オスマン帝国の料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オスマン帝国の料理またはオスマン料理英語:Ottoman cuisine)とはオスマン帝国で生まれた料理であり、アナトリア半島,バルカン半島,そして中東北アフリカの大半で引き継がれている料理でもある。

起源[編集]

オスマン料理は帝国の首都・イスタンブールで統一され、洗練された事ははっきりとしているが、料理の構成部分の多くに関しては、はっきりとした起源は分かっていない。

It is a matter of mere speculation whether the origins of this imperial culinary legacy are to be traced back to Greek antiquity, the Byzantine heritage, or the Turkish and Arab nations, not forgetting Phoenician and Jewish traditions; nowadays you may find support for any of these claims in various countries in the Balkans and the Near East.[1]

食文化史家・イラン及びオスマン帝国研究家のバート・フラグナーはオスマン料理を定義付けるに当たって、フランス,イタリア,北欧よりも早く順応したコロンブス交換の重要性を強調している。

発展[編集]

オスマン料理の中心は、帝国の首都だったイスタンブールであり、帝国の宮廷地中海エリートが帝国全土から地域毎の料理を各々持ち寄って、一緒に洗練された料理の伝統を築いていった料理である:

...despite the disintegration of the Ottoman political empire, we can still see the survival of a large region which could be called the Ottoman culinary empire. The Balkans, Greece, Anatolia and the Fertile Crescent... are common heirs to what was once the Ottoman life-style, and their cuisines offer treacherous circumstantial evidence of this fact. Of course, they represent at the same time a good deal of local or regional culinary traditions. Besides, one should not forget that it is typical of any great cuisine in the world to be based on local varieties and on mutual exchange and enrichment among them, but at the same time to be homogenized and harmonized by a metropolitan tradition of refined taste.[2]

オスマン帝国の宮廷料理[編集]

オスマン帝国の宮廷料理は、宮殿厨房で帝国内の特定の地域出身のシェフ達が、異なった食材で作り、実験した事によって多様な物となっていった。宮殿のシェフは、や簡単な料理の調理法によってテストされ、雇われていた。彼らは異国情緒溢れる食感や食材を実験し、新たな料理を発明するという特別の目的のため、数多くの地域から派遣されていた。

どのシェフも、特殊な技術を持っていた。スルタンに出される全ての料理は、第一にChesnidjibashiと呼ばれる帝国のフードマスターが、料理にが入っていないか、美味しいかを味見して、好んだ物を合格としていた。オスマン帝国宮殿の厨房で作られた料理の多くは、例えばラマダーンのイベントなどを通じて、一般大衆の間に広まっていき、パシャの庁舎であるyalisで料理されていったことにより大勢の人々に宮廷料理が知られる事となった。

宮殿の特産品として現存しており、ごく限られた人々にしか普及していない、より豪華な料理として以下の物が挙げられる:

  • Roasted Pigeon (焼いたの肉)
  • Ayva Kalye
  • Kavun Dolma (メロンの詰め物)

他地域の料理に与えた影響[編集]

オスマン料理の伝統は、トルコ料理,ペルシア料理,アルメニア料理,キプロス料理,ギリシア料理,バルカン半島の料理(ブルガリア料理, ルーマニア料理, マケドニア料理, アルバニア料理, セルビア料理, ボスニア料理),そして中東の料理(レバノン料理, シリア料理, イラク料理, ヨルダン料理, エジプト料理, パレスチナ料理, イスラエル料理)に影響を与えている。

脚注[編集]

  1. ^ フラグナー, p. 53
  2. ^ フラグナー, p. 52

参考文献[編集]

  • バート・フラグナー, "From the Caucasus to the Roof of the World: a culinary adventure", in Sami Zubaida and Richard Tapper, A Taste of Thyme: Culinary Cultures of the Middle East, London and New York, 1994 and 2000, ISBN 1-86064-603-4.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]