パンジャーブ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンジャーブ料理は、インド北西部からパキスタン北東部にまたがるパンジャーブ地方で生まれた料理である。菜食料理と非菜食料理の両方がある。

料理の背景と概要[編集]

まず、パンジャーブ料理の顕著な特徴の1つに、多種多様な料理が挙げられる。家庭での料理やレストランでのパンジャーブ料理は、非常にはっきりとしている。レストランでは大量のギーバター状に攪拌した物)をバターやクリームと共に惜しみなく使い、家庭料理では、主に小麦,,その他の食材マサラに味付けした物をふんだんに使っている。

しかし、本場のパンジャーブ地方では、違った様相を見せてくる。ラホールアムリトサル地域の人々はパラーターに色々な食物を入れた料理を好む。事実、この地域は乳製品の質の高さで有名である。サルソン・ダ・サーグ英語版やマッキ・デ・ローチと言った料理が、パンジャーブ料理の特に有名な物である。パンジャーブ料理の主なマサラには、タマネギ,ガーリック,ショウガで作られている。タンドールを使った料理は、パンジャーブの中でも非菜食料理として特別に目立つ物となっている。実際に、インドとパキスタンの分断(1947年8月15日)以前には、インドでのタンドール料理は伝統的に、(パキスタンと分断されていない)かつてのパンジャーブ地方で作られていたのである[1]

インド料理の中でも、パンジャーブ料理の食べ物は非インド系の人々に最もよく知られている。タンドールやナン,パコラ,パニールサラダなどは、パンジャーブ料理が発祥である。

パンジャーブ料理で人気のある料理、チキンティッカ
多彩なパンジャーブ料理の数々;左から順に: アルゴビ, シーク・ケバブ, ビーフカラヒ
パンジャーブ州 (インド)のミントパラータ

典型的な料理[編集]

朝食[編集]

非菜食料理[編集]

菜食料理[編集]

カディはガラムマサラとカードおよびバターミルクのカレーである。塩とチリパウダーを混ぜたガラムマサラで作ったフライドパコラが大抵加わる。

パンの種類[編集]

パンジャーブ料理のパンは、味の付いていないふっくらとしたパンである。パンは粉によって違った種類の物があり、作り方も多種多様である:

  1. タンドールで焼いた物としてはナン,タンドールロティ,クルチャ,ラチャパラーターがある。
  2. タワー(インド風フライパン)の上に載せて乾燥させて焼いた物としてはチャパティ,ジョワル・キ・ローチ,バーヤレ・デ・ローチ,マッキ・デ・ローチ(これらのパンはバターやジャムを塗って食べる事が多い)がある。
  3. 生地を薄く延ばして焼いた物にはパラーター, キーマパラーター, ポテトパラーター,ラディッシュパラーターがある。
  4. 生地を膨らませて焼いた物にはプーリー,バトゥーラー発酵食品である)がある。

このうち、ナンは特に有名であり、インド料理のレストランに行くと一番出されるパンである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]