知日派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

知日派(ちにちは)あるいは知日家(ちにちか)とは、日本の社会・文化などに対して深い理解を持つ言動を行う外国人を指す言葉である。一般に「親日」とは区別され、対日強硬派の知日家もありうる。

また、特に国際政治において、日本政府の手法を知り尽くした政権スタッフやタフ・ネゴシエーター(手強い交渉人)、ジャパンハンドラー(日本を飼い馴らした人物。特にアメリカでの用法)を指すことが多い。この意味での知日派の代表としてリチャード・アーミテージマイケル・グリーンジョセフ・ナイカート・キャンベルらがあげられる。

中国や韓国でも用いられる語句であるが、特に韓国の場合には「親日派(チニルパ)」が売国奴と同義になるため、「知日派」が用いられる(詳しくは当該ページを参照のこと)。政治とは無関係に日本文化に熱中する人々は中国・台湾では「哈日族」、韓国ではやや軽蔑的に「イルパ」と呼ばれる。

このページでは「親日家」もまとめて記載する。

知日派として知られる著名人[編集]

欧州[編集]

フランス[編集]

ジャック・シラク (Jacques René Chirac)
フランス第五共和政の第5代大統領。大の日本贔屓で、公務以外にプライベートで何回も来日している。大の好角家でもあり、愛犬に「スモウ」と命名している。また、本場所開催中には執務を執るエリゼ宮に、駐日フランス大使館から連日大相撲の結果を詳細に報告させているほか、時にはわざわざ来日して枡席から観戦する。大統領就任前のパリ市長時代には、日本テレビ系クイズ番組『第9回アメリカ横断ウルトラクイズ』の決勝地として積極的にパリ市への誘致を行ったほか、1986年大相撲のパリ公演に際しても自ら主催し、1995年に再度行われたパリ公演に際しては、今度はパリ市長を押しのけフランス大統領として自ら主催者になった。また、土偶埴輪の相違点について専門家並の説明ができる。
アンドレ・マルロー
フランスの作家政治家
エドモンド・ゴンクール
フランスの研究家。日本美術の研究家で、フランスの芥川賞に相当するゴンクール賞を創設。自らジャポニスムの先駆者を自任した。
クロード・レヴィ=ストロース
フランスの社会人類学者。幼少時にジャポニスムに触れてから晩年まで、日本の工芸品や美術品を愛好した。日本文化に深い関心を寄せ、日本を世界の中で強い独自性を持つ文化圏として「日本文明」と位置づけた。日本の仏教の受容のあり方(神道との共存)を高く評価し、自らも仏教を受け入れていた。数度来日し、1993年には勲二等旭日重光章が授与されている。

ドイツ[編集]

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト
ドイツの医師博物学者。長崎に私塾鳴滝塾をつくった人物。オランダ商館医の身分で赴任したため、オランダ人のふりをしていた。

北米[編集]

アメリカ[編集]

エドウィン・O・ライシャワー
アメリカの東洋史研究における第一人者。東京都(旧東京府)生まれ、妻は日本人。1961年から1966年まで、駐日大使を務め、退官後も日本及びアジア研究者として日米間を緊密に往復しつつ活躍した。
カート・キャンベル
外交官。クリントン政権時代に国防総省でアジア・太平洋担当副次官補、オバマ政権(第1期)に国務省で東アジア・太平洋担当次官補と、一貫して対日問題を扱った。
ジョセフ・グルー
アメリカの外交官。1932年から1941年(日米開戦時)の駐日大使。終戦の際、国務次官(国務長官代理)として日本本土決戦回避、天皇制維持に尽力。占領期も米国対日評議会(American Council on Japan, ACJ)などでの活動を通じて日本の復興路線を支持した。知日派外交官のゴッドファーザー的存在としても知られた。
ジョセフ・ナイ
アメリカの国際政治学者政治家。民主党系であるが共和党系のアーミテージとともに「アーミテージ・レポート」を作成。一時、新任の駐日アメリカ大使として名が挙がった。
マイケル・グリーン
アメリカの政治学者、外交官。日米同盟関係に精通した研究者兼実務家として1990年代より活躍している。
ケビン・メア
弁護士、外交官。妻は日本人。日本社会及び日本人への差別的意識が強い人物であり、歯に衣着せぬ発言がたびたび問題視される。在沖縄総領事在任中からたびたび舌禍事件を起こし、2010年には国務省内でアメリカン大学の学生を対象に講義した際の発言が問題視されて日本部部長を解任され、国務省を依願退官した。

南米[編集]

アジア・ユーラシア[編集]

韓国[編集]

