エドモン・ド・ゴンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドモン(左)、ジュール(右) ナダール撮影

エドモン・ド・ゴンクール(Edmond de Goncourt、1822年5月26日 - 1896年7月16日)はフランスの作家、美術評論家

ジュール・ド・ゴンクール(Jules de Goncourt、1830年12月17日 - 1870年6月20日)と共同制作したゴンクール兄弟として著名である。兄弟の共同作品で約30冊の小説、歴史書などを公刊した。

末期の結核により、40才の若さで弟ジュールが病没した時は、兄エドモンは筆を取れないほどだったが、弟の遺稿を添削する事などで徐々に立ち直り、没する寸前まで小説や評伝、美術評論など約10数冊の作品を著述した。

1851年から共作で書かれ始めた『日記(Journal des Goncourt)』が著名。19世紀フランス文壇のみならず社会全般にわたり、赤裸々に書かれている。晩年(1887年から1896年、全9巻)に、一部が公刊され反響が大きかった。交流相手の作家はフローベルゴーティエバルザックサント=ブーヴなどである。

没後60年を経た1956年に、完全版を刊行しようとしてアルフォンス・ドーデ(晩年に、弟のように接し、その邸宅で急逝した)の子孫から、訴訟沙汰起され一時取り止めになったが、後に公刊された。日本人ではパリ万国博覧会関係で、総理大臣に就いた西園寺公望松方正義等が登場する。

晩年は歌麿北斎等の浮世絵を始めとした近世日本美術の紹介に務め、ジャポニスムの興隆に多大な役割を果たした。これには越中富山高岡出身の画商林忠正の協力が大きく、『日記』にも多く登場しており、また永井荷風『江戸芸術論』(新版岩波文庫)にも、紹介文「ゴンクウルの歌磨及北斎伝」がある。

没後遺言により遺産を基に、文学賞としてゴンクール賞が創設され、1903年にアカデミー・ゴンクールが発足した。

著作[編集]

弟ジュールとの共同執筆[編集]

  • "Sœur Philomène"(1861年
  • 『ルネ・モープラン』"Renée Mauperin"(1864年
  • 『ジェルミニー・ラセルトゥー』"Germinie Lacerteux" (1865年
  • 『マネット・サロモン』"Manette Salomon"(1867年
  • "Madame Gervaisais"(1869年
  • 『日記』"Journal"
日記もジュールとエドモンの兄弟で書いていたが、1870年のジュールの死以降は、兄エドモンが自身の死(1896年)の直前まで記した。
途中でジュールが亡くなったため兄エドモンが完成。

ジュールの死後、エドモンが1人で執筆した作品[編集]

  • "Les Frères Zemganno"(1879年
空中ブランコ乗りの兄弟の物語。
  • La Maison d'un Artiste tome 11881年
  • La Maison d'un Artiste tome 2(1881年)
  • La Faustin1882年
  • Chérie1884年

関連文献[編集]

最終6巻のみ斎藤一郎山田爵訳。1884年まで訳された。初版は鎌倉文庫(全3巻、1947年
全9巻予定だったが、訳者が訳している最中に急逝。原書が不完全な版に拠っている上に誤訳・省略も多いが、全巻揃いの古書は稀少本。
  • 『ジェルミニー・ラセルトゥウ Germinie Lacerteux』(共同作品、大西克和訳、岩波文庫、復刊1993年2010年2月)
田山花袋等、日本の自然主義文学に影響を与えた。初版1950年
  • 『ゴンクール兄弟の見た18世紀の女性』(兄弟の共同作品、鈴木豊訳、平凡社1994年
  • 『ゴンクールの日記』(斎藤一郎編訳、岩波書店1995年
    • 岩波文庫、上巻:2010年1月/下巻:3月-文壇、日本美術関係が中心の抜粋訳。
  • 『歌麿』(隠岐由紀子訳、平凡社東洋文庫2005年
同訳で『北斎』が刊行予定、時期未定。
近年刊行の研究書
  • 宗像衣子『ことばとイマージュの交歓 フランスと日本の詩情』(人文書院、2005年)
  • 小山ブリジット『夢見た日本 エドモン・ド・ゴンクールと林忠正』
高頭麻子、三宅京子訳、平凡社、2006年。著者はフランス人女性の日本研究者。