クウェート料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリヤニはクウェートでも一般的な料理である。
クウェートのシャーワルマー英語版(シャワルマ)
クウェートのサンブーセクサモサに似た料理)

クウェート料理(クウェートりょうり)はクウェートで主に食されている料理を指す。クウェート料理はクウェートの文化において重要な位置を占めている。クウェートの国民食として有名なビリヤニコメ(通常バスマティを使用する)と鶏肉羊肉魚肉野菜香辛料を使用して作る。食事時に客を招待することも一般的である。クウェート料理はインド料理イラン料理地中海料理ナジュド料理などの料理が融合してできている。また、食事の終わりには必ずと言っていいほどデーツと温かいが出される。

クウェート料理のもう一つの大きな特徴としてペルシャ湾の新鮮な魚を使用する点があげられる。食材としてよく使用される魚としては、ズバイディ(Zobaidi、ヒラメに似た魚)や、ハームール(Hamour、ハタの一種)が挙げられる。これらの魚は焼くもしくは揚げて食べるほか、ビリヤニの材料としても使用される。他にも、サーフィー(Safi、アイゴ)、チャナド(Chanad)、ソバイティー(Sobaity、ブリームの一種)などがよく食されている。多くの場合、魚は米とともに出される。

クウェートの伝統的な平パンフブズと呼ばれ、大きな平パンが特製のオーブンで焼かれる。国内には非常に多くのフブズ屋がある。フブズは魚を使用したソースのマヒヤワ英語版とともに供される事が多い。

料理[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DiPiazza (2006) p.57
  2. ^ a b Riolo, 2007, p.23 - 24

参考文献[編集]

外部リンク[編集]