食用キノコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
調理前のマッシュルーム。この他にも多くの種類のキノコが栽培され、食べられている。
バスケットに入った食用キノコ

食用キノコ(しょくようキノコ)は、食用とされる菌類の子実体。子実体が肉眼的な大きさに成長する、いわゆるキノコと呼ばれるものである。地上や地中で生育し、手で収穫することができる[1]。食用可能かどうかは、人間にとっての毒物が含まれているかどうかや、味や香りが好ましいかどうかで決まる[2][3]。ある統計では、食用になるものはキノコ全体の10%以下であろうと言われている[3]

食用キノコは、食用や医薬用として消費される[4]。健康のために食べられるキノコは「メディカルマッシュルーム」として知られている。一方、幻覚催すキノコ(いわゆるマジックマッシュルーム)はレクリエーションや宗教的な目的で食べられることがあるが、これらは深刻な吐き気失見当識を引き起こす場合もあり、一般には食用キノコとは考えられていない[4]

食用キノコには様々な種類が含まれ、自生するものも栽培されるものもある。簡単に栽培できたり収穫できるキノコは市場で手に入るが、トリュフマツタケのように入手するのが難しいキノコは、小規模にしか流通しない。また調理法によっては、ある種の毒キノコも食用になる場合がある。

野生のキノコが食用か否かを判断する際には、しっかりと同定を行わなければならない。確かなの同定は、安全を確保する唯一の方法である。多くの人に安全に食べられているキノコでも、個人によってはアレルギー反応を起こすことがあり、また古くなったり保存状態の悪いキノコが食中毒を起こすこともある。死に至る毒を持つキノコがしばしば食用キノコと混同され、死亡事故が起こることもある。

キノコの利用の歴史[編集]

菌類を食べること(mycophagy;菌類嗜食)は古くより行われてきた。1万3000年前のチリ遺跡からは食用キノコが発見されているが、キノコを食用とした確かな証拠が初めて見られるのは、紀元前数100年の中国である。中国人は、キノコを食品として扱うと同時に医薬品としても価値を置いていた。また古代ローマ人や古代ギリシア人の特に上流階級はキノコを食べていた[5]ローマ皇帝は、自分がキノコを食べる前に安全であることを確認するため、毒見役を設けていた。[要出典]

キノコは保存が容易であり、歴史的に冬季の栄養源として食べられた。[要出典]

世界中の多くの文化において、民間療法としての医薬用キノコの他に、霊的な目的でマジックマッシュルームが使われた。1800年代後半には、胞子の輸入とともにキノコ栽培がメキシコからアメリカに伝わった。[要出典]

現代での料理への利用[編集]

商業的に栽培される日本の食用キノコ。左から時計回りにエノキタケ(栽培品)、ブナシメジ、白色ブナシメジ(ブナピー)、エリンギシイタケ
アンズタケのなかま
ヤマドリタケ(Boletus edulis
Hericium coralloides
ベニテングタケ(Amanita muscaria
Lactarius salmonicolor
発達したキクラゲの菌体

今日、人間が食べる様々なキノコのごく一部のみが、商業的に栽培販売されている。商業的な栽培は生態学的にも重要である。例えばヨーロッパにおいてはアンズタケの仲間の枯渇が懸念されているが、これはアンズタケが人気のあるキノコであるにも関わらず、栽培の試みが未だ途上だからである。

商業栽培[編集]

キノコの栽培には長い歴史があり、20種類以上のキノコが商業的に栽培されている。キノコは、少なくとも60カ国で栽培され[6]、中国、アメリカ合衆国、オランダ、フランス、ポーランド2000年の生産国上位5カ国である。2003年時点では、中華人民共和国は世界で最も食用キノコの生産量が大きい国である[7]

商業的に栽培される食用キノコ[編集]

商業的に採集される食用キノコ[編集]

いくつかの種は栽培が難しく、多くのキノコ(特に菌根菌)はまだ栽培に成功していない。これらの種のいくつかは天然から収穫され、市場に並ぶ。季節になると、新鮮なものを購入でき、また乾燥したものも売られる。以下のキノコは通常天然から収穫されるものである。

その他の野生の食用キノコ[編集]

多くの野生種が世界中で消費されているが、化学的な分析や顕微鏡を用いずに、肉眼による観察で種が同定可能で、安全に食せるキノコは国や地域によって多種多様に存在する。食用可能だと報告されているが、流通量が少ないキノコの一覧を以下に示す。

調理によっては食べられるキノコ[編集]

ある人にとっては無毒でも、他の人にとっては有毒なキノコがある。場合によっては、適切な調理を施すことで、ある程度の、もしくは全ての毒を除去することができる。

  • ベニテングタケAmanita muscaria):湯通しして毒を浸出させるれば食べられる[9]。生のキノコはイボテン酸の作用により嘔吐、痙攣、眠気、幻覚等の症状を引き起こす。
  • ヒトヨタケCoprinopsis atramentaria):特殊な処理なしで食べることができるが、抗酒癖剤の一種であるジスルフィラムの存在により、アルコールとともに摂取すると毒性を示す。この特徴は他の一部のヒトヨタケ属のキノコに共通である。
  • シャグマアミガサタケGyromitra esculenta):湯通しすることで食べられるが、専門家によれば推奨されない。生のシャグマアミガサタケはギロミトリンを含むため有毒であり、湯通しで完全に毒を抜くことができるかどうかは分かっていない。
  • チチタケ属Lactarius spp.):食用の L. deliciosus 以外のチチタケ属のキノコは毒性があると考えられているが、ロシアでは酢漬けか湯通しをした後に食べられる[10]
  • Verpa bohemica:好んで食べる人もおり、また「モリーユ」(本来はアミガサタケを指す)の名で販売されることもあるが、毒を持つ例も報告されている。本種の毒はギロミトリンに似ており[11]、同様に注意が必要である。