朴正煕
韓国の軍人・政治家、第5~9代韓国大統領として軍事独裁政権を主導。日本の陸軍士官学校を卒業し、満州国軍人になった経歴がある(日本陸軍の経歴はない)。大統領としては、日韓基本条約を結び、日本との国交を回復。韓国が「日本に学び、強国になる」ことを目指した。プライベートでは日本統治時代を評価するなど、韓国の要人としては異例な発言も伝わる。一方で反日的な愛国教育を推進するなどもしており、自身が在日韓国人に襲撃され陸英修夫人が殺害された際(文世光事件)には「日本は赤化工作の基地となっている」と怒りを露わにした。
金大中
韓国の政治家、第15代韓国大統領。朴正煕の政敵であったが、彼もまた日本との関係が深く、朴政権によるテロを逃れて、1972年から1985年まで日本やアメリカで活動を行った。朴政権下のKCIAにより、日本のホテルから拉致監禁されたこともある。大統領としては日本文化の自由化を進め、日本の常任理事国入りに対する韓国の支持を求めたこともある。
金玉均
朴鉄柱
「日本上代文化の研究」「帰化文化の研究」「日本の信仰、道徳等精神文化の研究」を研究主題とするシンクタンク機関韓日文化研究協会を設立。
池明観
日本女子大学で20年教鞭を執り、日韓文化交流会議韓国側座長を務めた。韓国における軍事独裁政権批判でも知られ、「T・K生」の名で『韓国からの通信』を書いたことを告白。
金鍾泌
韓国元首相。長く日韓議員連盟役員をつとめ日韓ロビーの韓国側ロビーを務めるなど対日融和に努めた。学生時代に日本留学を希望し読書家で菊池寛等日本文学にも造詣があった、韓国の政治家としては稀有な知日派であった。引退後には「日本が好きな私。」と発言した事もある。非公式な日本関係者との懇談では流暢な日本語を披露したという。

中華民國(臺灣/台湾)[編集]

蒋介石(蒋中正)
日本の陸軍士官学校の出で、日本語にも堪能であった。戦後処理の相談をフランクリン・ルーズベルトに持ちかけられるなど、連合国軍首脳随一の知日派として知られた。日中戦争では当初は国共内戦での勝利を優先していたが、中途から徹底抗戦に転じ、対日協力者の粛清など強硬戦略を敷いて、連合国の一員として日本に対し勝利した。戦後は「徳を以って恨みに報ず」という声明を出し、復員を円滑に進め、日本における親中・親台湾派の形成に寄与した。台湾での独裁政権時では、知識階級を大量虐殺し、日本語の使用を完全に禁止するなど日本色の一掃を図ったため台湾の本省人には評価が低いが、総統代理として息子の蒋経国明治神宮へ公式参拝させるなど,日本と良い関係を維持した。
李登輝
日本の植民地時代に教育を受けた世代(日本語世代)の代表格といえる人物。太平洋戦争では高射砲を扱っていた。彼は四つの言語に堪能であり、日本語、台湾語、英語、北京語(國語)の順に得意とされる。自らを「半日本人」と言ってはばからず、新渡戸稲造の武士道の研究、靖国神社参拝の全面支持や台湾における日本の植民地政策を高く評価するなどし、日本の保守系のメディアに登場することが多い。一方、前総統という立場にありながら過度に親日であるとして、台湾や中国では売国奴と罵られることがある。
謝長廷
李登輝と同じく京都大学への留学歴があり、対日関係を重視していることから知日派といわれる。

中国[編集]

周恩来
日本留学の経験がある。日中国交回復の際田中角栄らをもてなし、後の日本の政界に影響力を持つ親中派を作り上げることに一役買った。
胡耀邦
改革開放の一環として日本との関係を深めることに腐心した。靖国神社を公式参拝していた中曽根康弘は、「向こうの親日派(胡を指す)が失脚されるのはごめんだ」という理由でとりやめたことがある。
趙紫陽
胡耀邦の後継者として日本では親日家のイメージがあり、日本への友好的な態度が失脚の一因と考えられている。
鄧小平
1978年の日中平和友好条約締結時に来日し工業地帯等を視察した際に日本の技術水準、生活水準の高さに驚愕し「日本は世界史上で最も成功した社会主義国だ。」と述べ、その事が後の改革開放路線に繋がったと言われる。ただし実権を握っていた後期は南京事件資料館をオープンさせるなど次第に反日路線にシフトし自らの後継者にも対日強硬派の江沢民を指名した。
胡啓立
曽慶紅
李克強
北京大学の学生時代から日本を数回訪問し、複数の政治家の自宅にホームステイをした経験も持つ。
唐家璇
王毅
武大偉
程永華
劉洪才
孫平化
王暁雲
蕭向前
張香山
郭沫若
孫文
康有為
愛新覚羅善耆
愛新覚羅溥傑
愛新覚羅憲奎(金壁東)
愛新覚羅顕シ(川島芳子)
梁啓超
宋教仁
汪兆銘
アグネス・チャン
香港生まれの女性アイドル・慈善活動家。初代日本ユニセフ協会大使。日本における児童ポルノ禁止運動などの性表現規制に取り組み、ニュージーランドアメリカ合衆国台湾など各地で活動。特に安倍晋三をはじめとする自民党政治家との親交が深い。

参考文献[編集]

  • 中田安彦副島隆彦『ジャパン・ハンドラーズ―日本を操るアメリカの政治家・官僚・知識人たち』(日本文芸社)

関連項目[編集]