RJCカー・オブ・ザ・イヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RJCカー・オブ・ザ・イヤー(アール・ジェイ・シー・カー・オブ・ザ・イヤー )は、日本における二大カー・オブ・ザ・イヤーの1つである。

第1回の授賞は1992年次(1991-1992年)。1980年から行われる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)に対抗するものとして、三本和彦や星島浩などによって設立され、NPO法人日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC; Automotive Researchers' & Journalists' Conference of Japan、1990年4月設立)が主催している。

概要[編集]

COTYに選ばれた車が「偏った選考だ」という反発から生じた。この「偏り」は「選考者へのメーカーの接待漬け」ということもあるが、基本的には選考者の自動車に対する思想の違いの表れと言える。COTYの方は、レーサー出身の自動車評論家が多く、運動性能に偏重した選考が多い。一方RJCは、より高学歴者や学識経験者、自動車メーカーなどの技術畑出身の選考者が多く、技術や独創性を重視することが多い。

2007年次(2006年発表)まではRJCが先に公表されていたが、COTYはRJCと異なる結果をあえて取ろうとしているという批判があったため、2008年次(2007年発表)からはCOTYが先行した。 過去の受賞車を比較してみると、RJCでは普通の価格帯の乗用車が多い。一方COTYでは、非常に高価な高級車やスポーツカーが多い。2007年次(2006年秋に決定)は典型的かつ顕著な例で、RJCは最も廉価である軽乗用車クラス(三菱・アイ)から選ばれ、COTYは最も高価である超高級車クラス(レクサスLS460)から選ばれた。また、RJCでは軽自動車が3度イヤー・カーに選ばれた事があるが、COTYでは軽自動車のカー・オブ・ザ・イヤー受賞は一度も無い。

なお、輸入車に関してはCOTYが2002年から国産車と輸入車を区別せず選考しているのに対し、RJCは国産車のみがカー・オブ・ザ・イヤーの対象で、輸入車にはそれのみを選考対象としたRJCカー・オブ・ザ・イヤー(インポート)が設けられている。

また、カー・オブ・ザ・イヤー本賞だけでなく、その年に発売された新型車に採用された画期的技術に対して贈られる『テクノロジー・オブ・ザ・イヤー』、さらに自動車業界での最も傑出した人物に贈られる『マン・オブ・ザ・イヤー』(現『パーソン・オブ・ザ・イヤー』) のカテゴリも、1991年の創設時から設けられている。

本賞受賞車[編集]

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞車[編集]

テクノロジー・オブ・ザ・イヤー受賞技術[編集]

  • 2014年次 三菱 プラグインハイブリッドEVシステムアウトランダーPHEV
  • 2013年次 スズキ スズキグリーンテクノロジー
  • 2012年次 マツダマツダ・デミオ) SKYACTIV-G 1.3エンジン
  • 2011年次 スバル 先進運転支援システム「新型アイサイト」
  • 2010年次 マツダ i-stopアイドリングストップ機構)
  • 2009年次 フォルクスワーゲン 1.4リッター TSI シングルチャージエンジン+7速DSG
  • 2008年次 フォルクスワーゲン TSIツインチャージエンジン (ゴルフ・ヴァリアント)
  • 2007年次 ダイムラーメルセデス・ベンツ) 3リッター V6ターボ コモンレール直噴ディーゼルエンジン
  • 2006年次 ホンダ 3ステージi-VTECエンジン+IMA (シビック)
  • 2005年次 ホンダ SH-AWD (レジェンド)
  • 2004年次 マツダ RENESIS ロータリーエンジン
  • 2003年次 BMW バルブトロニック機構
  • 2002年次 トヨタ THS-C+E-Four ハイブリッドパワートレイン
  • 2001年次 日産 NEO QG18DEエンジン
  • 2000年次 日産 エクストロイドCVT (Y34型セドリック/グロリア)
  • 1999年次 いすゞ コモンレール直噴ディーゼルエンジン (ビッグホーン)
  • 1998年次 トヨタ THS(Toyota Hybrid System) (プリウス)
  • 1997年次 三菱 GDI (ガソリン直噴) エンジン (ギャラン/レグナム)
  • 1996年次 トヨタ VSC (クラウンロイヤル/クラウンマジェスタ)
  • 1995年次 三菱 INVECS-IIエンジン+スポーツモード AT (FTO)
  • 1994年次 マツダ ミラーサイクルエンジン (ユーノス800)
  • 1993年次 三菱 INVECSエンジン (ギャラン/エテルナ)
  • 1992年次 ホンダ VTECエンジン

パーソン・オブ・ザ・イヤー受賞者[編集]

受賞があった年次のみ列記。役職は受賞当時のもの。

特別賞[編集]

受賞があった年次のみ列記。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]