モルディブ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モルディブ料理
ツナはモルディブ料理において中心的な食材の一つである。
モルディブの様々なカレーと、インドのパラーターに似たパロッタ英語版

モルディブ料理モルディブで食されている料理を指す。モルディブの伝統料理は以下の3つの食材もしくはその代替物を主に使用して作られることが多い。

ココナッツ[編集]

ココナッツは胚乳をおろしてそのまま、ココナッツミルクを絞って、そしてヤシ油による揚げ物という形で利用されることが多い。フニゴンディ (Hunigondi) はココナッツをおろすために使用される伝統的なモルディブの道具である。長く低い台座の端の部分にノコギリ状の刃がついたものであり、刃を前にして台座にまたがり、二つに割ったココナッツの内側を刃に押し当てて胚乳を削りとる。フニゴンディでおろしたココナッツは水に浸した後に絞ってココナッツミルク (kaashi kiru)を抽出する。ココナッツミルクは多くのモルディブのカレーなど様々な料理に必要不可欠な食材として利用されている[1]

[編集]

モルディブで最も一般的に使用されるカツオであり、生の状態でも乾燥させて干物にした状態でも使用される。他によく利用される魚としては、タイセイヨウヤイト英語版 (latti)、キハダ (kanneli)、シロスゴ英語版 (raagondi)、メアジ英語版 (mushimas)、カマスサワラ (kurumas)、シイラ (fiyala)などがある。これらの魚は茹でるもしくは加工して利用される。

ツナの加工品の一種モルディブ・フィッシュ英語版は、一部分を切り出すか、鰹節のように削って使用される。カレーには、生もしくはまだ柔らかいモルディブ・フィッシュを厚さ約13mmに切って使用する。よく乾燥したモルディブ・フィッシュは主にグラー英語版 、カヴァーブ(kavaabu)、バジヤー (bajiyaa インドサモサに似た料理)、ファタフォリ(fatafolhi)などのような軽食をつくるために使用される。他の島嶼地域の民族とは異なり、モルディブ人は生の魚を火を通さずに食べる習慣は持たない[2]。モルディブ・フィッシュはスリランカに輸出され、スリランカ料理にも不可欠な食材となっている。モルディブ・フィッシュを生産した後に残ったツナの煮汁を煮詰めたペーストはリハークル英語版と呼ばれ、米飯やタロイモにつけて食べる他、料理にも用いられる。

炭水化物[編集]

モルディブのデンプンに富む食品には、茹でたり米粉に製粉して食べられるタロイモ (ala)、サツマイモ (kattala)、キャッサバ (dandialuvi)のような芋類、パンノキ (bambukeyo)、アダン (kashikeyo)のような果実がある。

イモやパンノキの実は茹でて食べる。アダンの実はほとんどの場合薄く切った後に生食する[2]

カレー料理[編集]

モルディブ料理で最も重要なカレーは、角切りにしたツナのカレーマス・リハ英語版である。ククル・リハ(Kukulhu riha)は鶏肉のカレーで、魚のカレーとは異なる香辛料の組み合わせを用いる。

野菜のカレーにはナス(bashi)、ヘチマ(tora)、カボチャ(barabō)、ヘビウリ(chichanda)、ワサビノキ(muranga)、未熟なバナナや様々な葉菜が用いられる。野菜のカレーには通常モルディブ・フィッシュを加えてうま味を出す。カレーは普通炊いた米やロシ(roshi チャパティ)と一緒に食べる[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Use of Coconut in Maldivian cooking
  2. ^ a b c Xavier Romero-Frias, The Maldive Islanders, A Study of the Popular Culture of an Ancient Ocean Kingdom. Barcelona 1999, ISBN 84-7254-801-5

外部リンク[編集]