ブルネイ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飲み物として使用されるココナッツミルク

ブルネイ料理(ブルネイりょうり、マレー語:Masakan Brunei)は、東南アジアの1国ブルネイ料理であり、マレーシアシンガポール[1]インドネシアの料理と似ており、それらから強く影響を受けているもので、インド中国タイ日本からの影響もある。その地域で一般的なデンプン食品が多用される一方、牛肉は高価であることからあまり使われない。イスラム教の勢力地域であるため、食事はハラール豚肉は避けられる。アルコールはブルネイでは禁止されている[1][注 1]地方では、野鳥サンバー、ホエジカ(Muntjac)といった野生動物狩猟する。

ブルネイ料理はしばしば辛く、ご飯とともに食べるのが一般的である。牛肉のルンダンナシレマッ、プテリナナス(puteri nanas)がブルネイの人気料理である[2]。数少ないブルネイ独自の料理として、アンブヤットがあるが、これはサゴヤシデンプンからなる粘りのある風味のない塊を製のフォークで絡め取り、すっぱい果物ソースに付けて食べる料理である。

一般的な飲み物ココナッツミルク、フルーツジュースコーヒーである。中国やインドなどの他の文化から持ち込まれた食文化もブルネイでは見られる。例えばムルタバは、インドとの交易によって東南アジアに伝わったとされる。

脚注[編集]

  1. ^ a b Cuisine of Brunei”. ifood.tv. 2010年9月30日閲覧。
  2. ^ Brunei - Cuisines of Brunei”. 1Up Travel (2007年5月17日). 2010年9月30日閲覧。
注釈
  1. ^ 国内での販売はできないが、個人による国外からの持ち込みは、申告すれば認められる。

参考文献[編集]