フォルクスワーゲン・ポロGTI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルクスワーゲン・ポロ > フォルクスワーゲン・ポロGTI

ポロGTIPolo GTI )とは、フォルクスワーゲンが製造するコンパクトカーの1つであるポロのスポーティーモデル。GTIとは、Grand Touring Injection(グランド・ツーリング・インジェクション)の略で、フォルクスワーゲンが1976年以来、歴代のスポーティーモデルだけに与えてきた伝統ある名である。

歴史[編集]

限定車[編集]

1998年、3代目のポロ(前期型)をベースに1.6L 直列4気筒 DOHCエンジンを搭載し、ヨーロッパ圏において3000台が限定生産された。外観的特徴は、専用の15インチBBSアルミホイール、赤く塗られたブレーキキャリパーとフロントグリルのGTIエンブレムである。

初代(1999年-2002年)[編集]

1999年に大幅なマイナーチェンジが行われた3代目のポロをベースに、2000年5月にGTI(5MT)が初めてカタログモデルとしてラインナップされた。このモデルのエンジンは他のポロシリーズが新開発のオールアルミ75仏馬力の1.4L 直列4気筒 DOHCエンジンを搭載するのに対し、GTIは125仏馬力/15.5kgmの出力を持つ1.6L 直列4気筒 DOHC 16バルブエンジンを搭載する。 専用装備としてハニカムメッシュパターングリルとGTIのエンブレム、キセノンプロジェクターヘッドライト、フォグランプ、ヘッドライトウオッシャー、大型のバンパースポイラー、15インチBBSアルミホイール、赤く塗られたブレーキキャリパー、ルーフエンドスポイラーを備えている。内装は他のグレードに準ずるが、専用のセミバケットシート、赤ステッチの革巻きステアリングホイール、革巻きとなるシフトノブおよびハンドブレーキグリップを備えている。日本に導入されたモデルは4ドア車のみでボディカラーは銀・黒・赤・黄の4色。最高速度は205km/h、0-100km/hは8.7秒と公表されている。

2代目(2005年-)[編集]

4代目ポロをベースとしたモデルは、2005年12月20日に欧州に先駆けて日本で発売された。

デザイン・内装[編集]

4代目ベースのポロGTIは、5代目ゴルフGTIのような外観で仕上げられている。シングルフレームの迫力あるデザインなどは、ゴルフGTIを連想させるスポーティーモデルとも評されている。内装は、かつてゴルフのGTIが作ってきたスポーツイメージをそのままに、例えば赤いステッチが入った革巻きステアリングホイール、左右にしっかりサポートするスポーツタイプバケットシートなど、いろいろな点にGTIらしいスポーティーな仕様が施されている。

エンジン・トランスミッション[編集]

エンジンは、1.8L 直列4気筒 DOHC 5バルブ インタークーラー付ターボエンジンである。このエンジンは、150仏馬力、22.4kgmのトルクを発生する。1,180kgの車両重量に対し、150仏馬力のエンジンであり余裕がある。このエンジンは比較的プレッシャーのある通常のターボエンジンであるため、相当力強い加速感が得られる。時速100kmに至るまでに要する時間は、約8.2秒である。

トランスミッションは、5速MTのみ設定された。

サスペンション・ステアリング[編集]

サスペンションは固めに設定されており、高いボディ剛性とともに安定したコーナリング性能に寄与している。ステアリングは、電動油圧式のパワーステアリングであり、軽快ながらもダイレクト感のあるフィーリングとなっている。

3代目(2010年-)[編集]

2010年2月中旬に世界初公開。欧州で2010年夏に発売。日本国内でも同年9月21日より発売を開始した。

日本仕様ではスーパーチャージャーとターボチャージャーの2種類の過給機を搭載したツインチャージャー仕様の1.4L TSIエンジンを搭載。従来の1.8Lターボエンジンと比べて排気量を落としたにもかかわらず、29仏馬力アップの179仏馬力の最高出力を実現した。また、トランスミッションも5速MTから初採用の乾式7速DSGに置換されたことで、オートマチック限定免許を所持のユーザーにも気軽に乗れるように配慮された。なおMT仕様は海外仕様でも用意されない。停車からわずか約6.9秒(ドイツ測定値)で100km/hに到達する優れた加速性能があり、最高速度は225km/hにまで達する。同時に燃費性能もアップし、GTI史上最高の16.6km/L(10・15モード測定値)をマークし、「平成22年度燃費基準」を達成した。

足まわりは15mmローダウンされた専用スポーツシャシーと電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」を採用。中-高速域での安定したコーナリングを実現した。装備面でも「GTI」シリーズ専用の装備品を装備すると共に、「ポロ」では初めてとなるパドルシフトも採用された。

2012年11月13日に一部改良。17インチアルミホイールの塗装を2トーン仕上げに変更し、新たに、DSRC車載器付の純正カーナビゲーションシステム「712SDCW」をオプション設定に追加した。

2013年3月 JC08モード対応 エンジン型式をCAVよりCTHに変更。 型式をABA-6RCTHに変更。

参考文献[編集]

  • VW社作成ポロGTIパンフレット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]