医薬品としての利用[編集]

医薬用キノコとして最も有名な霊芝

数千年の間、民間療法として多くの種類のキノコが医薬品として食べられてきた。特に東洋では多数の文献が残っている。医薬品としてのキノコは現在、民族植物学や医学での研究対象となっている。腫瘍の成長を阻害し、免疫系を活性化させる作用は、約50年間も研究されている[12]。また、血糖値の低下や抗がん、抗病原体等についても国際的な研究がすすめられている。近年の研究によって、ヒラタケにはもともと脂質降下薬ロバスタチンが含まれており[13]、また紫外線に晒されると大量のビタミンDを生成することが分かった[14]。ヒラタケの他にもビタミンDを生成するキノコがある[15][16]。以下は、特に医薬的な効果が知られている食用キノコのリストである。

食用キノコの調理[編集]

乾燥キノコ

ある種の食用キノコは、生のままでは毒があるか、少なくとも消化が悪い。そのため、ほぼ全てのキノコは通常食べる前に調理される。多くのキノコが乾物にされ、使用時には湯で約30分程度戻してから用いられる。(底に溜まったゴミを取り除いた後の)戻し汁も料理に用いられる。

調理目的でもレクレーション目的(キノコ狩り)でも、天然のキノコを正しく同定することは難しい作業であり、しばしば重大な中毒が起こることがある[17]

出典[編集]

  1. ^ Chang, Shu-Ting; Phillip G. Miles (1989). Mushrooms: cultivation, nutritional value, medicinal effect, and Environmental Impact. CRC Press. pp. 4–6. ISBN 0-8493-1043-1. http://books.google.com/?id=XO4EGzpp1M0C&printsec=frontcover. 
  2. ^ Arora D (1986). Mushrooms demystified. Ten Speed Press. p. 23. ISBN 0-89815-169-4. 
  3. ^ a b Mattila P, Suonpää K, Piironen V. (2000). “Functional properties of edible mushrooms”. Nutrition 16 (7-8): 694–6. doi:10.1016/S0899-9007(00)00341-5. PMID 10906601. 
  4. ^ a b Boa E (2004). Wild edible fungi: A global overview of their use and importance to people. Food and Agriculture Organization of the United Nations. ISBN 92-5-105-157-7. 
  5. ^ Boa, Eric (2004年). “Wild Edible fungi a global overview of their use and importance to people”. FAO Corporate Document Repository. 2008年9月20日閲覧。
  6. ^ John Fereira. “U.S. Mushroom Industry”. Usda.mannlib.cornell.edu. 2010年5月30日閲覧。
  7. ^ China Becomes World's Biggest Edible Mushroom Producer”. Allbusiness.com. 2010年5月30日閲覧。
  8. ^ T. mesenterium was first reported in Great Britain after thr wet August 2008 ((BBC News) " New fungi species unearthed in UK", 9 October 2008: accessed 9 October 2008.
  9. ^ Rubel, William. Amanita Muscaria
  10. ^ Arora, David. Mushrooms Demystified, 2nd ed. Ten Speed Press, 1986
  11. ^ FDA IMPORT ALERT IA2502”. 2009年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月30日閲覧。
  12. ^ Borchers AT, Krishnamurthy A, Keen CL, Meyers FJ, Gershwin ME (Mar 2008). “The immunobiology of mushrooms” (Free full text). Exp Biol Med 233 (3): 259–76. doi:10.3181/0708-MR-227. ISSN 1535-3702. PMID 18296732. http://www.ebmonline.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=18296732. 
  13. ^ Gunde-Cimerman N, Cimerman A. (Mar 1995). “Pleurotus fruiting bodies contain the inhibitor of 3-hydroxy-3-methylglutaryl-coenzyme A reductase-lovastatin.”. Exp Mycol. 19 (1): 1–6. doi:10.1006/emyc.1995.1001. ISSN 0147-5975. PMID 7614366. 
  14. ^ If mushrooms see the light - Los Angeles Times”. Articles.latimes.com (2008年3月31日). 2010年5月30日閲覧。
  15. ^ Koyyalamudi SR, Jeong SC, Song CH, Cho KY, Pang G (April 2009). “Vitamin D2 formation and bioavailability from Agaricus bisporus button mushrooms treated with ultraviolet irradiation”. J. Agric. Food Chem. 57 (8): 3351–5. doi:10.1021/jf803908q. PMID 19281276. 
  16. ^ Lee GS, Byun HS, Yoon KH, Lee JS, Choi KC, Jeung EB (March 2009). “Dietary calcium and vitamin D2 supplementation with enhanced Lentinula edodes improves osteoporosis-like symptoms and induces duodenal and renal active calcium transport gene expression in mice”. Eur J Nutr 48 (2): 75–83. doi:10.1007/s00394-008-0763-2. PMID 19093162. 
  17. ^ Barbee G, Berry-Cabán C, Barry J, Borys D, Ward J, Salyer S (2009). “Analysis of mushroom exposures in Texas requiring hospitalization, 2005-2006”. Journal of Medical Toxicology 5 (2): 59–62. doi:10.1007/BF03161087. PMID 19415588. http://jmt.pennpress.org/strands/jmt/toc.htm;jsessionid=ECC1ED5314DF17993B4B357234FB1F8D?issue=20090502. 

関連項目[編集]