ラオス料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルアンプラバンでのラオス料理:チェオ・マーク・レン(トマトディップ)、ソームムー(バナナの葉で巻いたもの)、赤米のカオ・ニャオ等

ラオス料理(ラオスりょうり)とは、東南アジアラオス料理である。他の東南アジア国とは異なり、ラオスではもち米を主食としている特徴があり、もち米は手で食べられる。南姜レモングラスパー・デーク(Padaek)はラオス料理の最も重要な材料。ラオス料理を代表するメニューはラープであり、刻み肉とハーブライムジュースとスパイスから作られる。もう一つのラオスの主要産物はオーラムと呼ばれるスパイシーなハーブと肉を煮込んだ料理である。

特徴[編集]

朝食に食べられる麺等

東南アジア唯一内陸の国、ラオスの料理には、ハーブなど山と川の幸をふんだんに使った素朴でヘルシーな料理が数多くある。 ラオス人の主食はカオ・ニャオ(もち米)で、カオ・チャオと呼ばれるうるち米はごく少数。カオ・ニャオは、鶏、牛、豚などの肉料理や川魚を使った魚料理、パパイヤのサラダなどの野菜料理、ディップ、スープなどのおかずと一緒に食べられる。

ラオス人の主食カオ・ニャオは、ティップ・カオと呼ばれるふた付きの丸い籠に入れて出され、おかずと一緒に、手を使って食べる。

チェオと呼ばれる、炭火で焼いたトマトもしくはナス、唐辛子、コリアンダーから作ったディップはラオスの食卓には欠かせない。

また、ラオス料理には「モック」と呼ばれる、魚(もしくは、魚卵・川海苔)等を野菜・ハープと混ぜて、バナナの葉で巻いて蒸したもしくは炭火で焼いた料理も多い。

材料[編集]

代表な料理[編集]

前菜[編集]

サラダ[編集]

炒め物[編集]

煮込み類[編集]

スープ[編集]

ディップ[編集]

焼き料理[編集]

カレー類[編集]

米料理[編集]

麺類[編集]

肉・魚料理[編集]

蒸らし料理[編集]

デザート[編集]

飲料[編集]

アルコール飲料[編集]

清涼飲料飲料[編集]

外部リンク[編集]