは詰め替え用の液体は、ニコチン含有量によって数種類用意されている。ニコチンを含まないものもある[2]。また、ニコチン量以外にも、果物の香りといったタバコ以外の香料を配合したカートリッジあるいは液体が用意されている製品もある。電子たばこは普通のたばこでも禁煙具でもない1つの嗜好品であるが、このような性質上禁煙に利用することもできるとされている。一般的な禁煙プログラムはニコチンの多いカートリッジから始め、徐々にニコチンの少ないカートリッジへ移行し、最終的にはニコチンを含まないカートリッジに移行することでニコチン依存から効率的に脱却できるというものである。

日本国内での使用注意点について[編集]

日本国内では中国製の製品がいくつかの輸入代理店などを経由して販売されているが、ニコチン入りの電子たばこを国内で販売することは薬事法に抵触するため、国内の業者が販売している製品はそのすべてがニコチンなしのものである。オークションなどでニコチン入りの電子たばこが売られていることもあるが、上述のように薬事法に抵触するので、自身の所有する電子たばこを人に譲渡したり売ったりしたいと考える場合には注意が必要である。ニコチン入りの電子たばこを入手したければ海外ショップから個人輸入をしなければならない[3]

また、たばこではないため公共の禁煙区域においての使用は厳密にはルール違反ではないが、現在はまだ電子たばこそのものの一般への認知度は低く、公共の場での使用は周囲の人に誤解を与えるおそれがある。職場や公共の場において使用する際には周りの人にまず理解を求めることが必要である。(電子たばこの取扱説明書には公共の場での使用は控える様に記載されている)

北海道旅客鉄道(JR北海道)は、2009年4月30日、列車内(白鳥など道外直通列車は除く)や駅施設内の禁煙エリアにおいて電子たばこの使用禁止を発表し[4]、翌5月1日より実施された。

購入・使用に関して[編集]

基本的に本物のたばことは異なるが、ニコチンが含まれているものについては未成年者や妊婦、授乳中の女性、その他喫煙経験のない者や医師から喫煙を禁止されている者等の利用は不適切である。

禁煙効果[編集]

ニコチンは身体的依存と精神的依存がある。販売業者によってはその禁煙効果を大きくうたっている所もあるが、基本的に、ニコチンなしの電子たばこについては香料の含まれる気体を吸うのみであるため、身体的依存によるニコチン摂取量低減などの医療的な効果はほとんど期待できず、口寂しさを紛らわす精神的依存の解消効果に留まる。

有害性へ賛否[編集]

一部の業者が世界保健機関 (WHO) が電子たばこの医療効果についてお墨付きを与えているかのような広告宣伝を行っていたため、一部報道によると、WHOは2008年9月にこれを否定し電子たばこによる吸引に対し疑問を呈し、一部の粗悪な製品には毒性のある物質が含まれている可能性もあると注意を呼びかける声明を出している[5]。いずれにしても、深刻なたばこ依存を改善する禁煙治療には禁煙外来などの専門医へ相談することが推奨される。

電子たばこが喫煙具だけではなく、ニコチン無添加の風味を楽しむカートリッジがあり各種菓子味など未成年者にとっても魅力的な風味があることも議論の対象となっており、専門筋は喫煙に向かわせるきっかけになると危惧している[誰?]

この問題に関連して、アメリカ食品医薬品局 (FDA) は一部の電子たばこに発がん性物質をはじめとする毒性物質が含まれることを報告書内で示している。また、WHOおよび米国疾病管理予防センター (CDC) は若年者の使用においてニコチン依存の増大と喫煙に向かわせるリスクを懸念していることが示されている[6]。この問題に際して、FDA筋は(中国産食品の安全性のような)品質管理の杜撰さからか来るものだとみている。この見解に関して米国肺協会 (ALA) は支持を表明しており、FDAの承認が出ない限りはそれら製品を販売すべきではないという意見を示しており、また、FDA側でもこういった安全性の懸念から2009年7月時点ですでに50件が検査中を含め出荷を足止めさせていると発表している。この問題では発売元(の一つ?)であるSmoking Everywhere社が同4月よりFDAの出荷差し止めは越権行為だとして法廷で争う姿勢もみせるなど、注目も集める。

米フロリダ州の男性(57)が電子たばこを吸っていたところ、電池が爆発する事故が起きた。前歯が折れ、舌の一部がちぎれるなどの大けがをしたという[7]

法律上の観点[編集]

法律上は特に定義されていないが、電子たばこの使用は喫煙行為に準ずるとして未成年者への販売を控える店もある[8]

脚注[編集]

  1. ^ 煙が不完全な製品ではみえにくいものも存在する。
  2. ^ 国内で流通している製品は薬事法に抵触するため、ニコチンを含まない。
  3. ^ ただし薬事法により、ニコチン入りのカートリッジや液体の輸入は1ヶ月の個人消費量以内と制限されている。
  4. ^ “「電子たばこ」のご使用制限について” (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年4月30日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090430-1.pdf 2009年9月17日閲覧。 
  5. ^ 共同通信社 (2008年9月20日). “「電子たばこ」にご用心 安全確認されずとWHO”. 47NEWS. http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008092001000030.html 2009年9月17日閲覧。 
  6. ^ HealthDay News (2009年7月29日). “電子たばこの有害性をFDAが警告”. いきいき健康 (日本経済新聞). http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20090730hj000hj 2009年9月17日閲覧。 
  7. ^ 朝日新聞 (2012年2月16日). “電子たばこ爆発、舌の一部ちぎれる大けが”. 国際 (朝日新聞デジタル). http://www.asahi.com/international/update/0216/TKY201202160158.html 2012年2月19日閲覧。 
  8. ^ 未成年者が電子タバコを吸うのは違法なの?”. シンプルスモーカー.com. 2009年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年9月17日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]